HOME » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » NTTビジネスアソシエ

NTTビジネスアソシエ

転貸方式で社宅管理代行サービスを提供する、NTTビジネスアソシエを調査。特徴や導入事例・評判を紹介しています。

NTTビジネスアソシエによる社宅代行の特徴

NTTビジネスアソシエの社宅管理代行サービスを、3つのポイントにまとめました。

NTTビジネスアソシエの公式サイト画像
画像引用元:NTTビジネスアソシエ(http://www.ntt-ba.co.jp/)

転貸方式の社宅管理代行で稼働削減とリスク回避を実現

NTTビジネスアソシエの社宅管理代行サービスは転貸方式

アウトソースすることで実務稼働は大幅に削減できますし、敷金関連のオフバランス化など債務リスクを回避するのに適しています。

社宅管理代行サービス「teNta Ace(テンタエース)」

2016年1月に「teNta Ace」(テンタエース)という名称に決定した、NTTビジネスアソシエの社宅管理代行サービス。このteNta Aceを利用すると、業務の稼働を大幅に削減することができます。

借り上げ社宅に関してフルアウトソーシングでき、管理を一元化。解約時には敷金が100%返金されるので、負担を軽減できるというメリットも。コスト削減や品質向上が実現可能となります。

NTTグループはじめ多数の社宅管理実績あり

NTTグループ企業からの受託をはじめ豊富な実績がある点も同社の特徴です。

日本を代表する企業グループの社宅管理で培ったノウハウは、高品質なサービスを約束してくれます。

NTTビジネスアソシエの他にも
安心の実績、サポート力の社宅代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

社宅管理代行をNTTビジネスアソシエに依頼している企業の事例を調べてみました。

社宅代行サービスを移行し敷金のオフバランス化を実現

借り上げ社宅の敷金が、経営上のキャッシュフローに影響するほどの状況でした。社宅戸数は約1,300戸で、これを転貸方式の社宅管理代行サービス「teNta Ace(テンタエース)」に移行。敷金など預入金をオフバランス化することができました。

社宅化に関する人的コストの削減に成功

住宅手当支給を行っていましたが、借り上げ社宅に切り替える際に、社宅管理代行を導入しました。社員が契約していた賃貸住宅約600戸の名義変更を短期間で実行でき、管理業務に関する人的コストを削減することができました。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP