手間のかかる社宅管理業務は、専門業者に任せてしまいましょう

社宅管理業務は大きな手間がかかり、全国に社宅を持つ会社であるほどその負担も大きくなってきます。そんな中、社宅管理を物件探しから入居者管理まで全てお任せできる「社宅代行サービス」専門業者が存在することをご存じでしょうか? このサイトでは全国の社宅代行会社を厳選し、会社の選び方や重視すべきポイントを紹介します。

社宅管理代行会社 早見表

受託管理件数 導入実績 実績年数 店舗形態
タイセイ・ハウジー
公式ページで詳しく見る
15万件以上 500社以上 33年 直営
日本社宅サービス
公式ページで詳しく見る
無記載 200社以上 20年 FC
リロケーション・ジャパン
公式ページで詳しく見る
14.4万件 記載無 17年 直営
レオパレス・リーシング
公式ページで詳しく見る
5.5万件以上 191社 12年 直営
三井不動産
レジデンシャルリース
公式ページで詳しく見る
5.7万件以上 記載無 20年 直営

ここに任せれば安心!
厳選チョイスした
社宅代行会社5選

経費と負担を大幅カット!社宅代行会社の選び方は?

・物件借り上げからトータルで管理を行えるか

・借り上げ物件をどこから斡旋できるのか

・社宅代行サービスの実績や歴史は確かか

・サポート体制が充実しているか

 

社宅管理業務に運用を依頼し経費と負担を軽減させるため、これらは欠かせない条件です。ポイントを満たす社宅代行会社5社より、自社にとって最適な社宅代行会社を見つけてください。

タイセイ・ハウジー

社宅代行サービスのパイオニア
日本で初めて社宅代行サービスを開始した、老舗企業であるタイセイ・ハウジー。現在でも業界の最前線を走り続けるパイオニア的存在となっています。
公式ページで詳しく見る
タイセイ・ハウジー_キャプチャー

point1 借り上げからトータル管理

物件調達に始まる一元管理が可能。

point2 借り上げ時の斡旋物件

全国に展開されている直営店(42店舗)と、不動産会社ネットワーク(1800社以上)より、顧客ニーズに沿った借り上げ物件を用意。最新情報をリアルタイムで入手するシステムが構築されています。

point3 歴史と実績

1995年から日本で最初の社宅代行業者としてサービスを開始したタイセイ・ハウジー。これまで500社近くの企業と取引実績を持っています。

総合不動産業として賃貸・社宅管理だけでなく、家賃保証・リフォーム事業・入居者斡旋業務など様々な分野に精通。それぞれの専門スタッフが揃っており質の高いサービスを提供しています。

社宅代行業務を通じ、不動産業の枠にとらわれないコンサルティングを同時に行なってもらえますよ。

全国に42ケ所の事業所を持ち、専任の担当者がサービスを提供します。部屋探しについては提携業者に委託することがないため、顧客とのトラブルも少ないのだそう。入居後に起こったトラブルに対しても迅速に対処してもらえます。

point4 サポート体制

サービスの導入前に委託企業からしっかりヒアリングを実施。企業の抱えている課題を把握し、最適なサービスプランを提案してくれます。

入居者の新規・更新契約などで発生する諸費用の全額立替え支払いを実施。通常、預託金を必要としたりファイナンス会社を利用したりしますが、無利息で経費立替え払いのサービスを実施しています。

担当者が定期的に企業を訪問、毎月の社宅管理状況についての報告や最適なサービスの提案を行なっています。社宅管理に関する情報を揃え、最新の情報、企業の傾向を踏まえた提案をしてコストダウンを図ります。

そのほかオプションとして社用車や家具・家電のリース、引っ越し業者の手配や損害保険の取り扱いも行なっています。全国で利用できるサービスで、経費処理の一元化が可能です。

特徴

社宅代行業で長期的かつ
多数の実績を誇る

1995年に日本で始めて社宅代行サービスをスタート。長年の経験・ノウハウを生かして現在もトップクラスの実績を上げ、受託管理件数は10万件を超えます。

幅広い物件紹介と
管理業務の90%以上をカバー

自社開発の社宅業務管理運用システム「ANSWER」を取り入れた社宅代行サービスを展開しています。物件探しから契約・更新・解約・精算・問い合わせ対応まで社宅管理業務を強力にサポートします。

社宅管理以外の
サービスも充実

メインの社宅管理代行サービス以外に転勤留守宅の管理や駐車場管理、引越し手配、車・家電のリースなど会社が抱える様々な悩みを解決サポートしています。

導入事例

事例1 事業所ごとの社宅管理業務を本社一括管理に移行しタイセイさんにアウトソースすることになりましたが、対応人員の削減や管理コストダウンが実現しました。
社有社宅が老朽化のため事業用資産への転用することに決定。借り上げ社宅制度を導入することになりましたが、管理業務を代行してもらうことでスムーズに移行できました。 事例2

タイセイ・ハウジー公式ページで
社宅代行サービスの資料請求・見積もり確認

日本社宅サービス

全国均一のサービスを提供する
幅広いネットワーク
日本社宅ネットによる膨大な情報量と、手厚いサポートサービスによる社宅管理のアウトソーシングを実現しています。
公式ページで詳しく見る
日本社宅サービス_キャプチャー

point1 借り上げからトータル管理

物件調達に始まる一元管理が可能。

point2 借り上げ時の斡旋物件

全国規模のネットワークを持ち、北海道から沖縄の物件に幅広く対応しています。豊富にそろった周辺施設情報も物件探しに活用できます。

point3 歴史と実績

社宅代行だけでなく、社宅に関する制度運営や人事、総務業務まで総合的なアウトソーシングサービスを展開している日本社宅サービス。創業以来成長を続け、現在200社を超える企業に利用されています。

社宅代行のサービスブランドとして「しゃたくさん」を展開。独自のコンサルティングで住宅制度を見直し、社宅管理のシステム化を図ります。現状の問題点をしっかり把握したうえで、業務改善の具体策を提案してくれます。

「しゃたくさん」では全国からフランチャイズ参加企業を集め、全国最大規模のネットワークを構築。不動産業に限らず、引っ越し業者、保険会社など他業種が各地域から集まっています。

point4 サポート体制

社宅代行サービスのデータベースを委託企業のネットワークに統合。委託企業からいつでも最新情報を見ることができ、日常業務の処理にも迅速に対応できます。家賃請求や入居者・空室一覧など各帳票を出力する機能も共有されており、物件関連情報の一元管理機能も利用可能です。

クレーム対応や退去時の解約手続き、マイナンバーの取得など、手間のかかる業務については速やかに代行処理。わずらわしい業務を省き無駄なコストを削減できます。

特徴

日本社宅ネットによりスピーディーな物件探し

各分野の専門企業から成る全国ネットワーク「日本社宅ネット」を活用することで、スピーディーな物件探しが可能。学区や病院など地域の情報も豊富です。

問い合わせや
クレーム対応窓口を設置

社員からの問い合わせはもちろん、物件オーナーや近隣からの問い合わせやクレームにも対応してもらえるので、負担になる連絡業務が軽減されます。

社有施設の管理や
コンサルティングも可能

自社保有の社宅・寮などの管理などの他に、社有資産を適切に評価して資産価値向上や有効な活用方法のコンサルティングまで対応してもらえます。

導入事例

事例1 入居者と会社の社宅費用負担の割合見直しについて相談しましたが、入居者の社宅使用料の算出根拠が明確になり満足度が向上しました。
これまで社宅関連の各種申請手続きはFAXを利用していましたが、社宅管理代行を導入することで一元管理が可能に。的確な業務処理ができるようになりました。 事例2

日本社宅サービス公式ページで
社宅代行サービスの資料請求・見積もり確認

リロケーション・ジャパン

大手リログループ傘下の
安心感がポイント
業界では後発組ながらも、安定した受託個数伸び率を誇るリロケーションジャパン。社宅管理業務の多くを安心して任せることができます。
公式ページで詳しく見る
リロケーション・ジャパン_キャプチャー

point1 借り上げからトータル管理

物件調達に始まる一元管理が可能。

point2 借り上げ時の斡旋物件

全国の優良不動産会社2,900店舗とネットワークをつなぎ、多彩な社宅物件を提案。過去のトラブルが少ない企業を選定し、優良業者の物件のみ扱って企業の委託リスクを軽減しています。

point3 歴史と実績

転勤者の留守宅管理サービスから発展したリロケーション・ジャパンの社宅代行業。2000年からは転勤者の部屋探しサービス「Relo Net」を運用し、全国の不動産業とネットワークを構築。社宅代行業では後発の展開ながら、年間の受託数伸び率では急成長しています。これまでの受託件数は10万を超える実績です。

point4 サポート体制

企業の社宅業務を95%削減するという社宅管理サービスを提供しています。入居者管理から建物工事などの社宅運営業務の代行だけでなく、企業の社宅制度コンサルティングを実施。他の企業の社宅運用方法と比較、客観的な視点で分析・診断することにより社宅制度の改善を行なってくれます。

社宅の管理人や調理人の派遣、管理人が住み込みサービスを行なうプランも提供。食堂を運営しており食事の提供が可能です。食材の仕入れから調理・配膳を徹底した衛生管理で行なってくれると好評。本社の専任スタッフが定期的に物件を巡回し、物件の管理・定期保守点検を実施するサービスも。24時間対応の専用ダイヤルによるサポートも受けられます。

特徴

転貸方式による
フルアウトソーシング

借り上げ社宅管理では転貸方式にも対応。リロケーション・ジャパンが貸主となり、包括転貸借契約を結ぶことでフルアウトソーシングが可能です。

預託金を経費化できる

リロ補償といって、事前に一定の補償料を払うことで解約時の原状回復費などの損失を補償し経費化できる制度があります。

Relo-Netが
物件探しを強力サポート

全国規模の優良不動産ネットワーク「Relo-Net」を構築しWEBシステムで24時間物件紹介が可能。各種手続きもサポートするので手間がかかりません。

導入事例

事例1 弊社は男性寮だけで女性寮がなかったため、女性社員用の賃貸物件を紹介するリロウーマンズセレクトを利用したのですが、1棟を借り上げることで女性社員の満足度が向上しました。

リロケーション・ジャパン公式ページで
社宅代行サービスの資料請求・見積もり確認

レオパレス・リーシング

レオパレス21グループの
ネットワークを駆使した社宅探し
大手賃貸会社としても有名なレオパレスグループに属する、レオパレス・リーシング。休眠地の有効活用サポート等も行っているそうです。
公式ページで詳しく見る
レオパレスリーシング_キャプチャー

point1 借り上げからトータル管理

物件調達に始まる一元管理が可能。

point2 借り上げ時の斡旋物件

全国にある56万戸のレオパレスのほかに、提携業者の管理物件87万戸以上の社宅物件を扱っています。

point3 歴史と実績

レオパレス21グループによる、社宅代行システムを運営するレオパレス・リーシング。社宅管理・運営業務を専門に、顧客の希望に沿ってオーダーメイドの業務内容を提案してくれます。

単身からファミリー向けの物件まで多彩な物件を案内。レオパレスの物件であれば手数料が他社と比較して割安の設定になっており、初期費用を抑えた社宅の運営が可能になるでしょう。

他社ではレオパレスのマンスリー立替払いが難しくなっていますが、レオパレス・リーシングであれば対応可能です。マンスリーの契約でも代理支払いができます。

point4 サポート体制

独自の「CRASシステム」により事務手続きや書類の保管、入居状況などを一元的にシステム管理。社宅管理について迅速な対応が取れるだけでなく、企業の担当者が変更した場合でも引き継ぎがスムーズに行なえます。

社宅管理業務の代行内容を自由に選択。必要に応じてサービスを選べ、入退去だけの代行も受け付けているので余計なコストがかかりません。

家具・家電のレンタルサービスが受けられるのも大きなメリットです。レンタルした備品に関しても一括して社宅代行で管理してもらえます。

特徴

レオパレス21の物件を
社宅用として提供可能

全国56万室規模の単身用のレオパレス21物件を社宅用として紹介できる強みがあり、325店の不動産業者ネットワーク活用によりファミリー物件も斡旋することが可能です。

契約書電子化で
事務手続きがラクに

CRAS(Company Residence Agent Service)と呼ばれる契約書を電子化・保管するシステムを採用。書類の捺印や解約清算も代行可能で事務手続きが軽減されます。

遊休社有地の
活用コンサルティングも可能

グループ会社と連携してサービスを提供できるので社宅管理だけでなく、遊休社有地の活用コンサルティングや事務所・駐車場探しも相談できます。

導入事例

事例1 急な異動が多いファーストフードチェーン会社では社宅の契約・解約手続きが経理の業務を圧迫していましたが、代行サービス利用で負担が軽減しました。
社有社宅の廃止に伴い、借り上げ社宅の管理業務が増えましたが代行サービスに委託することで業務の効率化ができました。 事例2

レオパレス・リーシング公式ページで
社宅代行サービスの資料請求・見積もり確認

三井不動産レジデンシャルリース

賃貸不動産管理スキルを活かした
社宅代行サービスを提供
大手不動産である三井不動産グループの賃貸管理部門が、三井不動産レジデンシャルリースです。英語対応など、幅広いオプションメニューを取り揃えています。
公式ページで詳しく見る
三井不動産レジデンシャルリース_キャプチャー

point1 借り上げからトータル管理

物件調達に始まる一元管理が可能。

point2 借り上げ時の斡旋物件

提携している仲介会社へ物件の紹介を依頼。賃貸住宅管理会社として長らく構築されたノウハウが生かされています。

point3 歴史と実績

1986年設立の、三井不動産レジデンシャルリースは社宅管理代行や賃貸管理、入居者・仲介サービスなど不動産に関する業務を総合的に提供。賃貸不動産の管理において高いスキルを持っており、企業の要望に沿った内容で柔軟に対応。企業に最適な業務フローの構築を行なってくれます。

三井不動産グループによる信頼度の高い経営基盤を持っており、取引企業からの信頼が厚いのもこの会社の特徴と言えるでしょう。
企業の委託リスクを減らすため、社員教育にも力を入れています。宅建業法の遵守や、近年では個人情報の漏洩を防ぐための個人情報保護に関する教育プログラムを強化。eラーニング制度を全社員に実施しています。

point4 サポート体制

サポート体制独自のシステム「M-net」では社宅の入居・退去申請、申請の承認をWEB上で行なえるサービスを提供しています。申請・契約状況もWEB上で確認ができ、迅速な対応が可能です。

賃貸運営のノウハウを揃え、解約時の原状回復費の調整や家主破産などのトラブルに対して強いという特徴も。契約・更新業務から入出金・管理・解約業務まで賃貸運営専任のスタッフが責任を持って対応してくれます。

物件探しだけのサービスやマンスリー物件にも対応。社宅管理代行のほか企業の不動産活用についても、全面的に三井不動産グループによるサポートが受けられます。

特徴

三井不動産グループがフルサポート

三井不動産グループの全面サポートで設立された会社なので、経営基盤がしっかりしているのが強みです。また賃貸住宅管理業務の経験を生かし高品質なサービスが提供できます。

提供するサービスメニューが豊富

契約・更新・解約・入出金業務といった基本メニューの他に、社宅の申請・契約状況がWeb上で確認できる「M-net」やマイナンバー対応支払調書作成などメニューが豊富です。

企業とその社員を第一としたサービス

契約企業と社員を第一と考えているため、自社管理物件や代行会社側の業務フローを押しつけることなく、ストレスのない社宅代行サービスを提供しています。

導入事例

事例1 全国各支店の担当者が他の業務と兼任で社宅を管理していましたが、アウトソースすることで一元管理ができるようになり業務効率がよくなりました。
三井不動産は組織的にしっかりしていて、これまで利用していた代行会社のようにデータの誤りなどもなくチェック業務がなくなりました。 事例2

三井不動産レジデンシャルリース公式ページで
社宅代行サービスの資料請求・見積もり確認

安心して社宅管理をアウトソーシングするために

 

入居する従業員にとって、社宅は生活の中心。業務パフォーマンスにも関わってくる領域なだけに、社宅管理をアウトソーシングするなら安心・信頼できる業者を選ぶのは不可欠です。委託料金の安さなど一面的な特徴に捉われるのではなく、総合的に見極め判断しましょう。

 

>>これで納得!社宅代行業者選びマニュアルを見る<<

 

 

【保存版】社宅管理会社まとめ

社宅代行会社とは、企業が負担だと感じている社宅管理業務を請け負って、コスト削減や業務効率化をサポートする会社のことです。

日本には数多くの社宅代行会社があり、それぞれ得意分野があったりサービス内容も違っているのですが、基本的なサービス項目は似通っているため見分けるのが難しくなっています。

そこで、全国の社宅代行会社を独自に調査し、実績豊富で品質の高い会社21社の特徴をまとめました。その会社にしかない注目ポイントを整理して紹介していますので、判断材料としてお役立てください。
社宅管理会社まとめを見る

社宅制度の基礎知識をおさらい

社宅とは、従業員の福利厚生の一環として会社が用意した戸建または集合住宅のことです。また、人事異動で転勤する従業員のために社宅を手配する場合もあります。

近年、企業やそこで働く従業員にとっての社宅の考え方・捉え方が変わってきています。企業が保有する社有社宅が当たり前だった時代は終わり、一般の賃貸住宅を利用する借り上げ社宅へとシフトしているのです。

ここでは社宅制度について改めて見直し、どのような課題があるのかを整理する意味で、社宅の定義や目的、保有形態による違い、家賃の相場など知っておきたい情報を項目ごとにまとめました。最新の社宅事情や基礎知識をしっかり押さえてください。
社宅制度の基礎知識について

【必読】社宅代行サービスを徹底解説

社宅代行とは、会社の社宅管理業務を外部の会社が請負うサービスのことですが、初めて利用する場合はもしかすると不安になるかもしれません。

単に事務代行だけならアルバイトを雇ったほうが安上がりなのではないだろうか、依頼してもどの程度効果があるものなのかわからないといったことは当然考えることでしょう。

そこで、社宅代行サービスを利用するメリットや任せられる業務内容、社宅代行会社を選ぶポイントなどをまとめました。社宅代行サービスを検討中という方は是非参考にしてください。
社宅代行サービスについて

課題から見る社宅代行会社の活用事例

企業が社宅代行サービスを利用しようと考えるのは、何らかの課題を抱え管理業務をアウトソースしたほうがメリットがあるからです。様々な課題の中で社宅代行会社に依頼したほうがよいと思われるケースは以下の3つです。

それぞれの課題において、実際に社宅代行会社を使って解決した具体例を集めてみました。自社に当てはめて有効性を確かめてみてください。

社宅代行の事例について

社宅アウトソーシングと自社管理のメリット・デメリットを比較

社宅は大きく分けて「借り上げ住宅」と「社有社宅」に分かれます。

借り上げ住宅

民間の賃貸物件を会社が借り、従業員に貸し出す形態。オーナーは会社と無関係の個人や別会社。

社有社宅

土地・建物を会社が保有しているタイプ。会社にとっては資産の一つとなり、固定資産税がかかります。

自社保有のため、賃貸住宅にして家賃収入を得ることも可能。

社宅のアウトソーシングサービスとは

近年、社宅管理業務を外部の企業に依頼する社宅のアウトソーシングサービスが増えてきています。主に下記のようなサービスを受けられます。

借り上げ住宅の場合

  • 資産、設備、入退去に関する管理
  • 賃貸に転用する場合の営業代行・契約業務

社有社宅の場合

  • 物件の斡旋
  • 各種契約業務(新規契約、更新契約)
  • 解約管理、退出時の補修業務
  • 家賃等の支払いに関する業務

ほかにも、会社により提供するサービスが異なります。

社宅のアウトソーシングサービスを利用するメリット

アウトソーシングサービスを利用して社宅を管理する場合、借り上げ住宅・社有社宅ともに、担当者の負荷を減らせるのが最大の利点。

具体的には下記のようなメリットが得られます。

  • 社内に宅建等の専門的な知識を持つ人間を置く必要がない
  • 事務にかかる手間を削減できる
  • 異動に伴う入居・退去に関する手続きも全て任せられる
  • スピーディーに住宅を探せる
  • 家主や近隣からのクレーム対応も任せられる

ケース別で考えると、借り上げ住宅の管理をアウトソースするメリットとしては、社員が住む物件のオーナーとの契約や交渉を一任できたり、敷金・家賃などの出金管理をまとめられる点があります。

また、社有社宅の管理をアウトソースする場合は、社有社宅を賃貸に移行した場合の営業代行・契約業務を任せられる点がメリットとして挙げられます。

社宅アウトソーシングサービスを利用する際に考えられるデメリット

アウトソーシングサービスを利用して社宅管理を行う際のデメリットとしては、下記のようなものが挙げられます。

  • 現状確認を随時行う必要がある
  • 口座維持の費用がかかる
  • 確認事項に関する書面を作成する際に時間がかかる

借り上げ住宅の場合は転勤などが発生した場合、新たな住居を斡旋してもらえる反面、管理会社のネットワークの中からしか転居先を選べない点をデメリットとして捉える企業もあるようです。

また、借り上げ住宅は取り扱うものの、社有社宅は取り扱わない代行業者もあるため、借り上げ住宅と社有社宅の管理を一気に任せたい場合、依頼先が限られてくることもデメリットと言えます。

社宅を自社管理するメリット

社宅を自社で管理する場合は、下記のようなメリットが挙げられます。

  • 社宅軒数が少ない場合、アウトソースするよりコストがかからない
  • 個人情報の漏洩を心配せずに済む

社宅の戸数が少ない場合はコスト面から考えると自社管理の方が向いていると言えますが、軒数が増えると管理業務が追いつかず、あまりメリットはないと言えます。

さらに物件管理を行う上では、個人情報のやりとりが必要。

代行業者側でも当然個人情報は守ってもらえるものの、どうしても心配な場合は社宅も自社管理を行う方が安心です。

社宅を自社管理するデメリット

下記は借り上げ住宅、社有社宅の場合共通で考えられるデメリットとなります。

  • 維持管理の負担(定期点検や物件の修繕)
  • 専門知識が必要な上、担当者への負担が大きすぎる
  • 年度始めや年度末など、忙しい時期に業務が立て込む可能性が高い
  • 社宅の戸数が多い場合、コストがかかる

社宅の管理は担当者への負担が大きい業務になります。本来の業務に集中できなくなる可能性もあるため、アウトソーシングより余計なコストを産むことも考えられます。

さらに、借り上げ社宅を自社管理する場合、通常と異なる家賃支払いが発生するため、出金管理業務が煩雑になることや、社員が退去する際、貸主および管理会社への連絡・手続きを遅延なく行う必要があります。

また、社有社宅を自社管理する場合は、社宅のメンテナンスや修繕まで自社で行う必要があることが、デメリットとして挙げられるでしょう。

アウトソーシングする場合は、業者選びが大切

社宅の管理をアウトソーシングすることで、社内の負担が非常に軽くなるメリットがあります。

さらに、代行業者によって受けられるサービスが異なりますので、依頼する場合にはどんなサービスが必要なのかを考え、業者を選ぶようにしてください。

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP