社宅管理代行会社ガイド » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » 社宅管理の費用と業務負担を軽減する宇部情報システム

社宅管理の費用と業務負担を軽減する宇部情報システム

宇部情報システム「借上くん」の特徴

長年のシステム開発のノウハウを詰め込んで作られた借上くんを提供している宇部情報システム。ここでは、低コストで管理業務を効率化できる借上くんの特徴をご紹介します。

宇部情報システムの公式サイト画像
画像引用元:宇部情報システム(https://www.uis-inf.co.jp/)

社宅管理に必要な業務に対応できる多彩な機能

社宅管理を完璧にこなすには、建物や入居者の情報管理はもちろん、あらゆる資料の出力、各種支払い業務なども漏れないようにしなくてはいけません。

こういった業務は個別に管理をするのが一般的ですが、そのため漏れが発生しやすくなります。

借上くんは、これらの多様な業務を一つのフォーマットで管理できます。

借上社宅の新規契約や更新、解約などの情報登録ができる契約管理、不動産使用料などの支払い調書など法定調書お作成できる支払調書、全銀協指定形式で作成できる家賃や仲介料などの銀行振込データ、入居者の給与控除額お集計できる給与控除などの機能が一つにまとまっているので管理業務を劇的に効率化できます。

また、オプションではマイナンバーの管理や支払調書の作成、社有物件や一括借り上げ物件の空き状況が確認できる物件管理の機能もあるので、管理情報すべてを網羅することも可能です。

カスタマイズ可能な対応力

こういったシステムというのは、規定のツールしか利用できないので、そのツール以外に必要業務やデータ管理がある場合は、他のツールを併用しなくてはいけません。

これが社宅管理を難しくしている理由の一つでもあります。

借上くんも基本的なツールは決まっていますが、自社で必要なツールを加えたり、基本ツールを変えることができます。

借上くんは、フォーマットを売りっぱなしにするのではなく、開発した宇部情報システムが導入後のアフターフォローを行っています。

システム開発のパイオニアがフォローするので、使いづらい点や必要なツールをカスタマイズしながら自社に適した社宅管理システムを構築できるのが特徴です。

宇部情報システムの強み

手軽な操作性

社宅管理システムというのは、開発会社が独自に作成したフォーマットを使用するのが一般的なので、担当者は操作を覚えるのが大変で、システムを活用するまでにタイムラグが生じることも少なくありません。

タイムラグがないようにするには、管理業務を行いながら操作を覚えなくてはいけないため大きな負担がかかってしまいます。

宇部情報システムの借上くんはInternet Explorer®11やGoogle Chrome™、Microsoft Edgeを活用していますから、誰でも簡単に操作を覚えることができます。

OSもWindows10はもちろん7まで対応しているので、最新のOSを導入する必要もありませんから不要な初期費用も発生しません。

Webブラウザだけで利用できる

システムを導入する場合、サーバーを準備したり最新のOSを用意しなくてはいけかったりしますが、借上くんはWebブラウザさえあればすぐに利用することができるクラウドサービスです。

また、利用料金もリーズナブルなので、必要なツールとしての申請も通りやすいのも魅力です。

ホームページのカンタン見積もりを利用すれば、利用料金と軽減される業務負担の費用対効果も分かるので、一度無料診断をしてみましょう。

費用負担と削減できる業務を比較すれば、手軽に利用できる価値の大きさを実感できます。

実績やサポート力で比較!
おすすめの社宅管理代行会社を紹介しています≫

宇部情報システム「借上くん」の口コミ

ここでは、実際に借上くんを導入し、運用している会社の口コミをご紹介します。

基本情報

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP