社宅管理代行会社ガイド » 【必読】社宅代行サービスを徹底解説 » 社宅代行にまつわるよくある質問

社宅代行にまつわるよくある質問

社宅代行サービスを依頼する際のよくある質問をまとめています。社宅代行を考えている方は必見です。

社宅業務時間をどれくらい削減できるのか?

依頼する社宅代行会社によりますが代行サービスを頼むことで、およそ85~90%前半まで社宅業務時間を削減できます。

社宅業務に関わる各業務時間×件数を各社の事情に即した業務時間で照らし合わせて金額を算出。見積もり時に算出することが可能なため、数社に見積もりを依頼して比較・検討するのがおすすめです。

コストも削減!社宅代行のメリットを詳しく見る

入居時の敷金の支払いは?

社宅適応物件の決定状況によります。社宅代行では地域相場に合わせて敷金を支払うのが一般的。福利厚生的要素(物件決定権)を社員にゆだねた場合は適正価格に近付けつつ地域相場に倣います。

転貸方式を採用している社宅代行会社では敷金を会社が預託するため、企業側は一定額の手数料を支払えば敷金負担が無くなる場合もあります。

社宅物件は全国で紹介対応可能か?

ほとんどの社宅代行会社は全国展開しており、国内のさまざまな物件を紹介してもらえます。有名なのがタイセイ・ハウジーの社宅斡旋システム。42事業所と1,800社の有料賃貸不動産会社からなるANSWERネットワークで、全国どこでもきめ細かなサービスを提供しています。

タイセイ・ハウジーの特徴を詳しく見る

自社所有物件の管理代行も可能か?

手続きは会社によって違いますが、自社所有物件の管理代行も可能です。社宅代行委託契約の締結後、所有物件のデータをもらったうえで業務を実施。借主および管理会社へ案内状を送付し、振り込み口座名義の確認を行います。

社宅代行の契約締結から導入期間は?

導入までのスケジュールは企業側と打ち合わせて決定。新規物件と既存物件で契約が2種類に分かれるため、それぞれ導入までの時期が異なります。既存物件は社有物件のデータを入力するので、新規物件よりも導入に期間を要することも。導入時期を合わせることもできるため、要望がある場合は社宅代行会社に相談してみましょう。

借り上げ社宅と社有社宅の違いを詳しく見る

一棟まるごとの借り上げは可能か?

一棟単位での借り上げも問題なく行えます。問い合わせ窓口や賃料の支払い先が同じなので、個別借り上げ社宅よりも手続きが簡単に。受託内容によっては個別で借りるよりも料金を安くすることが可能です。

家具付き物件を社宅として用意できないか?

規模は会社によって違うものの、単身者や短期出張者用の家具付き社宅を用意することができます。マンスリーマンションの業者と提携し、必要な家具だけを揃えた部屋を提供することも可能。中には物件だけでなく、お得な通販まで紹介してくれる会社もあります。

遠方のため内見に行けない場合は?

遠方からの転勤などの都合により内見ができない方のために、部屋を細かく採寸した数値や写真をレポートとして送付しています。部屋の間取りや周辺環境以外に要望がある場合は、早めに代行会社に伝えておきましょう。

物件の周辺情報の確認はできるのか?

物件の周辺情報は、内部検査の状況も含めて確認することが可能です。周辺状況や地域情報をまとめたレポートを作成し、企業に送付。代行会社によっては、社宅代行会社が提携している不動産会社から話を聞くこともできます。

電気やガスの手続きはどうすればよいか?

電気・ガス・水道などライフラインの手続きは、原則として入居者側で行います。社宅物件として承認された後に手続きをしましょう。ただし、一括受電方式の賃貸物件の場合、電気代は貸主からの請求になるため注意してください。

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP