HOME » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » 大和リビング

大和リビング

大和リビングが提供している社宅代行サービスの特徴や強みを紹介します。

大和リビングによる社宅代行の特徴

大和リビングが提供する社宅代行サービスについて、大きな特徴を3つのポイントにまとめました。

大和リビングの公式サイト画像
画像引用元:大和リビング株式会社(http://www.daiwaliving.co.jp/index.html)

賃貸住宅で培ったノウハウで強力サポート

賃貸住宅の管理・運営会社として、平成元年に大和ハウス工業の100%出資で設立された大和リビング。これまでに管理した戸数は45万戸を超えており、賃貸物件の管理・運営は大手にも引けを取らない実績があります。

全国に109拠点あるネットワークと、管理会社としてのノウハウを最大限に生かした強力サポート体制で、社宅物件紹介から契約・更新・解約、日常の問い合わせ対応まで、総合的に社宅管理業務を代行

専門知識が必要で、業務内容も多岐にわたる社宅管理をトータルで任せられるので、人事異動の時期ならではの激務や、通常時の雑務を軽減したいと考えている会社におすすめです。

独自開発の社宅一元管理システムで業務効率化

社宅代行サービスを契約すると、社宅情報を一元管理するために大和リビングが独自開発した「DAICOHS Web」と呼ばれるシステムが利用できます。

DAICOHS Webは、社宅の受付や契約状況などを、リアルタイムで確認できる一元管理システム。賃料の送金や立替金情報などの閲覧・データのダウンロードが簡単に行えるので、煩雑になりがちな社宅管理業務の効率化アップを図れます。社宅物件を数多く抱える会社ほど、有効に活用できるでしょう。

サブリース物件が多く柔軟性のある契約が可能

ダイワリビングが管理する物件は、サブリース(一括借上)を行なっていることが多いため、貸主がダイワリビングとなります。

貸主とサービス提供側が同一であるため、柔軟性の高い対応が可能に。例えば、仲介手数料不要・入居審査不要・入居者の入れ替え可能といった、他社では対応していない条件で契約ができ、家主と細かな交渉をせずに済むというメリットがあります。やり取りする相手が減るだけで、社宅管理業務の負担を大幅に減らすことができますよ。

大和リビングの他にも
安心の実績、サポート力の社宅代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

大和リビングの導入事例は見つかりませんでした。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP