HOME » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » 大東建託

大東建託

大東建託が提供している社宅代行サービスの特徴や導入事例・評判を紹介します。

大東建託による社宅代行の特徴

大手不動産・大東建託が行う社宅代行サービスについて、3つのポイントを紹介します。

大東建託の公式サイト画像
画像引用元:大東建託(http://e-heya.kentaku.net/)

圧倒的な規模と実績がもたらす情報が豊富

大東建託が誇る最大の強みは、圧倒的な規模です。直営店は全国381店舗、スタッフ数は約1,500名、自社での居住用管理実績は75万戸以上にも達しています。

新規に提供できる物件は年間で55,000戸以上ですが、全国に提携している不動産業者が約10,000店あるため、自社管理物件に限らずあらゆる社宅情報を提供してくれるでしょう。なかなか希望通りの物件が見つからないときは、大東建託のような大手をおすすめします。

契約時のコストを大幅に削減

大東建託の社宅代行サービスは、担当者のコスト削減ニーズに応える、手厚い内容になっている点も特徴です。

例えば新規契約時の仲介手数料は50%OFF、鍵交換費用は0円で、更新料・更新手数料も不要です。原状回復工事費用は定額制ですし、連帯保証人も原則不要、契約中の入居者入れ替えまで可能です。

契約・更新時に必要な費用を抑えられるという点は、コストメリットが非常に大きいと言えます。

社宅管理業務のほぼすべてを任せられる

社宅代行サービスでは、社宅契約時の賃貸条件交渉から始まり、契約書類の署名・捺印代行、契約更新・退去手続きの業務代行、原状回復費用のチェック、各種帳票作成まで、オールラウンドに対応。

アウトソーシングするだけで、社宅管理のほぼすべてを請け負ってくれます。敷金・礼金や月々の家賃、更新料・更新手数料などの支払いも代行し、月毎にとりまとめて一括請求してくれるので、支払い業務にかかる手間も軽減できます。

大東建託の他にも
安心の実績、サポート力の社宅代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

大東建託に社宅管理代行を依頼している企業の事例を調べてみました。

契約時のコストを抑えることに成功

自社で社宅物件を探している時は、不動産会社や契約内容がバラバラで手間がかかり、コストもかかっていました。大東建託では契約時のコストを抑えることができますし、更新料もゼロなので助かっています。

業務の流れがスムーズになった

契約先を1本化できた効果は、かなり大きいですね。全国どの地域で社宅の契約をしても必要書類や契約形態が同じなので、確認から決済までの作業がスムーズになりました。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP