社宅管理代行会社ガイド » 【必読】社宅代行サービスを徹底解説 » 社宅管理業者と物件紹介

社宅管理業者と物件紹介

社宅管理業者は物件紹介が可能

社員が社宅に入居・退去するのをサポートする他、社宅に住まう社員や建物の管理がメイン業務の社宅管理業者。社宅管理の他に、社宅となる物件の紹介を行ってくれる業者も増えてきています。

物件の紹介は社宅に適した物件を探している企業そのものに行われています。社宅として利用する物件を探すにあたり、「単身者向け」や「家族向け」など、社員の傾向と照らし合わせるとより効率的です。また、企業の規模によっては社員数に応じて、ある程度の部屋数を備えた物件を探すことが欠かせません。

社員の社宅への満足を高めたいなら、立地条件や住みやすさ、居心地の良さ、社宅としての便利さなどを考慮した物件を確保する必要があります。

数ある物件の中から、あらゆる条件を満たした社宅を探すのは単独では難しいものです。多様なニーズに合わせて紹介できる物件を揃えているのは、近年の社宅管理業者の頼れるポイントといえます。

会社によっては物件紹介を行なわないタイプも

ただし、社宅管理業者のメイン業務はあくまで社宅の管理。業者によっては物件の紹介を受け付けていない場合も多々あります。社宅の物件紹介を行っていない業者は、その分管理業務に力を入れているといえます。

社宅として利用する建物の状況や、住人同士のトラブルの解決、入居・退去の手続きなど…社宅管理業者として行う業務は多彩です。物件の紹介を行っていない業者には、物件紹介に人員を割くことでメインである管理業務が滞ってはいけない、という考えを持っている会社も多くあります。

ワンストップで物件の紹介から社宅管理までを全て済ませられる業者は確かに便利ですが、物件の紹介と社宅管理業務を依頼する業者を別々に分けるというのも一つの方法です。それぞれの専門業者に一段階だけを依頼することで、より質の高いサービスを受けられることも少なくありません。

信用できる社宅管理業者はここをチェック

社宅管理業者を利用するにあたって、最も大切なのは業者が信頼できる会社であるかを見極めることです。社宅には企業にとって大切な社員を住まわせるわけですから、社宅管理業者を選ぶ際は、信頼性が第一になります。

良い社宅管理業者を選ぶことは、企業の手間やコストをカットし、社員のモチベーションをアップさせることに繋がります。信頼できる社宅管理業者を選ぶためのポイントをチェックしておきましょう。

導入実績

どんなに対応しているサービスが豊富でも、社宅管理業者としての導入実績がある会社でなければ信用して社宅の管理を任せられません。導入実績についてチェックする際は、実際に導入された企業についても確認が大事です。

「大企業の社宅に導入されたのか」「地方の中小企業に導入されたのか」「企業の人数や業種はどうか」というポイントは見逃しなく。導入実績が多く、かつ多くの業種の企業に実績されたことのある社宅管理業者が理想的です。

実績年数

社宅管理業者として、実際にどのくらいの年数活躍してきたのかも要チェックです。実績年数が豊富であればあるほど、経験もノウハウも多く蓄積されています。

経験豊富な社宅管理業者は、トラブルや不測の事態への対応力も抜群です。マニュアル通りではなく、柔軟で臨機応変な対応を取ってくれるでしょう。

受託管理件数

実際に受託管理を任された件数について確認しましょう。物件の紹介ではなく、社宅を管理した実績についてチェックすることで、その社宅管理業者がベテランかそうでないかが分かります。

実績はもちろん多い方が信頼できます。社宅の管理には住民トラブルの解消や建物そのもののメンテナンスなど、様々な業務があります。受託管理件数が多いということは、それだけ経験と信頼を得ていると言うこと。

導入実績と一緒くたにしないようにチェックしておいてください。

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP