社宅管理代行会社ガイド » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » 長谷工ビジネスプロクシ―

長谷工ビジネスプロクシ―

4万戸の管理実績を持つ、長谷工ビジネスプロクシ―(旧:長谷工ライブネット)の社宅管理代行。そのサービス特徴や手数料などをまとめました。

長谷工ビジネスプロクシ―(旧:長谷工ライブネット)による社宅代行の特徴

長谷工ビジネスプロクシ―の社宅管理代行サービスには、以下の3つの注目ポイントがあります。

長谷工ビジネスプロクシーの公式サイト画像
画像引用元:株式会社長谷工ビジネスプロクシー(http://www.haseko-hbp.co.jp/index.php)

借り上げ社宅管理代行は3つのベースプランで対応

同社の社宅管理代行サービスはオーダーメイドによるプラン提案で実施されますが、借り上げ社宅については3つのプランがそのベースになります。

社宅管理をウェブ化することで効率アップ

委託企業がウェブ上で社宅管理を実行できるオンラインサービス。これも長谷工ビジネスプロクシーの大きな特徴です。

物件検索にはじまり各種手続きや代行会社との連絡まで、いつでもどこでもインターネット上で利用できるので、管理部署も利用する社員も手間を軽減できます。

異動シーズンになると、入退室の処理で管理部署は大忙し。各種手配を行いながら、社宅管理者と入退室する社員の間に挟まれ一日が終わるような日もあるでしょう。そういった幾つもの動線を一本化できるのがHASEKO社宅NAVIの特徴です。

24時間対応なので、管理部署も入退室する社員も時間に縛られずに手続きが可能。また、双方で同じ画面を確認することができますので、これまでの報告・連絡・相談の時間を大幅にカットできます。また、ペーパーレスになったことで、個人や企業の情報が流出する事も避けられますし、ファックスでの誤送信の心配もありません。

HASEKO社宅NAVIのスタンダード仕様では、上記の様な登録・申請手続きといった主要フローの他にも、一定時間に対象者全員へメールを配信したり、対象者の合意や認証に関わる「いつ、誰が、申請を承認・否認(理由を含む)した」などの情報を保存し閲覧したりすることも出来ます。

上述した3つのプランと組み合わせて考えれば、経費や業務の圧縮、社員サービス向上の課題が簡単にクリアできることがおわかりでしょう。他社にもweb管理が可能なところもありますが、ここまで業務削減と利便性が備わった社宅管理代行会社は他にありません。

そして、何といっても不動産に強いのが長谷工の魅力です。社宅管理にとどまらず、あらゆる側面から企業をサポートします。

マンスリーマンションや家具・家電のレンタルにも対応

同社では一般的な借り上げ社宅だけでなくマンスリーマンションやホテル感覚で利用できるサービスアパートメント、そして家具・家電のレンタルにも対応しています。

長期出張や管理職の単身赴任など用途に合わせてサービスを選べるわけです。

実績やサポート力で比較!
おすすめの社宅管理代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

長谷工ビジネスプロクシーに社宅管理代行を依頼している企業の事例を調べてみました。

社宅代行を本社に集約

支店で行っていた社宅業務をすべて本社で行うことになりました。ただ、全国各地にある社宅のフォローができず、サービスが低下してしまうことに。そこで、物件紹介や契約といった業務を長谷工ビジネスプロクシ―へ依頼。現在では質の高いサービスを受けられていると好評を得ています。

プラン変更により会社の希望に沿った削減が成功

最初はレギュラープランで社宅管理代行サービスを始めました。その3年半後にゼロプランへ。しかし、その翌年には経理や財務の希望で、今度はスーパーゼロプランに変更。償却処理はもちろん、賃料のみの支払いになることで業務削減に対する効果は大きいとして、高い評価をいただきました。

他社からの切り替えで効率大幅アップ

社員数の増加に伴い、長年にわたって委託していた社宅管理代行会社からこちらのレギュラープランへ切り替え。社宅管理部門の設置を検討していたが、引継ぎの必要もなくなり、こちらのweb管理のおかげで以前の業務量よりも更に減少する結果になり、経費の削減にもなりました。

社宅担当者の負担を軽減

社内に担当者を設け任せていたが、社宅使用料の計算や財務計上が複雑でかなりの負担をかけていたためゼロプランに変更。担当者は本来の業務に集中できるようになり、また、財務処理もシンプルになったため、全体的なパフォーマンス向上に繋がったと感じる。

原状回復費のクレームが相次ぎプラン変更

入居していた社員から原状回復費を減額して欲しい旨の要求やクレームが相次ぎ、こちらのゼロプランに決めました。原状回復の知識や範囲にも迷いがあったため、交渉の際もとても不安で大きなストレスとなっていましたが、お任せできてほっとしています。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP