HOME » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » LIXILリアルティ

LIXILリアルティ

LIXILリアルティの提供する社宅代行サービスの、特徴や導入事例・評判を紹介します。

LIXILリアルティによる社宅代行の特徴

LIXILリアルティの社宅代行サービスには、大きな特徴が3つあります。

LIXILリアルティの公式サイト画像
画像引用元:株式会社LIXILリアルティ(http://www.lixil-realty.co.jp/)

契約から退去までサポートし、大幅コストダウンを実現

LIXILリアルティでは、社宅の新規契約から更新・退去まで、トータルサポートを行う「Value One」と呼ばれる社宅代行サービスを提供しています。

Value Oneによって、家賃相場を考慮した専門スタッフによる減額交渉、独自精算システムの活用による原状回復費用負担の軽減など、大幅なコストダウンが可能に。総務部門のコストを削減したいと考えている企業にぴったりの、社宅・不動産をトータルで支援する会社です。

カスタマイズ可能なサービスメニュー

用意された社宅管理サービスメニューを押しつけるのではなく、利用者の要望に応じて経理勘定科目から請求書、精算書の作成までカスタマイズが可能。柔軟性の高いプランを提供しています。

管理が面倒になる家主のマイナンバー収集にも対応。繁忙期でもスピーディに業務を遂行できる体制を完備しているので、コストだけでなく、業務負担を軽減したい場合にもしっかり応えます。

全国ネットワークを駆使したスピーディな物件提供

LIXILリアルティが提携している不動産会社は、全国約3,000店舗以上。どのような場所でも、良質な社宅物件を素早く見つけられるという強みがあります。

物件紹介依頼を受けてから最短4日で入居したという実績もあるので、急に転勤が決まっても、社員が不安を感じることなくスムーズに仕事が継続できる環境を整えられますよ。

LIXILリアルティの他にも、
おすすめの社宅代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

LIXILリアルティに社宅管理代行を依頼している企業の事例を調べてみました。

急な対応や交渉でも安心して任せられます

以前は他社の社宅代行サービスを利用していましたが、転勤社員の部屋が見つからなかったり、退去時の原状回復費用が分かりづらかったりと不満がありました。LIXILリアルティでは、全国に提携業者ネットワークがあるので、短期間ですぐに物件が見つかりますし、原状回復費用についても交渉過程まで明確なので信頼できます。

社宅の一元管理が可能になり大幅なコスト削減を実現

社宅管理は全国の拠点ごとで行なっていましたが、店舗拡大とともに限界を感じて、LIXILリアルティの社宅代行サービスを導入しました。その結果、本社での一元管理ができるようになり、総務担当者の手間が減っただけでなく、無駄な空室社宅を明確にできました。おかげで不要な社宅を解約して、月額数百万単位の家賃が節約できました。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP