HOME » 【必読】社宅代行サービスを徹底解説 » 社宅代行業者の選び方

社宅代行業者の選び方

社宅代行業者を決める際、どんな点に注意すればよいか選び方のポイントを解説いたします。

ポイントはココ!後悔しない社宅代行業者選び

ポイントはココ!後悔しない社宅代行業者選び社宅代行サービスを利用する目的は、社内の管理業務の負担を軽くしたり、コスト削減したりしたいというケースが多いと考えられますが、単に委託料金が安いというだけで業者を選ぶと失敗します。

どれほど低額でも、こちらの希望に応えてくれない業者に依頼すると、そもそもの目的が達成できず、意味がないからです。そこで後から「こんなはずではなかった…」と思わないために、社宅代行業者選びの注意点をピックアップしてみました。

安心して運用を任せられる決め手は「実績」

日本で社宅管理代行のサービスが始まったのは1990年代半ば。まだ歴史が浅く経験の少ない会社も多いサービスです。このサイトで紹介している社宅代行会社はどれも不動産や賃貸契約について経験が豊富なプロです。しかし業者の中には一般的な賃貸物件を扱う延長上で社宅代行サービスを行なっている会社も存在します。

社宅代行会社として実績があるかを見極めて選ぶことが大切です。実績が豊富な会社は、その経験からイレギュラーなトラブルが発生しても迅速に対応できる体制ができています。代行会社のWebサイトなどで、事前にサービスを開始した時期や受託した企業・管理件数を確認しておきましょう。

クレームや退出時にトラブルが起こった時は対応するスタッフの質も求められます。全国展開している会社であれば各地の業務を外部の不動産業者に委託していないか確認しましょう。企業側のリスクに直結することですので、全国の事業所数や社宅管理専任スタッフの経験について充分に把握して、信頼できる企業を選ぶことが大切です

サポート体制がしっかりしているか

社宅管理のアウトソーシングによるコスト削減だけでなく、企業の業務効率化も求められます。代行サービスが開始される前に企業から充分なヒアリングが取れているかがポイント。なぜ社宅代行を依頼することになったのか、企業の問題点を把握した上で企業ごとに代行プランを考案してくれる会社を選びましょう。企業がサポートを希望する範囲と代行会社の対応しているサポート範囲をしっかりと把握することで、業務の効率化を目指せます。

物件探しや退去時、トラブルが起こった時などに対応するのが専任のスタッフかどうか確認しましょう。サポート体制が万全な代行会社は、定期的に委託企業を訪問して状況を報告・サービス内容の改善を提案してくれるでしょう。実際に顔を合わせ担当者の話を聞くことで、代行会社に対する信頼度も上がります。担当者の話を聞いて、任せられる人材か判断するのも代行業者を選ぶ際に見ておきたいポイントです。

社宅代行会社が安定した経営基盤を持っているかどうかも大切。社宅管理に伴う費用の立替え支払いの対応力、利息の割合でも差が出ます。サービス内容の細かいところまでよく確認してから社宅代行会社を選びましょう。

 

>>社宅代行会社の実績・サポート体制を見る<<

社宅タイプと業者の得意分野が合っているか

社宅には社有社宅と借り上げ社宅の2タイプがあります。両者で管理項目は違いますし、業者によって得意分野は異なりますので、会社が求めているものとサービス内容・管理項目が合致しているかどうか、慎重に判断する必要があります。

費用が明確でプランに柔軟性があるか

社宅管理の項目は細かく分かれており、依頼する規模によって費用は増減します。見積り内容を判断する際には、内訳がしっかり記載されていて費用が明確になっていることが最低条件です。また必要な管理項目だけ依頼可能か、繁忙期のみお願いできるのかなどプランに柔軟性があることも要チェックです。

社宅としてよりよい住環境を提案してもらえるか

社宅代行業者の中には、一般の賃貸物件管理サービスの延長で社宅管理を行なっているところもあります。建物や設備の管理はもちろん重要ですが、それ以外に社宅という性質をよく理解して、社員の住環境の整備など一歩踏み込んだ提案をしてもらえる業者だと安心です。良きパートナーとしてお付き合いができるかという点に注目します。

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP