HOME » 課題から見る社宅代行会社の活用事例 » 管理戸数の増大による事務対応費を削減したい

管理戸数の増大による事務対応費を削減したい

全国に拠点を持つ企業にとっての社宅管理の煩雑さを解説、社宅代行会社によって課題が解決した事例などを紹介します。

戸数が多い企業は社宅代行会社にアウトソースすべき

管理戸数増大に伴う課題を社宅代行会社へのアウトソースで解決社宅としての管理戸数が多い企業、特に全国展開しているような場合はその管理を社宅代行会社にアウトソースするのが正解です。

なぜなら、不動産会社や物件オーナーは物件ごとに違いますし、地域によって賃貸住宅に関する商習慣も違います。こうした煩雑な業務を本社で一元的に対応するのは難しく、かといって拠点ごとに社宅管理の人的リソースを割くのもナンセンス。

その点、社宅代行会社を利用すれば本社で一括対応することも可能になります。

一括対応で煩雑な処理を削減する管理会社5選≫

全国に社宅を持つ企業にとって社宅代行会社を利用するメリット

全国に社宅があるような企業が社宅代行会社を利用する際のメリットは、主に以下の3点です。

1.全国一律で同じクオリティの社宅斡旋ができる

地方拠点ごとに社宅管理をすれば、ある程度業務の質にバラつきが出てしまいます。

社宅代行会社を利用すれば全国で均質な対応ができるため、社宅斡旋に対する社員の満足度も向上すると思います。

2.社内での管理業務も効率化できる

本社と全国の各拠点で統一されたワークフローを共有できるのも大きなメリットです。

書類や手続きがしっかりフォーマット化されるので、社宅を利用する社員も管理する部署のスタッフも作業は大幅に軽減されます。また、FAQ的なノウハウも蓄積するので、トラブル回避・対応にも役立ちます。

3.通信費や手数料などを削減できる

書類のやりとりにかかる通信費、賃料など振り込みにかかる手数料など、管理する社宅単位でかさむ事務対応費はトータルで軽視できない金額になっていませんか?

これらは基本的に物件もしくは契約ごとに異なるものですが、社宅代行会社に依頼すれば一括対応してくれるので、大幅な事務対応費の削減にもなるのです。

事務対応費の削減を実現|社宅代行会社活用事例

1.大手医薬品メーカーの社宅代行会社活用事例

支社単位で社宅管理していたもののサービスが平準化できず、不満の声が増していく中で本社での一元管理を検討。膨大な業務を迅速かつ的確に実行するために、全国対応可能な社宅代行会社へのアウトソースを決めています。

2.サービス業の社宅代行会社活用事例

生活備品類も会社負担の社宅だったため、担当者は物件斡旋だけでなく備品購入などにも忙殺される状態。そこで備品の準備も含めて社員が身ひとつで入居できる体制を社宅代行会社に依頼しました。

3.調剤薬局グループの社宅代行会社活用事例

全国の拠点拡大に伴って借り上げ社宅の管理戸数も増え続けて、契約手続きや業者対応などが煩雑化。同時に振込手数料や郵送代などの各種経費増大も問題となっていました。

同社は複数社の提案を受けて、業務の効率化とコスト削減面でもっとも期待できる社宅代行会社に発注を決定。フルアウトソースによって業務と経費を見事削減、コールセンターによる全国対応などサービスの充実化にも成功しています。

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP