HOME » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » 日本社宅サービス

日本社宅サービス

人事・総務の課題をトータルサポートする日本社宅サービスの社宅管理代行サービスについて、特徴や導入事例・評判などを紹介します。

日本社宅サービスによる社宅代行の特徴

日本社宅サービスの社宅管理代行サービスを、3つに絞って紹介します。

日本社宅サービスの公式サイト画像
画像引用元:日本社宅サービス株式会社(http://www.syataku.co.jp/)

全国ネットワークによる豊富な物件紹介

同社では【日本社宅ネット】の加盟店において、全国規模のネットワークを持っています。それによって豊富な物件情報の収集が可能となり、条件に適した物件を社宅として斡旋・手配してくれます。

現地の教育・医療施設など周辺情報にも詳しいので、依頼企業は手間をかけずに有益な情報を入手することができます。

問い合わせやクレームなどの対応窓口もあり

社宅を利用する社員への対応だけでなく、物件オーナーやご近所からの問い合わせやクレームにも対応してくれます。

時にはデリケートな対応が要求される業務だけに担当部署にとっては大きな負担軽減に。また、関係者の意見をフィードバックすることで、サービスの品質向上にも役立てていることも評判のひとつなのだそう。

企業の住宅制度のコンサルティングや社有施設管理にも対応

社宅管理代行サービス以外にも、住宅制度のコンサルティング社有施設の管理にも対応している点は同社の大きな特徴。

社宅管理のシステム導入社有施設への投資効果をアップするといったニーズにも応えてくれます。

日本社宅サービスの他にも、
おすすめの社宅代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

日本社宅サービスに社宅管理代行を依頼している企業の事例を調べてみました。

費用負担の見直しに成功

社宅の入居者と会社側との費用負担を見直しました。費用負担を見直しました。

それぞれの負担項目や区分を明確にすることで入居者の使用料の算定根拠をクリアに。それによって入居者の負担に対する受益感にギャップがなくなり、満足度が上がりました

社宅管理システムを導入して効率化

社内に社宅管理システムを導入。FAXで行っていた各種申請手続きをインターネットに置き換えることで管理を効率化しました。

また、社宅に関する経費情報が一元管理できるようになったことで、予算管理や決算対応もスピーディに行えます。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP