HOME » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ

【保存版】社宅管理代行会社まとめ

社宅管理代行サービスを提供している、おすすめの会社を厳選。特徴や実績、導入事例・評判をリサーチしました。ぜひ参考にしてください。

全国の社宅管理代行会社をリサーチして厳選

社宅のイメージ画像社宅管理代行会社とは、企業が抱えている社宅管理業務を請け負い、コスト削減や業務効率化をサポートするためのサービスを提供している会社です。

インターネットで検索してみると、数多くの社宅管理代行会社がヒットしますが、サービス内容はどこも同じように見えるかもしれません。

どこに依頼しても変わらないと思われがちですが、実際は会社によって得意分野があり、提供しているサービスメニューに違いがあります。

ですが、大量のサービス内容を細かくチェックしたり、自社が必要なサービスを提供しているか見分けるのは、手間がかかってしまいますよね。

そこで、このサイトでは、全国にある社宅管理代行会社を独自にリサーチし、各社の特徴や導入事例をピックアップ。その中でおすすめできる会社を厳選しました。各社の違いをよく理解して、社宅管理代行会社選びの資料にしていただければ幸いです。

自社とマッチした社宅管理代行会社を選ぶコツ

優良な社宅管理代行会社を見つけるためには、重要なポイントがいくつかあります。以下の点に注目して比較検討するとわかりやすくなりますよ。

実績が豊富で経験・ノウハウが蓄積されている

サービスを始めて1年の会社と、何十年も続けている会社では、実績や対応力が違います。多くの経験を積んでいれば、顧客がどのようなことに悩んでいるかをよく理解していますし、不測の事態が発生しても迅速に対処してくれるので安心です。

サービスメニューが豊富で柔軟性がある

会社の公式ホームページなどを確認して、どんな業務を委託できるのかをチェックしましょう。サービスメニューはもちろん、カスタマイズが可能かなど、柔軟性にも注目します。また、借り上げ社宅の場合は全国対応かどうかも重要ですよ。

社宅代行業務以外の相談もできる

単に社宅管理のアウトソーシングをするだけでなく、引越しや転勤対応までサポートできる。社有社宅であれば、社宅以外の有効活用法などについてアドバイスできるといった、プラスアルファの部分もチェックしてくださいね。

>>実績で選んだ社宅代行会社5選はこちら<<

社宅管理の代行を依頼する前に。失敗しない社宅代行会社の選び方

社宅管理は、細かな業務などが多く何かと手間がかかってしまうものです。異動や転勤などが多い時期に業務が集中していまいますし、入居者同士や近隣の方と騒音やゴミ出しのマナーなどでトラブルなどが起こってしまうことも考えられます。そういった時に便利なのが、社宅代行会社が行っている社宅管理サービスです。

社宅管理サービスを利用する費用はかかりますが、社宅の管理を外部委託することで他の業務をスムーズに行うことができますし、人材を別の業務に振り分けることもできます。それにより業務を効率的に行うことが可能となるので、トータルで見ればコストを下げられる場合も多くあります。またトラブルが起きた場合には、迅速に対応してもらえるといったこともメリットの一つといえるでしょう。

しかし社宅代行会社を選ぶ時には、どういったサービス内容になっているのかを細かくチェックすることが大切です。サービス内容は社宅代行会社によって異なるため、自社が必要としているサービスをきちんと受けることができるのかを見極める必要があります。また、希望に合わせて柔軟に対応してもらえるかなどもしっかりと確認しておくことが重要です。

社宅管理をする上で、社有社宅と借上社宅とでは、管理する項目が異なっています。社有社宅とは土地や建物を自社で所有している社宅のことで、借上社宅とはアパートやマンション、一戸建てなど一般的な賃貸物件を借り上げて従業員に提供している社宅のことです。

社有社宅の場合には、まずエアコンや給湯器、セキュリティシステムといった設備の管理があります。他にも、資産管理を行う必要もありますし、入居や退去の管理といった業務も必要となってくるでしょう。借上社宅の場合には、設備の管理は家主が行うことが一般的となっており、入居や退去の管理などの他には、契約の管理、支払の管理、預入金残高管理といった業務が主なものとなります。また、従業員へどういった物件がいいかなどのヒアリングを行って、物件を斡旋するのも社宅管理サービスの役割の1つです。

基本的に借上社宅は社有社宅に比べて管理する手間が大きいと言われています。一般的な賃貸物件の家主は個人であることがほとんどです。そのため、個別に家主と契約や交渉を行わなければならず時には契約や交渉が上手く進まないことや、即時入金を求められ、締め支払い通りに行かないといったことが起こる可能性があります。

また、地域によっても商習慣が異なることがあり、そういった場合、地域の商習慣に合わせた個別な対応が必要になります。さらに家主が複数いるような場合には、それぞれに契約金や敷金、礼金、家賃の入金などを行わなければなりません。退去する際にも、敷金返還管理なども個別に行わなければならず、異動や転勤が多い時期には業務が重なってしまい時期によっては非常に忙しくなります。また、移動時期が重なるために希望通りのスケジュールで入居や退去が難しい可能性も考えられ、配属のスケジュールが、予定通りに進まないといった事態になることもあるでしょう。

社宅管理サービスを利用すると、そういった煩雑な手続きを全て代行してもらうことが可能です。また、賃貸物件選びは実際にその地域に詳しくないと物件の良し悪しを判断することは難しいですが、社宅代行会社であればその地域の情報に精通しているため、従業員が快適に生活できる物件を紹介することができるでしょう。そういった理由から、現在では借上社宅の場合には社宅代行会社を利用することが増えてきているのです。

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP