社宅管理代行会社ガイド » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » 司ネットワークサービス

司ネットワークサービス

司ネットワークサービスが提供する、社宅管理代行サービスの特徴や導入事例・評判を調べてみました。

司ネットワークサービスによる社宅代行の特徴

司ネットワークサービスの社宅管理代行サービスには、3つの注目ポイントがあります。

司ネットワークサービスの公式サイト画像
画像引用元:司ネットワークサービス株式会社(http://syataku.tokyo/)

身ひとつで入居できる家具付き社宅を提供

ウィークリーマンションサービスのパイオニア企業である、司ネットワークサービス。長年培われたビジネス基盤を活かして、家具付きの賃貸物件を社宅として提供しています。

一般的な賃貸物件を社宅として新規契約する場合、全ての家具家電を用意するとなると、社宅管理部署にとってもコスト面でも大きな負担です。家具付きの社宅だと、コストや手配の手間が大幅に軽減されます。

依頼業務をニーズに合わせてカスタマイズで提供

新規・定期・更新・解約といった区分で依頼業務をカスタマイズできる点も特徴です。まるごとアウトソースすれば業務負担は大きく軽減できますが、その分コストがかかります。

企業側の体制やポリシーに合わせて依頼内容を調整できるため、アウトソースした方が良い業務だけを任せることで、費用対効果が高い社宅代行を依頼することができますよ。

手数料や会員費がかからない割安な費用設定

借り上げ社宅を利用する場合は、新規・解約業務がセットになった月額費用が不要な「ゼロプラン」を利用できます。社宅代行会社の中には、手数料・会員費・登録料が発生するところもありますが、司ネットワークサービスならそうした経費はかかりません。

また、ショートステイでは利用料と光熱費のみで、1泊からの利用も可能。出張時の宿泊費も合わせて依頼することで、コスト管理も効率化できます。

実績やサポート力で比較!
おすすめの社宅管理代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

困難だった管理の一元化に成功

社員がそれぞれ賃貸物件を見つけてくるため、社内の規定に沿っていなかったり不動産会社もバラバラだったりして、管理業務の負担が増える一方でした。司ネットワークサービスが窓口となり、社宅規定や物件の斡旋を行ってからは、一元化されて管理業務の負担を大幅削減することに成功しています。

処理速度の向上と人的コスト削減を実現

社宅に関することは社員一人だけで行っていたため、さまざまな処理が追いつかず、本来やるべき業務にまで手が回りませんでした。司ネットワークサービスのトータルサポートプランを利用することで、社宅管理に関することはすべて任せられ、担当していた社員も本来の業務に取り組めています。

バラバラだった管理に四苦八苦していました

社員が各々賃貸物件を探してくるため、管理が煩雑になって大変な状況でした。

中には社内規定に合っていないものもあり、不動産会社もバラバラなのでどうすれば良いのか迷っていましたが、ゼロプランを導入したことで社内規定の照合や物件斡旋まで可能になりましたので、社宅の管理が行いやすくなりました。

社宅管理業務の負担が軽減

それまで、社員が他業務の合間合間に社宅の手配から管理を行っていたことから、大きな負担となっている状態で、社宅関係作業のせいで本来の業務そのものにも支障をきたしてしまいました。

そこでトータルサポートプランを導入することで、社宅管理を全てお任せにしました。それまでの担当者は確認と承認のみになり、本来の業務もこなせるようになりました。結果的に人的コストも削減できました。

バラバラだった振込先の問題が解決

システムを導入するまで、毎月家賃の振込先がバラバラだったので、業務はもちろん振込手数料も高額になっていました。司ネットワークサービスの、トータルサポートオプションプランの支払い代行を活用したことで、支払いが簡単になりました。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP