HOME » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » 日本社宅サービス

日本社宅サービス

人事・総務の課題をトータルサポートする日本社宅サービスの社宅管理代行サービスについて、特徴や導入事例・評判などを紹介します。

日本社宅サービスによる社宅代行の特徴

日本社宅サービスの社宅管理代行サービスを、3つに絞って紹介します。

日本社宅サービスの公式サイト画像
画像引用元:日本社宅サービス株式会社(http://www.syataku.co.jp/)

全国ネットワークによる豊富な物件紹介

同社では【日本社宅ネット】の加盟店において、全国規模のネットワークを持っています。それによって豊富な物件情報の収集が可能となり、条件に適した物件を社宅として斡旋・手配してくれます。

現地の教育・医療施設など周辺情報にも詳しいので、依頼企業は手間をかけずに有益な情報を入手することができます。

提供しているサービスは全国レベルで均一なので、全国どの地域でも物件紹介・契約の手続きともにスムーズです。

社宅利用の相談から入居までの日程、手続きの流れまで熟知しているため、「転勤当日に社宅の都合がつかず、一時的にビジネスホテル等を利用しなければならない」「社宅への入居と決済処理のタイミングが合わない」といったトラブルを心配する必要もありません。

また、社宅利用時は契約の初期費用が2割〜3割程度安くなる「得々サービス」も利用できます。社宅の手配に必要な手間を省略しつつ、コストカットも期待できるわけです。晩婚化などによってライフスタイルが多様化している現代において、社員に合わせた条件の物件を選べるのは大きなメリットといってよいでしょう。

問い合わせやクレームなどの対応窓口もあり

社宅を利用する社員への対応だけでなく、物件オーナーやご近所からの問い合わせやクレームにも対応してくれます。

時にはデリケートな対応が要求される業務だけに担当部署にとっては大きな負担軽減に。

問い合わせやクレームへの対応力は、会社ごとにまったく違います。下手な対応だと、クレーム対応を任せた結果近隣住民やオーナーとのトラブルを大きくし、今後の社宅利用を困難にしてしまうというケースもあります。社宅利用者側の立場にいながら、丁寧で柔軟な対応ができるよう対応窓口をもっているのが特徴です。

また、関係者の意見をフィードバックすることで、サービスの品質向上にも役立てていることも評判のひとつなのだそう。

本部と加盟店の間で行われるフィードバックには、事例等も含まれています。加盟店によって対応のレベルや丁寧さが変わらないよう定期的に研修も行われており、加盟店のサービスを利用していてトラブルが起きてしまった場合は問題解決のために本部が動いてくれるのもポイントです。

企業の住宅制度のコンサルティングや社有施設管理にも対応

社宅管理代行サービス以外にも、住宅制度のコンサルティング社有施設の管理にも対応している点は同社の大きな特徴。

同社の提案は、既存の契約をただ提示するだけではありません。200社前後もの導入実績からくる経験により、福利厚生の充実度や社宅に求める条件、必要となる予算、社宅の規模ごとにカスタマイズしたプランを提案してくれます。

現状の把握から必要なサービスの取捨選択までやってくれるため、単に社宅探しや社宅管理の面倒を任せるというよりも、社宅の利用を通じて会社の無駄をなくし、福利厚生を充実させることを目的としたサービスです。

会社に在籍している社員属性等に合わせた分析や、多様化するライフプランに寄り添う提案ができるのは、数多くの提案実績と全国にある各加盟店との間で行う情報共有がきちんと機能しているからでしょう。

日々の業務や営業目標、売上予測についてはきっちり詰めていても、福利厚生に関してはなんとなく創業当時のシステムを利用しており、深く考えたことがないという会社は多いです。

そこで頼りになるのが下記の4つの診断・提案サービスをセットで利用できる住宅制度総合診断サービスです。

会社ごとに異なる福利厚生制度や資産の活用状況を、コンプライアンスや投資効果、有効性、効率、客観的な評価といった面から多角的かつ客観的に診断したうえで、ニーズに合わせた提案をしてくれます。

「自社の社宅制度がよいものなのかどうかがわからない」「社宅制度をどこまで突き詰めるかまだゴールを決めていない」といった企業でも、第三者から見た客観的な診断データをもとに目標を決めることができるため、サービス利用の満足度は高いでしょう。

社宅管理のシステム導入社有施設への投資効果をアップするといったニーズにも応えてくれます。

日本社宅サービスの他にも
安心の実績、サポート力の社宅代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

日本社宅サービスに社宅管理代行を依頼している企業の事例を調べてみました。

費用負担の見直しに成功

社宅の入居者と会社側との費用負担を見直しました。費用負担を見直しました。

それぞれの負担項目や区分を明確にすることで入居者の使用料の算定根拠をクリアに。それによって入居者の負担に対する受益感にギャップがなくなり、満足度が上がりました

社宅管理システムを導入して効率化

社内に社宅管理システムを導入。FAXで行っていた各種申請手続きをインターネットに置き換えることで管理を効率化しました。

また、社宅に関する経費情報が一元管理できるようになったことで、予算管理や決算対応もスピーディに行えます。

社宅利用者と賃貸物件利用者の格差を解消し満足度アップ

地域の賃貸物件と社宅の品質を合わせることで、賃貸利用者にとっても社宅利用者にとっても公平感のある福利厚生を実現しました。

住む場所によって不公平感を覚えないようにした結果、社員の満足度も改善。また、多様化してきた物件へのニーズに応えることができるようになったため社宅の空き室が減り、空き部屋が出ることによる経費のロスも削減できています。

効率重視のクリアな管理会社選びでコストを見直し

会社が所有する施設の管理を関連会社に任せていたところ、メンテナンス業者等の選定になれあいを感じたため、チェック機能を強化。不透明な部分をクリアにしたことで、発注時にコスト重視の業者選びができるようになり、コストを抑えることに成功しました。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP