社宅管理代行会社ガイド » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » スターツコーポレートサービス

スターツコーポレートサービス

グループ企業のノウハウを集約したスターツコーポレートサービスの社宅管理代行サービスを調査。特徴や導入事例・評判を紹介します。

スターツコーポレートサービスによる社宅代行の特徴

スターツコーポレートサービスの社宅代行について調査した結果をまとめました。

スターツ・コーポレートサービスの公式サイト画像
画像引用元:スターツコーポレートサービス株式会社(https://www.starts-cs.co.jp/)

総合不動産企業グループならではのトータルサポート

スターツグループは不動産に関する総合企業です。社宅管理では、賃貸仲介事業や物件管理などで培ったノウハウを活かし、サービスを提供しています。

グループ企業のネットワークを活かし、物件探し・各種手配・手続き・メンテナンス・トラブル対応など、全てを含めた対応を依頼可能。細々した業務を一本化できるので、業務負担を軽減できますね。

ウェブを使った社宅管理状況のチェックシステム

スターツコーポレートサービス独自のサービスとしてウェブ上で社宅管理状況を確認できる「ベストレスポンスシステム」があります。

入居希望の社員は24時間365日物件検索ができて、担当者もリアルタイムでの情報共有が可能。急な転勤でも対応することができます。また、申請・承認手続きなどを大幅に簡略化できるので、担当者側の負担も軽減させることが可能となります。

海外での社宅物件紹介にも対応

企業グループとしては、25年以上海外での不動産取引実績があり、海外勤務に伴って必要となる物件探しでも、そのノウハウが生かされています。

世界22ヶ国に34もの拠点があるため、ネットワークを利用して全面的にサポート。長期出張だけでなく、海外進出のために必要なオフィスや店舗といった物件選びにも役立ちます。

新規業務と更新業務を担当

スターツコーポレートサービスには、社宅管理業務が2つのチームに分かれているのが特徴です。

新規業務では、転勤などで新しい部屋を探している方のサポートを専門的に行っています。自社用の社宅がない、新規オープンでコネクションがないという場合でも、働きやすく通勤にも便利な環境が整った新しい部屋を確保し、社員の方が安心して引っ越せる手配をスムーズに行います。

更新業務は、普通は自分でやらなくてはいけないこまごました更新作業を一括でサポート。更新の手続きは、忙しい毎日の中だとつい後回しになってしまったり、うっかり忘れてしまうということが少なくありません。

スターツコーポレートサービスに任せておけば、更新手続きのせいで仕事に支障が出てしまったなんてことも防げます。

1チームで約40社のクライアントをサポートしているので、多くの物件情報を蓄えているのも強みと言えるでしょう。

手配数は年間で2万件以上ですから、社宅に適した物件を的確に選べるので、実際に契約してから失敗だった、なんてこともありません。

専門性を活かしてコストダウンも可能

スターツコーポレートサービスは、オフィス用物件紹介やビル管理、建築・改修など不動産に関する総合事業を行うスターツグループの100%子会社。

ですので、いろいろな不動産業務の経験がある社員が多数在籍しています。ゼロから社宅事業に関わるのではなく、他業種の知識を持ち合わせたプロフェッショナルでチームを作っていますから、単に社宅の手配をするという仕事はしません。

例えば、よくトラブルになる退去の際の修繕費や補修費でも、見積書を見ただけで適切な価格なのか、修繕単価が高いかを判断できます。

高すぎるのであれば、根拠に基づいて価格交渉を行いますから、ムダな費用を払うこともありません。

他にも、クライアントではなくオーナーが支払うはずの区分を見分ける知識を持っている社員もいるので、あらゆる面でのコストダウンを可能にしています。

社宅は、入居だけではなく退去費用も大きな負担になるのがネックですが、スターツコーポレートサービスに任せておけば、安心して的確なコストカットができるという特徴もあるのです。

実績やサポート力で比較!
おすすめの社宅管理代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

スターツコーポレートサービスに社宅管理代行を依頼している企業の事例を調べてみました。

事例1.社宅の業務を軽減

働く男性

社宅の管理は、ただ入居退去の手続きをすればいいだけではありません。そのため、専門部署を設けなくてはいけないほど業務量が多く、人件費のコストの面まで圧迫されていました。

ですが、スターツコーポレートサービスのWebシステムが使えるようになってからは業務量が大幅に減ったので、部署コストも削減できました。

事例2.複雑な業務も一本化できる

社員が働きやすい環境を整えたくても、個々に合わせた社宅を見つけるのはものすごく大変でした。

さらに、業務も複雑で対応の遅れから社員から不満も上がるように。

スターツコーポレートサービスにお願いしてからは、転勤もスムーズで業務効率がアップし、依頼することで逆に利益率もよくなっています。

事例3.偏っていたサービスを均一できた

支店ごとに社宅管理を任せていたのですが、そのためサービスに偏りが出ていました。このままでは仕事のモチベーションに影響が出てしまうので、スターツに社宅管理を委託することに。

今では、どの支店の社宅でもサービスが均等になったので、社員の満足度もアップしています。

事例4.社宅完備で人材を確保

郊外の会社で人材が集まらなかったので、スターツに社宅管理代行をお願いしました。社宅が出来たことで人材もどんどん集まりました。人材派遣や募集費用を考えれば委託費用でマイナスになることはないし、社宅がある方が人材確保できるので大助かりです。

事例5.管理業務が減って仕事効率がアップ

社宅管理は総務部に任せていたのですが、人が移動するたびに業務が発生するkとで仕事効率が悪くなるという悪循環に。スターツにアウトソーシングしてからは管理業務が減ったので、本来の仕事に専念できる環境が整いました

急な社員寮建て替えにも対応

耐震基準の見直しがあったことで、社員寮や借上寮の建て替えが必要になりました。そのため社員を寮から退去させることに。スターツコーポレートサービスに依頼したところ、急な対応にも関わらず紹介していただきました。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP