社宅管理代行会社ガイド » 【必読】社宅代行サービスを徹底解説 » 社宅代行のメリット

社宅代行のメリット

関連業務の90%以上がアウトソースできる社宅代行。企業側の具体的な導入メリットなどをまとめました。

社宅管理代行会社 比較表

  受託管理件数 導入実績 実績年数 店舗形態
タイセイ・ハウジー
公式ページで
詳しく見る
15万件以上 500社以上 33年 直営
日本社宅サービス
公式ページで
詳しく見る
記載無 200社以上 20年 FC
リロケーション・ジャパン
公式ページで
詳しく見る
14.4万件 記載無 17年 直営
レオパレス・リーシング
公式ページで
詳しく見る
5.5万件以上 191社 12年 直営
三井不動産
レジデンシャルリース
公式ページで
詳しく見る
5.7万件以上 記載無 20年 直営

社宅代行とは:サービス概要をチェック

社宅代行とは:サービス概要をチェック社宅代行とは、社宅管理業務を部分的に外部企業へアウトソースするためのサービスです。

部分的と書きましたが、信頼できる社宅代行サービスなら業務の90%以上を任せることができるので、社内担当者の負荷は大幅に削減できます。

自社の社宅である以上、管理面・手続き面でアウトソースできない業務として残るのは主に以下の9項目。

新規契約時

契約更新時

解約時

月次

導入メリット

日本の企業で社宅といった場合、その多くは転勤借上社宅を意味します。
その管理業務は実に多様で特殊。特に以下の4点は担当者の負荷になりがちな要注意ポイントです。

社宅管理は人事・総務部門マターではありますが、入出金管理などもあるため影響範囲は経理・財務部門にも及びます。

これらの業務範囲をイチ会社員がフォローするには無理があり、逆にアウトソースすることで主業務に人材を集約できるというわけです。そこで社宅管理をアウトソースする主なメリットを3点紹介しておきます。

コスト削減できる理由

アウトソースによる社内の業務軽減は容易にイメージできると思います。
では外注コストをかけても社宅管理をコスト削減できるのはナゼか?主に以下の3点でコストダウンできるからです。

ただしこれはあくまで総論で、社宅管理代行会社によって対応サービスや手数料の料率などは異なります。

社宅管理代行会社の実績比較

  受託管理件数 導入実績 実績年数 店舗形態 直営営業所数 借り上げ物件の契約者
タイセイ・ハウジー 15万件以上 500社以上 33年 直営 42 企業
日本社宅サービス 記載無 200社以上 20年 FC 0 企業
リロケーション・ジャパン 14.4万件 記載無 17年 直営 3 リロケーション・ジャパン
レオパレス・リーシング 5.5万件以上 191社 12年 直営 記載無 企業
三井不動産 5.7万件以上 記載無 20年 直営 記載無 企業

日本社宅サービスが直営の店舗を持たないのは、フランチャイズ形式のため。店舗の代わりを、フランチャイズ店が担います。

リロケーション・ジャパンは、いわゆる転貸業者なので、企業は個々の物件ごとに契約を交わす必要がなく、家賃の支払い先はリロケーション・ジャパンです。家賃の振込業務を委託できる業者は多いのですが、そもそも振込箇所が一箇所であれば支払業務そのものが非常に楽になります。

では転貸社宅がいいのかというと、そうとも限りません。基本的には、一部の業務を代行する「だけ」の業者のほうが、委託コストそのものは安くなるからです。また振込業務をアソシエートできる業者がほとんどなので、利用する側にとって転貸社宅であることだけでは大きなメリットとは言えません。

そもそも社宅代行を利用することで得られるメリットは、最終的にコスト削減につながる点です。これから新しく社宅を始めるなら、新しい人材を確保する必要がなく、今すでに社宅の担当者がいる会社であれば、引き継ぎも簡単になり社内のリソースを本来の業務に無駄なく割り当てることができます。

さらに社宅代行サービスを利用すべき理由を深堀り

社宅代行とは、社宅の周りのことを従来は企業が行ってきた社宅管理業務について代行するアウトソーシングサービスのことを指しています。このサービスが普及し始めたのは、1990年代中盤からであると言われています。バブルが崩壊した1990年代前半、企業の多くが、保有している資産の売却や流動化を求められ、不動産や社宅などについてアウトソーシング業者を利用し始めたのが、1990年代中頃です。

バブルが崩壊するまで、不動産価格が上昇していたため、社宅などの資産を企業が直接管理していても、経済的な効果がありました。しかしながら、不動産価格の下落が始まり、経済の低迷が明らかになったことで、社宅管理を企業の人事部や総務部が行っているメリットが薄れ、専門的な知識とノウハウを持つ外部アウトソーシング会社に委託する方が合理的であるという考えが浸透しました。

従業員が社宅として利用している施設であっても、代行会社が運営をしているところが増えています。仮に社宅の利用率が落ちてきたとしても、代行会社には空いている部屋を外部に貸し出すノウハウがあるため可能となり、物件の収益性を向上させることができます。

社宅代行サービスを利用するメリットはたくさんありますが、代表的なものとして以下のようなものがあります。

ワンストップサービスが可能であること

社宅の管理を企業が行っている場合、空いている部屋を外部に賃貸として貸し出したいと考えたとしても、不動産会社とのやり取りや借主との交渉などで時間を取られるケースが出てきます。社宅管理を行っている代行会社に依頼することによって、これらの煩雑な手続きを行ってくれるため、企業側は一つの窓口ですべての作業を完了することが可能になります。

社宅管理の代行会社を利用することによって人事部や総務部の手間が省略されることになり、企業の経営効率が高まることにつながります。また、借り上げ社宅を使いたいと考えている企業であっても、社宅管理の代行企業を利用することによって、家主などとの交渉を省略することができます。

経費削減につながる

企業内で社宅管理を行う場合、人事部や総務部に必要な人員をさく必要があります。しかし社宅代行サービス業者に依頼することで、それらの人員を営業やほかの収益に貢献する部署に配属することが可能になって、ムダな費用や経費を使う必要がなくなるでしょう。

また、自社内で社宅を維持、管理するために必要であった書類なども、アウトソース会社に委託することによって大幅に減らすことができます。紙の資料をプリントアウトしたり、契約書をバインダーにまとめて格納しておくキャビネットなども減らすことができるようになるため、社内スペースの効率化、コスト削減にもなります。

季節によって変動する業務量に対応可能

銀行や商社など、異動が多い企業などの場合、季節によって社宅を利用する社員が多い時期と少ない時期が発生しがちになります。新入社員が入ってくる4月などは、東京や大阪でトレーニングが集中的に行われるケースが多く、その時期だけ社宅の利用者が増加するということが、よくあります。

短い期間中にさまざまな作業が発生するため、企業内で社宅を持っておくと、そのタイミングだけに人手がさかれることになります。社宅代行サービス会社にアウトソースすることで、季節による業務量について経営者が悩む必要がなくなります。

これらのメリットがあることから、多くの企業が社宅管理を代行サービス会社に依頼しています。社宅は従業員にとってありがたい福利厚生の一部ですが、すべての作業を保有企業が行うことは効率的ではないため、今後もアウトソーシングを行う会社が増えていくものと予想されています。

社宅代行サービスを選ぶメリットのまとめ

社宅代行サービスを利用すれば、

といったメリットを受けることができるでしょう。

社宅の提供と管理は、社員の福利厚生のために行うもの。

直接的に企業の利益につながる業務ではない一方、膨大な管理業務を求められるため、自社内で管理業務を行うと人事や総務といった部署のリソースを大幅に割くことになります。

営業所や支社が複数ある企業の場合、本社で一元管理しようと思えば膨大な人件費が必要です。

かといって、各営業所に社宅管理を任せると、今度は社宅管理規定や運用方針の違いによって、社員から不満が出てしまうでしょう。

そこで、社内の人的リソースを節約し、社宅管理を一括管理できる社宅代行サービスを使えば、コストカットと業務のスリム化を同時に進めることができるのです。

ただし、社宅管理代行会社の提供するサービスや実績は、各社によって異なります。

自社に合った社宅代行サービスを知りたい方は、ぜひこちらのオススメ社宅代行会社を参考にしてください。

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP