HOME » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » 住研ベネフィットサービス

住研ベネフィットサービス

住研ベネフィットサービスが提供している社宅管理代行サービスの、特徴や強みを調べてみました。

住研ベネフィットサービスによる社宅代行の特徴

住研ベネフィットサービスの社宅管理代行サービスについて、大きな特徴をまとめています。

住研ベネフィットサービスの公式サイト画像
画像引用元:住研ベネフィットサービス株式会社(http://www.juken-bs.com/index.html)

社宅管理をすべて委託できるプラン

社宅管理をまるごとアウトソースできる「フルサポートプラン」では、コスト面を考慮しながら、面倒な契約の手続きをサポートしてくれます。

窓口を一本化することで、人件費・通品費・支払い手数料といったコストを削減し、同時に業務の軽減化も実現。物件探しは全国40万戸のデータベースからチョイス可能と、充実したサポートが魅力的です。

年間4,000戸もの社宅を管理しているので、実績も他社に引けを取りません。

全国ネットワークを駆使して情報収集

1,000店舗のアパマンショップと提携しているので、全国のネットワークを駆使して情報収集を行うことが可能です。不動産業者80社とも繋がっているため、問題が起こったときもスピーディーに解決してくれます。

遠方から依頼された場合は、依頼者の代わりに物件写真を撮影したり、物件の詳しい資料を作成してくれたりと、全国ネットワークの強みを生かしたサービスを提供。全国各地に多数の社宅を管理している会社なら、かなり業務量を減らすことができますよ。

空室となった社宅の有効活用法を提案

社宅が空室になってしまったときに有効活用ができないか、総合不動産業としての観点から、実績と経験を元に新しい提案をしてくれます。社宅のケースによって対応方法や社宅の提案内容は変わってきますが、提案内容の中には社宅の一括借り上げがあります。

一括借り上げだと、毎月一定額の家賃が支払われるので、空室があるときの収支が変動することはありません。空室時を有効活用して家賃も保証してくれるので、社宅を所持している依頼側にとっては嬉しいサービスですね。

住研ベネフィットサービスの他にも、
おすすめの社宅代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

住研ベネフィトサービスの導入事例・評判は見つかりませんでした。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP