HOME » 課題から見る社宅代行会社の活用事例 » 借主責務のリスクを回避したい

借主責務のリスクを回避したい

預入敷金の管理や解約時の回収リスクなど借り上げ社宅の債務リスクを解説、社宅代行会社によって課題が解決した事例などを紹介します。

転貸方式と事務代行方式はどう違う?社宅代行会社との契約

転貸方式と事務代行方式はどう違う?社宅代行会社との契約社宅管理をアウトソースする際に注意したいのが、代行サービスの方式による違いです。

転貸方式の場合、借り上げ社宅個々の貸主や不動産会社と契約を結ぶのは代行会社で、依頼する企業は代行会社だけと社宅提供に関する契約を結ぶことになります。

事務代行方式の場合、文字通り社宅に関する契約や支払いなど事務手続きをアウトソースするもの。業務負担は軽減されますが、借り上げ社宅個々の貸主や不動産会社と契約を結ぶのは社宅を利用する企業自体になるのです。

借り上げ社宅における債務リスクとは

借り上げ社宅の賃貸契約を個々の貸主や不動産会社と締結する場合、先方の与信上の信頼度はかなりバラつきが出るのが現実。

以下のような問題が起きるリスクを、物件ごとに内包しているともいえます。

社宅の件数が増えれば増えるほどこうしたリスクも比例して増えていきます。
それを回避するための手段が、社宅代行会社による代行サポートなのです。

事務対応費の削減を実現|社宅代行会社活用事例

1.住宅関連企業の社宅代行会社活用事例

事務対応費の削減を実現|社宅代行会社活用事例社内の担当者が100戸近い借り上げ社宅を管理していたものの「物件の質が低い」「貸主が破産した」などの問題が顕在化していました。

そこで社宅代行会社選びでは与信面で安心できる転貸方式を採用。敷金を設定しないサービスで、反社会的勢力と契約してしまうような懸念もなくなり、リスク回避に成功しています。

2.某企業の社宅代行会社活用事例

物件オーナーの破産によって敷金が償還できなくなったり、裁判手続きなどをしなければならなくなるなど問題を抱えていました。

そのため、社宅代行会社に業務を依頼。その後は敷金の問題もなく、事務手続きの手間も軽減されました。

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP