HOME » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » 東急社宅マネジメント

東急社宅マネジメント

東急社宅マネジメント(旧:東急リロケーション)が提供する、社宅管理代行サービスの特徴や導入事例・評判を紹介します。

東急社宅マネジメントによる社宅代行の特徴

東急社宅マネジメントの社宅管理代行サービスは、以下3点が大きな特徴となっています。

東急社宅マネジメントの公式サイト画像
画像引用元:東急社宅マネジメント株式会社(http://tokyu-corporate-housing-management.co.jp/)

社宅管理代行を任せて得られるメリット

東急社宅マネジメントの社宅管理代行サービスを受けることで、現在担当者が行っている社宅管理業務を、約80%も削減することができます。

また、原状回復費用や手数料、社宅管理に関わる社員の人件費といったコストを軽減。そして、専門業者の知識やノウハウなどにより、異動する際もスピーディーに対応することが可能となります。

借り上げ社宅管理は転貸と代行の2プランあり

転貸プランで社宅管理を依頼する場合、企業は契約手続きを東急社宅マネジメントに一本化できるので、敷金のオフバランス化も含めてコストダウンや業務の軽減が図れます。一方、代行プランの場合、貸主との契約は企業が締結し、業務代行を依頼することになります。

国内企業は財務管理という意味合いからも転貸プランの利用が多く、物件ごとの条件やニーズが多様な外資系企業では代行プランが好評を得ているようです。もちろん、転貸と代行のプランをベースにして、企業のニーズに合わせたカスタマイズも可能なので、企業ごとに柔軟な対応を依頼できますよ。

WEB上で各種手続きができる管理システムを提供

物件探しや入居、解約の手続きなど、社宅に関する管理を一元化できるWEBシステム「TORUS(トーラス)」。

オプションサービスではありますが、紙で管理していたものをペーパーレス化することにより、安全性が高く、コスト削減や業務効率化に適しています。

東急社宅マネジメントの他にも、
おすすめの社宅代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

東急社宅マネジメントに社宅管理代行を依頼している企業の事例を調べてみました。

業務増加に対する負担軽減と効率化

マイナンバー制度の導入によって、今後社宅に関する業務が増加することになります。その効率化を図るために、東急社宅マネジメントの社宅代行サービスを利用することにしました。
転貸方式にプラスし、オプションでWEB管理システムのTORUSを利用。これまでFAXで行っていた申請をペーパーレス化。それにより、担当者の社宅関連業務が軽減されました。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP