社宅管理代行会社ガイド » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » マイナビBiz

マイナビBiz

マイナビBizの特徴

福利厚生サービスの一環として、社宅関連業務の負担を軽減するための社宅代行サービスを行っているマイナビBizの特徴をご紹介します。

マイナビBizの公式サイト画像
画像引用元:マイナビBiz公式サイト(https://chintai.mynavi.jp/)

月額固定費用のサブスクリプション型社宅

マイナビBizの社宅代行サービスにはサブスクリプション型社宅とマンスリーマンションタイプという2つのプランがあります。そのうちの1つである「サブスクリプション型社宅」と呼ばれるサービスは、初期費用は一切かからず、月額の固定費用を支払うだけで一定期間の間、社宅として部屋を契約することが可能です。

短期予定の住居を予定している場合や、入居者が頻繁に入れ替わる際に活躍するプランです。希望エリアに手軽に社宅を持てるため、契約した部屋の用途はかなり自由度の高い活用ができます。エリアを自由に選べるので、遠方に常駐する社員の入居先としても非常に便利。工事現場で作業をする職人や、エンジニアのために活用するのをおすすめします。

業種や職種を問わず、あらゆるビジネスシーンで社宅の運用が可能。契約は一度でOKですから、入居者の入れ替えの度にまた新たな契約を結ばなくても良いと評判です。

マンスリーマンションにも対応

マイナビBizの展開する社宅管理代行サービスのもう1つのプランとして知られているのが、マンスリーマンションタイプです。月単位でマンスリーマンションの契約を結び、手軽に部屋を借り入れることができます。

マンスリーマンションタイプもサブスクリプション型社宅と同様、敷金・礼金などは一切不要で利用できます。まとまった人数の住居を研修期間中だけ借り入れたり、遠方からやってくる社員の生活拠点を用意したりといった場合に便利です。企業自らがマンスリーマンションを探すとなると、空き状況を確認したり立地条件やエリアなどの情報をリサーチしたりする手間がかかりますが、マイナビBizはそれらの手間を全て代行します。

短期予定や研修時などに必要な立地条件から、家具・家電の設備などなど。あらゆる条件のマンスリーマンションをマイナビBizが代行して探しだし、契約を結ぶまでをワンストップで対応。社員の住居や一時的な生活拠点を探す際におすすめのプランです。

マイナビBizの強み

福利厚生サービスの一環として展開しているマイナビBizの社宅代行サービスには、次のようなメリットがあります。

ビジネスシーンへの理解が深い

マイナビBizと言えば、就職や転職のサービスとして有名です。数多くの社会人と企業たちを結びつけてきたマイナビBizには、業種・職種を問わない多くのクライアントとの結びつきがあります。ビジネスにかかわる多くの場面に立ち会ってきたマイナビBizだからこそ、ビジネスシーンを根深く理解した上での社宅代行サービスの提案を可能としています。

今、最も企業に必要な社宅サービスは何か。社宅を利用する人数や必要な条件・立地など、細かな状況に合わせて社宅の代行サービスを提案。研修のためや遠方での工事・常駐など…社宅が必要になる状況はたくさんあります。マイナビBizは社宅が必要になったストーリーから理解することで、本当に適切と言える社宅を探し出してくるのです。

物件探しから入居までを完全サポート

社宅制度を導入するにあたって、企業が負担しなければならない手間はたくさんあります。まずは条件に見合った物件探しから始まり、次に入居手続きや入居した社員の把握・管理、物件のサポートなど…。マイナビBizはこれらの対応を全て代行するため、企業側の負担を大幅な軽減が可能です。

企業側がしなければならないのは、希望している物件の条件をマイナビBizに伝えるだけ。希望条件さえ伝えておけば、後はマイナビBizが適切な物件を見つけて社員の入居手続きまでを済ませてしまいます。社宅管理における人的コストや作業時間を減らしたい場合に、大きな貢献を見せてくれます。

敷金・礼金・仲介手数料は無料

社宅管理代行サービスにありがちな敷金・礼金・仲介手数料などの費用が、マイナビBizでは一切かかりません。シンプルに期間ごとの料金を支払うだけで社宅管理代行サービスを受けられる点は、社宅管理にかかるコストを大幅に下げ、企業全体での節約に繋げます。

初期費用が高くなりがちなのが社宅管理代行サービスのよくある悩みとして挙げられますが、企業側のコストパフォーマンスを重点的に考えているのがマイナビBizです。これまで数多くの企業と関わってきた経験もあり、予算の面に理解を示して柔軟な対応を取ることができます。

電気・ガス水道など年中無休のサポート

マイナビBizの行う社宅管理代行サービスの中には、電気やガス・水道の手続きも含まれています。社宅を利用する際に必要な光熱費や水道・ガスの手配も漏れなく行うため、人事担当や総務担当者の負担を大幅軽減。もちろん入居者が手間を裂く必要もありません。

また、社員が入居後に部屋でトラブルに遭った際も、365日24時間体制でサポートに応じます。住居トラブルや入居者間のトラブルなど、人事や総務担当が行っていた業務も代わりに行います。企業が必要とする業務には柔軟に対応してくれるため、臨機応変さにも定評があります。もちろん入居者に対してだけではなく、企業に対してもスピーディなレスポンスを返してくれるのがマイナビBizの強み。急きょ社宅の手配が必要になった場合や、「家電あり」など条件付きの物件を確保したい場合にも、すぐに問い合わせてスピード契約が可能です。

詳細で分かりやすい物件説明

マイナビBizは企業側から問い合わせて物件を探し始めることもできますが、ホームページ上に物件を掲載しているため、そこから気になった物件を問い合わせるのも可能。掲載されている物件には詳細に立地や条件が説明されており、企業側が改めてリサーチする必要がありません。

最寄の病院や駅・スーパーなど、入居者にとって本当に必要な情報が揃えられているため、必要になったらすぐに契約に結び付けられるのが強みです。不明点について問い合わせればいつでも対応して貰えるのが、社宅代行サービスとしての心強い点です。

実績やサポート力で比較!
おすすめの社宅管理代行会社を紹介しています≫

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP