HOME » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » タイセイ・ハウジー

タイセイ・ハウジー

タイセイ・ハウジーが行う社宅管理代行サービスの特徴や評判を紹介します。

タイセイ・ハウジーによる社宅代行の特徴

タイセイ・ハウジーの社宅管理代行サービスには、5つの注目ポイントがあります。

タイセイ・ハウジーの公式サイト画像
画像引用元:株式会社タイセイ・ハウジー(http://www.taisei-hs.co.jp/)

社宅代行サービス業界のパイオニア

タイセイ・ハウジーは、日本で初めて社宅代行サービスをスタートした、業界のパイオニア。

1995年のサービス開始から2016年6月時点で、受託企業数は550社、受託管理件数は103,902件という、業界トップクラスの実績を上げている会社です。

多くの企業をサポートしたことによって蓄積されたノウハウを駆使し、さまざまな業界・業種の社宅に関する問題を20年以上解決してきた実績は、他社にはない強みでしょう。

社宅管理業務の90%以上を代行できる独自システム

タイセイ・ハウジーは、独自開発した「ANSWER」という管理システムを提供。これは、社宅管理業務に関わる担当者のニーズに応えた、業務のスリム化・均質化・良質化を実現するサービスです。

全国42店舗の直営店と、1,800数社もの優良賃貸不動産会社のネットワークから、リアルタイムで社宅(物件)の情報を入手可能。また契約・更新・解約業務、原状回復精査・敷金精算、問い合わせ対応などの経過報告まで、担当者がWeb上で簡単にチェックできます。

ANSWERシステムを活用することにより、新規契約にともなう物件選びをはじめ、契約書類の作成・提出や更新時に必要な手数料の支払い手続き、解約時の敷金精算など社宅管理業務の90%以上の代行が可能となるため、コスト削減に悩む担当者にとっては、特に注目したいサービスと言えそうです。

社宅管理を超えたフルサポートサービス

借り上げ社宅や社有社宅の管理代行サービスだけでなく、各種サポートが充実していると評判のタイセイ・ハウジー。転勤による留守宅の管理代行や引越し手配、駐車場管理から車・家具・家電のリースまで、あらゆるニーズに対応してくれます。

電話やメールだけでなく定期的に面談を行い、対面で企業をフルサポートしてくれる真摯な対応は、他社にはない魅力です。

60%超えの敷金回収率

長年社宅を利用していると、部屋の破損や汚損などによって修繕が必要となるケースは少なくありません。

修繕には賃借時に預けた敷金が充てられるため、場合によっては敷金がまったく返還されないことも。

その点、タイセイ・ハウジーは大手総合不動産業として社内にありとあらゆる専門スタッフを常駐させているので、原状回復についてプロフェッショナルな対応を期待できます。

建物の建設・施工・管理に対するさまざまな知識と経験を活かし、専門スタッフがクライアント視点で原状回復異様の精査にあたってくれます。

その内容は適正かつスマートで、無駄なところは一切なし。

その証拠に、これまでの敷金預入資金総額720,637円(敷金精算総件数5,172件)のうち、原状回復費用にかかった総額はわずか「275,673円」のみに留まっています。

差額である敷金改修総額は444,963円にも上っており、その敷金回収率は脅威の61.75%と半数超えをマーク。

これまで敷金の回収率が低く、余計な出費を強いられていた企業にとっては大幅なコストダウンにつながる嬉しいサービスと言えるでしょう。

全国どこでも良質なサービスを受けられる

他社の場合、都心や政令指定都市など一部地域にしか支店を置いていないなど、事業所の偏りが多く見られます。

また、事業所間の連携が乏しく、支店によってサービスの内容や質にバラつきが出ることも少なくありません。

一方、タイセイ・ハウジーは国内の主要都市に42の事業所を設置しているので、全国どこに行ってもきめ細かなサービスを受けられます。

さらに全国に点在する1,800ものANSWERネット加盟店との連携により、他社にはない広大なネットワークの形成を実現しています。

物件探しはそれぞれの専任担当者が最後まで責任持って担当するので、クライアントが無駄にあちこち振り回される心配はありません。

タイセイ・ハウジーの他にも
安心の実績、サポート力の社宅代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

タイセイ・ハウジーに社宅管理代行を依頼している企業の事例を調べてみました。

事例1. 管理会社変更で社員のクレームを解消

以前の社宅管理会社は、社宅の斡旋が全国対応ではないため、社員からクレームが噴出していました。タイセイ・ハウジーは全国に斡旋組織があり、目的としていた社員サービス向上ができて満足しています。

事例2. 集中管理による業務増大を軽減

各支店で社宅を分散管理していたのですが、サービスにバラつきが出るため、本社で集中管理することにしました。さらに、本社に集中した管理業務を、タイセイ・ハウジーにアウトソーシング。結果、業務負荷の軽減を実現しました。

事例3. 管理体制の偏りを解消

これまでは社宅の管理を各支店に任せていました。しかし、支店によって管理体制に偏りがあり、不満の声が続々と押し寄せられてしまう事態に。

そこで、各支店管理を取り止めすべて本社で一括管理することにしましたが、業務が増大することが見込まれたのでタイセイ・ハウジーに社宅管理をお任せすることにしました。

おかげで本社に集中した業務が大幅に削減され、短期転勤に対するサービスの拡充にも成功しました。

事例4. 業務のほとんどを代行してもらえて大助かり!

経営の見直しにともない、全社宅の8割弱を占めていた会社所有の社宅を廃止したところ、それに変わる物件探しおよび管理業務が大幅に増加してしまいました。

我が社のみですべての業務を行うのは不可能と判断し、タイセイ・ハウジーの利用を開始。物件の選出から契約書類の作成、更新手続きなど借り上げ社宅に係る業務のほとんどを代行してもらえて本当に助かりました。

事例5. 滞っていた業務の円滑化に成功

以前は本社がまとめて社宅の管理業務を担っていましたが、度重なる新規契約および解約により対応が徐々に追いつかなくなってしまいました。

結果、担当者の負担が大きくなったのはもちろん、転勤する社員にも社宅の入居・退去時に迷惑がかかるというトラブルが頻発したため、思い切ってタイセイ・ハウジーのサポートを借りることに。

さすが不動産業のプロだけあって、業務の大半を請け負ってもらい、滞っていた業務がスムーズに流れるようになりました。

会社概要

 

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP