HOME » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » 東京建物不動産販売

東京建物不動産販売

総合不動産流通企業である、東京建物不動産販売の社宅管理代行サービスの特徴や強みを紹介します。

東京建物不動産販売による社宅代行の特徴

東京建物不動産販売が提供する社宅代行サービスの、大きな特徴を調べてみました。

東京建物不動産販売の公式サイト画像
画像引用元:東京建物不動産販売株式会社(http://www.ttfuhan.co.jp/)

スタッフの大半が宅地建物取引主任者の資格所有者

東京建物不動産販売のスタッフは、90%以上が宅地建物取引主任者の資格所持者。不動産取引に精通しているので、社宅管理はもとより不動産全般に関する相談に応じてくれます。

扱っている物件情報も豊富で、全国の不動産会社と提携して希望条件に合った物件を社宅として選ぶことが可能。賃貸契約時の交渉や契約手続きでトラブルが起こっても、迅速に対応してくれるので安心して社宅の代行をお願いできます。

依頼企業のニーズに合わせたカスタマサービス

専門スタッフが依頼企業側の現状や改善したい点、解決したい課題などをリサーチした上で、幅広いニーズに合わせたメニューを提案。賃貸に関する保険会社の紹介や、転勤中の留守宅管理など、必要なサービスを必要な分だけ提供してくれます。

社宅代行サービスを受けることで、依頼側の人件費や社宅に関わる業務時間などが大幅に削減できるので、お得にコストカットを実現できますよ。

豊富な知識による手厚いサービス

物件の紹介から契約の手続き、契約書類の保管まで、依頼側の負担を軽減するサービスが豊富な東京建物不動産販売。解約時による清算業務も行なってくれるので、金銭に対するトラブル対策もばっちりですし、煩わしい契約更新手続きも代行してくれるので、業務負担を軽減したい会社におすすめです。

窓口が一つなので依頼側の管理がしやすい上に、専門スタッフが毎月訪問してくれるので、問題が大事にならない初期段階で処理できます。小まめに要望を聞いて、迅速に対応してくれる点も信頼できるポイントです。

東京建物不動産販売の他にも、
おすすめの社宅代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

東京建物不動産販売の導入事例・評判の情報は見つかりませんでした。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP