社宅管理代行会社ガイド » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » URBAN FORCE

URBAN FORCE

URBAN FORCEの特徴

個人向けの住宅斡旋や法人向けの店舗・事務所の賃貸管理も行っているURBAN FORCEの、社宅代行管理サービスをご紹介します。

URBAN FORCEの公式サイト画像
画像引用元:URBAN FORCE公式サイト(https://www.u-force.jp/index.php/corporate_property/)

要望に忠実な理想の物件を斡旋

URBAN FORCEは個人用の不動産紹介を始め、賃貸ビジネスのサポートや斡旋など、不動産にかかわる多くのビジネスを展開し、支えてきた企業。そのため全国規模で不動産ネットワークを広く持っており、社宅向けの物件として紹介できる情報を数多く抱えています。エリアを問わず、必要になったタイミングで理想の物件をスピーディに照会できます。

社宅として希望する条件があれば、何でも相談できるのがURBAN FORCEの特徴。不動産専門知識に富んだプロが多数在籍しているため、契約内容や物件情報を隅々までプロの目でしっかりチェックし、企業担当者に提案します。不動産のプロが在籍しているのは、賃貸物件の借り上げには大きなアドバンテージです。気軽にプロにアウトソーシングできる会社としてURBAN FORCEは評価を得ています。

社宅の管理業務のほとんどを代行可能

URBAN FORCEで代行対応している業務は、物件の斡旋から入退去時の手続きに加え、支払調書の作成など多岐にわたります。社宅台帳・各種社宅データを一元管理し、分かりやすくフォーマットを整えて委託企業に丁寧に報告。そのため新規賃貸契約業務や更新契約業務が生じた場合にも、スムーズに業務を代行できるのが特徴です。

新規の賃貸契約に関する業務はもちろん、更新契約や解約の精算業務などに対応可能。煩雑な業務で総務の手を煩わせがちな、個人家主のマイナンバー調査や各種保険対応といった社宅の管理業務までさらっとこなす対応力は、企業の頼れるパートナーとして実力を発揮します。解約時の清算業務の他、毎月の家賃送金業務まで一元化してURBAN FORCEが代行するため、企業担当者が社宅管理のために問い合わせる窓口が一本化され、業務負担を大幅にカットできます。

URBAN FORCEの強み

不動産ビジネスを幅広く手掛けてきたURBAN FORCEには、次のような強みがあります。

あらゆる受付窓口を代行

社宅の管理業務として、様々な相手からの問い合わせに対応する受付窓口としての役割は欠かせません。人間的な対応力と柔軟さが問われるためストレスを膨らませがちな業務だからこそ、URBAN FORCEは積極的に代行対応しています。入居者からの問い合わせはもちろんのこと、不動産会社や管理会社、貸主など…社宅に関係する全ての相手からの窓口として対応します。

契約更新やトラブル相談などの問い合わせがあった際には、すぐに的確な対応を取って問題の解決に取り組みます。明確に問い合わせ内容をまとめ、確認した情報を委託企業に報告するなど、レスポンスと対応の素早さもURBAN FORCEの強みの一つとして挙げられます。

専任担当と窓口担当による効率的な連携

URBAN FORCEでは、社宅管理代行業務をするにあたって専任担当と窓口担当に分かれて、連携を取りながらスピーディな社宅管理の代行を行っています。窓口担当は委託企業の社宅担当者と密に連絡を取りながら、必要が生じた際にすぐ対応できるよう万全の準備を行っています。対して専任担当は、管理会社や社員、借主などと連絡を取って代行業務を遂行。

それぞれの分野で経験豊富なスタッフが担当を各自持つことにより、スムーズで隙のない社宅運用が可能となるのです。信頼できるアウトソーシング先として、質が高く丁寧に運用できる社宅を実現。引っ越しの見積もりや家電レンタル・家具付き物件の手配など、ケースバイケースで柔軟な対応を取れる秘訣の1つです。

実績やサポート力で比較!
おすすめの社宅管理代行会社を紹介しています≫

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP