社宅管理代行会社ガイド » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » ミニミニエージェンシー

ミニミニエージェンシー

ミニミニエージェンシーの社宅代行サービスについて、特徴や導入事例・評判を紹介します。

ミニミニエージェンシーによる社宅代行の特徴

社宅代行専門会社・ミニミニエージェンシーの大きな特徴は、以下の3つです。

ミニミニエージェンシーの公式サイト画像
画像引用元:ミニミニエージェンシー(http://www.miniminiagency.co.jp/)

ミニミニグループが全面バックアップ

賃貸物件の仲介・管理で実績が豊富な「ミニミニグループ」の社宅代行専門会社として、高い専門性を強みに全国で事業展開をしているミニミニエージェンシー。

約450店舗で、毎年10万件を超える物件を取扱うミニミニグループの全面バックアップがあるため、敷金・礼金ゼロといった様々なニーズの社宅を紹介してくれます。仲介手数料も家賃の50%なので、経費削減につながりますね。

専門チーム対応によるスピーディな業務処理

社宅管理業務は、物件の手配から契約・更新・解約、社宅情報データの変更、支払調書作成などが基本メニュー。業務ごとに専門チームを組んで処理を行うため、迅速かつ正確な管理をしてくれます。

また、社宅に入居している社員と会社の問い合わせ窓口が同じカスタマーセンターに一本化されているので、どちらが問い合わせても素早い情報伝達と対応ができるのが特徴です。

全国ネットワークを生かした転勤サポート

社宅へ入居する社員向けのサービスが充実しており、急な転勤で見知らぬ土地へ赴任する場合も、全国ネットワークを生かして周辺地域の情報を提供してくれます。

また、オプションサービスで引っ越しの手配や家具・家電レンタルなども行なっているので、転勤時や転勤後も社員が不自由なく生活できる環境を整えられますよ。

実績やサポート力で比較!
おすすめの社宅管理代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

ミニミニエージェンシーに社宅管理代行を依頼している企業の事例を調べてみました。

社宅管理の担当者不足を解消

社宅管理を行うには、不動産に関する専門的知識が必要です。しかし、人事異動時期になると業務量が増えるため、人手不足に悩んでいました。ミニミニエージェンシーに社宅代行を依頼してからは、社宅管理業務が部屋探しと承認のみ。担当者不足も解消できましたし、経費削減にもつながりました。

他社からの乗換えで成功

これまで利用していた社宅代行会社は、社員から物件が少ないという不満があがっていました。そのため、大手のミニミニエージェンシーに乗り換えることに。取扱物件数が多いため社員満足度が向上しましたし、便利な管理ツールのおかげで担当者も1人で済むようになりました。

不動産知識がなかった問題も解決

契約や管理会社との交渉の際、不動産知識がない人間が担当せざるを得ない状況が課題という状態でした。

問題の解決を考え、ミニミニエージェンシーに依頼したことで、課題とされていた部分を担当してもらえることになったので、依頼後は承認事務のみとなりました。仕事の負担軽減となった点や、担当者を育てる必要がなくなりました。

豊富な店舗で社員も満足

選べる物件が少ないという不満が、社員から何度か上がっていました。ミニミニエージェンシーに依頼を行なうと、多くの物件から選べるようになったことで不満がなくなりました。また、それまで2人で行っていた管理業務を1人で行えるようになったことでコスト削減できました。

入退去清算の複雑なフローも解決

社宅契約戸数が多いことから、入退去清算だけでも大きな負担となっていました。ミニミニエージェンシーに依頼したことで、部屋貸しの依頼と事務承認のみとなり、事務仕事の軽減と経費削減に繋がりました。

本人の部屋探しの無駄を削減

転勤者本人が部屋探しを行っていたので敷金・礼金のある物件やない物件など契約内容がそれぞれ異なっていたので、経費の負担も大きい点が課題でした。ミニミニエージェンシーの管理物件に変えたことで経費の削減に繋がりました。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP