社宅管理代行会社ガイド » 【必読】社宅代行サービスを徹底解説 » 社宅代行の繁忙期は?

社宅代行の繁忙期は?

社宅管理業者の繁忙期

「社宅管理業者」もサービス業の一つですので、他の業種と同じく繁忙期や閑散期と呼べる時期が存在します。社宅管理業者を利用するなら、閑散期や繁忙期のタイミングをチェックしておきましょう。利用のやり取りもスムーズになります。

社宅管理業者の仕事内容を確認

文字通り企業の社宅管理を代行して行うのが社宅管理業者の仕事内容です。「管理を代行する」という中には、さまざまな仕事内容が含まれています。

多くの社宅管理業者では、社宅向けの物件を紹介するスタート地点の仕事を始め、工事業者と連携して社宅の管理を行い、社員の退職と同時に住まいを退去させるゴール地点まで担当。総合的な管理業務を行っています。

メインとなる物件の紹介や退去の対応などは、引っ越しや新生活のシーズンに集中します。社宅管理業者の仕事が忙しくなるタイミングというのも、新入社員が増えたり社員が退職したりすることが多いシーズンと言えるわけです。

実際の繁忙期は学校卒業シーズン

社宅管理業者の仕事内容から考えると、実際に訪れる繁忙期は学校の卒業シーズンである2月から3月頃だと予想できます。高校や大学を卒業して新入社員になる人達の中には、地元を離れて単身で遠方の企業に就職する人が多くいるためです。

新たに学校を卒業した若手社員の方が、中堅の社会人よりも社宅を利用する可能性が高い訳ですから、学校の卒業シーズンが社宅の利用率も高くなるという訳です。

2月から3月にかけては、就職先を決めた新入社員からの問い合わせが格段に増えます。利用者が増えるということは、社宅自体のメンテナンス業務も多く求められるわけですから、結果として2月から3月の社宅管理業者は大変忙しくなるのです。

引越し業者の繁忙期と似たような面がある

社宅管理業者の繁忙期には、引っ越し業者の繁忙期と良く似た側面があります。引っ越し料金に「高くなる時期」「安くなる時期」があるのはよく知られている事柄です。安く引っ越したければ繁忙期を避ける、というのは引っ越しの鉄則といえます。

繁忙期の方が高くなるのは、依頼の数に合わせて人手が必要になり、業者から出ていく費用が大きくなるからです。引っ越し業者にはトラックや人材が欠かせません。繁忙期はこれらが足りなくなることもあるため、コストがかさんで引っ越し料金も高くなるわけです。

また、繁忙期になると予約が殺到するため、希望日に予約を入れることも難しくなります。予約競争が起きるために、特別料金が発生するのも繁忙期ならでは。似たような現象は社宅管理業者にも起きるため、繁忙期を避けて閑散期を狙った方がコストを抑えられる面もあります。

繁忙期の際の注意点

繁忙期は費用も日程も思い通りになりにくい

社宅管理業者を利用するなら、繁忙期の予約で特別料金が課せられると覚えておきましょう。特別料金は社宅管理業者の方針にもよりますが、閑散期の倍近く費用が高くなってしまうことがあります。

また、繁忙期には特別料金を支払ったとしても、希望した日取りで入居や引っ越しができないこともあります。

予算やスケジュールなどが事前に決まっているのであれば、繁忙期で覆される可能性を無くすようにしておきましょう。取り決めによりますが、繁忙期の社宅管理業者を利用する際の特別料金は従業員ではなく会社負担がほとんどなので要注意です。

ゆとりを持って依頼すべし

社宅管理業者を最もお得でスムーズに利用しようと考えるなら、繁忙期を避けて、ゆとりを持ったスケジュールでの依頼が一番です。繁忙期を避けるだけでなく、閑散期である6月から翌年1月のあたりに依頼できるようにしましょう。

閑散期には特別料金が発生せず、希望した日取りでの入居・引っ越しがスムーズに行えます。社宅管理業者の利用を決めた場合は、コストやスケジュールを考えた上で依頼をお願いしていきましょう。

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP