社宅管理代行会社ガイド » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » Renton

Renton

Rentonの特徴

総務のストレスをまるごとカットするというコンセプトで社宅代行サービスを行う、Rentonの特徴をご紹介します。

Rentonの公式サイト画像
画像引用元:Renton公式サイト(http://renton.co.jp/business/)

総務の業務をまるごと代行

社宅の運用にあたり、企業の総務がどれほどの負担を抱えるかをRentonではしっかり把握しています。だからこそ総務のストレスや重荷となっている業務を全て引き受けるというコンセプトのもと、本当の意味で「助かる」と言える社宅代行業務を遂行しています。物件探しの際には社宅に欲しい条件を隅々までヒアリング。多彩な情報網を活かし、理想に見合った物件を斡旋します。

物件の斡旋をした後は契約業務や管理、支払いの対応と管理まで漏れのないよう丁寧に行います。煩雑な管理業務をRenton専門家の手でスムーズに行うことで、総務が負担していた社宅管理にまつわる業務は一切必要なくなります。特に賃貸借契約には専門的な知識があるだけで有利に物件を決めやすく、よりお得でスムーズに社宅管理を行えるようになります。

業務を簡素にする社宅借り上げシステム

Rentonの展開する「社宅借り上げシステム」では、社宅となる物件の斡旋から管理業務の全てを引き受けています。Rentonが社宅業務の窓口として対応するため、入居者からのクレームやトラブル相談を受け付けたり、物件の選定や申込み・内見をしたりといった煩雑な業務から解放されます。

委託企業の担当者が社宅業務で行うのは、Rentonが事前に選定・確認した物件や契約内容を改めて確認するほか、契約・解約の承認や支払業務を行ったりするだけ。豊富な不動産知識を持つ専門家が物件の設備や契約内容にあらかじめ目を通しているため、専門知識のない企業担当者でも簡単に社宅業務を遂行できます。

Rentonの強み

企業担当者のことを考えて展開されているRentonの社宅代行サービスには、次のようなメリットがあります。

要望に忠実な質の高い社宅を運用可能

Rentonは不動産会社として数多くの物件仲介サービスを行ってきた会社。築かれた情報ネットワークも多大なものになっており、全国どこでも社宅として運用できる物件を見つけ、斡旋するスキルを持っています。不動産の専門知識と経験の豊富なスタッフが、取引先とのやり取りと確かな審美眼により、質が高く社員が心から満足できる社宅を提案します。

希望物件には「家電付き」や「インターネット回線付き」、「駅から近い」など細かな条件を課すこともできます。専門法人スタッフが賃料や契約内容の交渉にも応じるため、企業にとって低コストでハイクオリティな社宅の運用を実現します。全国に関連協力業者が存在することも、社宅斡旋の質を高めている一要素です。

効率的なサービスで業務とコストを削減

Rentonに社宅代行サービスをアウトソーシングすることにより、入退去時に必要な手続きや契約管理、支払業務に使う窓口が一本化されます。これにより企業担当者の業務内容が軽減されると同時に、必要になる人事コストを大きく削減することが可能になります。窓口が一本化されることで賃料の振込手数料や書類にかかる資源コスト、郵送料金といった細かな費用が削減されるのも経済的です。

また、Rentonの専門法人スタッフにより原状回復などの交渉も行います。削れるだけのコストを可能な限り削減することにより、効率性と経済性を両立させた社宅運用を提案しています。

建物の管理だけにとどまらない

社宅の管理だけでなく、購入する建物の質にもこだわっているのがRentonです。全国にあるRentonに関連する協力業者により、どの地域でも迅速な対応ができるよう配慮しています。新年度、人事異動が多い繁忙期と言われる時期にもさまざまなサポートに対応することで、会社の繁忙期に社宅の管理に大幅な経費が割かれることがなくなるように対応してくれます。

実績やサポート力で比較!
おすすめの社宅管理代行会社を紹介しています≫

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP