HOME » 【必読】社宅代行サービスを徹底解説 » 社宅代行のメリット

社宅代行のメリット

関連業務の90%以上がアウトソースできる社宅代行。企業側の具体的な導入メリットなどをまとめました。

社宅代行とは:サービス概要をチェック

社宅代行とは:サービス概要をチェック社宅代行とは、社宅管理業務を部分的に外部企業へアウトソースするためのサービスです。

部分的と書きましたが、信頼できる社宅代行サービスなら業務の90%以上を任せることができるので、社内担当者の負荷は大幅に削減できます。

自社の社宅である以上、管理面・手続き面でアウトソースできない業務として残るのは主に以下の9項目。

新規契約時

契約更新時

解約時

月次

導入メリット

日本の企業で社宅といった場合、その多くは転勤借上社宅を意味します。
その管理業務は実に多様で特殊。特に以下の4点は担当者の負荷になりがちな要注意ポイントです。

社宅管理は人事・総務部門マターではありますが、入出金管理などもあるため影響範囲は経理・財務部門にも及びます。

これらの業務範囲をイチ会社員がフォローするには無理があり、逆にアウトソースすることで主業務に人材を集約できるというわけです。そこで社宅管理をアウトソースする主なメリットを3点紹介しておきます。

コスト削減できる理由

アウトソースによる社内の業務軽減は容易にイメージできると思います。
では外注コストをかけても社宅管理をコスト削減できるのはナゼか?主に以下の3点でコストダウンできるからです。

ただしこれはあくまで総論で、社宅管理代行会社によって対応サービスや手数料の料率などは異なります。

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP