HOME » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » レオパレス・リーシング

レオパレス・リーシング

レオパレス・リーシングの社宅代行サービスについて、特徴や導入事例・評判を紹介します。

レオパレス・リーシングによる社宅代行の特徴

レオパレス・リーシングの社宅代行サービスのポイントを解説します。

レオパレス・リーシングの公式サイト画像
画像引用元:株式会社レオパレス・リーシング(http://www.leosumu.co.jp/)

単身用からファミリー向けまで幅広い物件を紹介

レオパレス・リーシングは、元々はレオパレス21の事業を相互補完するグループ会社として設立された会社です。そのため、全国52万室にも及ぶ単身用のレオパレス21物件を、社宅用として紹介できます。

さらに、約1万社の優良不動産業者とのネットワークを活用して、ファミリー向けの物件やハイグレードマンションなども紹介できるのだとか。自社・他社が扱う膨大な物件から探してくれるので、希望通りの社宅が見つかる可能性が高いでしょう。

CRASシステムで事務手続きが大幅に軽減

レオパレス・リーシングの社宅代行サービスでは、CRAS(Company Residence Agent Service)と呼ばれる、契約書を電子化して保管するシステムを採用しています。

電子化されたことで、契約・更新・解約の度に書類を探して確認する手間が省け、賃料の交渉や契約書類の捺印、解約清算などをレオパレス・リーシングが代行することが可能に。会社側での事務手続きが大幅に減るため、業務負担とコストを軽減できます。

社宅に限らず様々な不動産活用の提案ができる

レオパレス・リーシングは、グループ会社と連携して不動産売買・仲介業務にも対応しています。そのため、借り上げ社宅の紹介・管理だけでなく、社有社宅・寮の老朽化対策や有効活用するための提案も可能。

社宅管理にこだわらず、遊休社有地の活用コンサルティングや事務所・店舗・駐車場探しなどの相談もできるため、不動産のトータルアドバイザーとして頼ることができます。

レオパレス・リーシングの他にも、
おすすめの社宅代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

レオパレス・リーシングに社宅管理代行を依頼している企業の事例を調べてみました。

急な異動による業務負担を軽減

店舗展開による急な異動が多いため、社宅の契約・解約手続きなどが経理部門の業務を圧迫している状況でした。レオパレス・リーシングに社宅管理業務をアウトソーシングしたところ、経理部門の業務負担が軽減。異動の引き継ぎもスムーズに出来るようになりました。

社有社宅廃止に伴うアウトソーシング

これまで8割以上を社有社宅で賄っていましたが、廃止して借り上げ社宅にすることに。しかし、物件探しと管理業務が大変だったため、レオパレス・リーシングにアウトソースして、業務の効率化を実現させました。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP