HOME » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » 長谷工ビジネスプロクシ―

長谷工ビジネスプロクシ―

4万戸の管理実績を持つ、長谷工ビジネスプロクシ―(旧:長谷工ライブネット)の社宅管理代行。そのサービス特徴や手数料などをまとめました。

長谷工ビジネスプロクシ―(旧:長谷工ライブネット)による社宅代行の特徴

長谷工ビジネスプロクシ―の社宅管理代行サービスには、以下の3つの注目ポイントがあります。

長谷工ビジネスプロクシーの公式サイト画像
画像引用元:株式会社長谷工ビジネスプロクシー(http://www.haseko-hbp.co.jp/index.php)

借り上げ社宅管理代行は3つのベースプランで対応

同社の社宅管理代行サービスはオーダーメイドによるプラン提案で実施されますが、借り上げ社宅については3つのプランがそのベースになります。

社宅管理をウェブ化することで効率アップ

委託企業がウェブ上で社宅管理を実行できるオンラインサービス。これも長谷工ビジネスプロクシーの大きな特徴です。

物件検索にはじまり各種手続きや代行会社との連絡まで、いつでもどこでもインターネット上で利用できるので、管理部署も利用する社員も手間を軽減できます。

マンスリーマンションや家具・家電のレンタルにも対応

同社では一般的な借り上げ社宅だけでなくマンスリーマンションやホテル感覚で利用できるサービスアパートメント、そして家具・家電のレンタルにも対応しています。

長期出張や管理職の単身赴任など用途に合わせてサービスを選べるわけです。

長谷工ビジネスプロクシーの他にも
安心の実績、サポート力の社宅代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

長谷工ビジネスプロクシーに社宅管理代行を依頼している企業の事例を調べてみました。

社宅代行を本社に集約

支店で行っていた社宅業務をすべて本社で行うことになりました。ただ、全国各地にある社宅のフォローができず、サービスが低下してしまうことに。そこで、物件紹介や契約といった業務を長谷工ビジネスプロクシ―へ依頼。現在では質の高いサービスを受けられていると好評を得ています。

プラン変更により会社の希望に沿った削減が成功

最初はレギュラープランで社宅管理代行サービスを始めました。その3年半後にゼロプランへ。しかし、その翌年には経理や財務の希望で、今度はスーパーゼロプランに変更。償却処理はもちろん、賃料のみの支払いになることで業務削減に対する効果は大きいとして、高い評価をいただきました。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP