HOME » 社宅制度の基礎知識をおさらい » 社員寮と社宅の違い

社員寮と社宅の違い

社員寮と社宅ではどこが違うのか、それぞれの定義や形態について解説しています。

単身者向けとファミリー向けの違い

単身者向けとファミリー向けの違い社員寮と社宅の違いはどこにあるのか疑問を持つ人がいるかもしれませんが、実はこの2つに明確な規定が存在するわけではありません。

どちらも会社が福利厚生の一環として、従業員のために用意した住居であることは共通していますし、近隣の賃貸住宅より安い賃料で借りられるという点も同じです。社員寮と社宅を区別していない会社では、両方とも社宅と呼んでいる場合もあります。

一般的な違いをあえて説明するならば、社員寮は単身者向けで、社宅はファミリー向けと分類することができます。

社員寮は一人部屋だけでなく、一つの部屋に数人で住むルームシェアタイプがあったり、単身で暮らしていても不自由が無いように、食堂が付いている場合があります。

また寮内に遊技場があって社員同士で遊んだり、コミュニケーションができるなど一般の賃貸住宅にはない暮らしが可能なのも特徴の一つです。

一方、社宅は民間のマンションやアパートと形態的にはほとんど変わらないと考えてよいでしょう。社員寮のように共同の食堂やお風呂、遊技場はありません。

また家族向けの社宅であれば、当然ながらワンルームではなく2DKや3DKといった広い部屋に住むことができます。

家賃はどの程度と考えればよいか

家賃に関しては会社によって違いますし、社員寮や社宅の賃料を公開していることは少ないので一概には言えませんが、周辺の賃料相場より安いことは確実と言えるでしょう。

社員寮の場合は平均すると、25,000円~30,000円程度が多いと言われていますが、食堂がある場合でも、食費に関しては別途かかると考えてよいでしょう。

社宅に関しては、最近借り上げ社宅の割合が高くなっていますが、この場合は共益費用等を含む月額賃借料の◯◯%と定めているパターンが多くなっています。

割合は会社が自由に決めることができますが、おおむね50%~70%程度が相場と言われています。あまり安くし過ぎると給与課税の問題が出てきますし、高い家賃を設定してしまうと社宅の意味が無くなってしまうので、その間の額を基準として設定されます。

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP