HOME » 社宅制度の基礎知識をおさらい » 導入する目的

導入する目的

会社が社宅制度を導入する目的と、どのような効果が期待できるかについて解説しています。

福利厚生の充実を目的とした社宅制度の導入

福利厚生の充実を目的とした社宅制度の導入会社が社宅制度を導入する目的の第一に挙げられるのは、福利厚生の充実です。従業員は自ら部屋を探して借りるよりも、安い賃料で住まいを確保できるので、満足度が高まります

福利厚生なら住宅手当でよいではないかと考えるかもしれませんが、社宅にするのは理由があります。アパートやマンションを会社が借り上げて、社宅として賃料の一部を支払うと、福利厚生費として計上することができ節税になるのです。

一方、住宅手当にしてしまうと、その分給与の増加とみなされるため、経費として計上できないばかりか課税対象となり、社会保険料の負担増にもつながります。社会保険料は従業員と会社の折半で負担することになるので、双方にメリットがありません。

また社宅制度はどんな会社にもあるわけではないので、人材採用をする場合にプラスの効果が期待できます。福利厚生の充実度をアピールすることで、他社との差別化が可能になります。

転勤による社員の負担を社宅活用で軽減

社宅制度導入のもうひとつの目的は転勤対応です。会社や業種によっては転勤の多いケースがあり、転勤命令が出れば社員は基本的に従わなければなりません。

比較的身軽な若い単身者でも、転勤先の住居を探して敷金・礼金を支払うのはかなりの負担です。すでに家庭を持ち、マイホーム購入で住宅ローンの支払いを抱えているような場合では、さらに経済的負担が大きくなります。

こうした負担を少しでも軽減させる方策として、社宅制度を活用することが考えられます。賃料を全額負担してしまうと給与とみなされるため難しいですが、転勤先の賃貸住宅を社宅として借り上げて、低賃料で貸し出せば社員としては手続きも楽になり安心感につながります。

転勤は社員にとってはストレスになり、場合によっては離職につながってしまうことも考えられます。けれども、転勤対応としての社宅制度をしっかり整備しておけば、不平・不満を未然に防止することができ、会社の求心力をアップすることができます。

社宅制度を導入することで得られる恩恵

社宅制度の目的はたくさんありますが、制度導入企業は恩恵を受けられます。恩恵の一つに経費にできるという点です。節税への取り組みをしている企業はたくさんいます。

実際に導入企業の中にはこれによって経費計上しているところもあります。経費と述べましたが生活には福利厚生費になります。社宅制度は家賃の一部を社員に負担してもらう形になります。

例えば15万円の家賃が必要な物件に従業員が住む場合だと5万円を従業員から徴収し、残りの10万円を会社が支払います。この10万円を福利厚生費として計上できます。

しかし、この恩恵を受けるためには必ず従業員から一定の金額を徴収しなければなりません。

例えば無償提供、格安提供をすれば社宅の提供ではなく、給与と判断されます。社会保険の負担が増すことがないという点も恩恵の一つです。社会保険とは会社に勤める方の多くがそれを持ち、万が一怪我や病気等にかかった時に治療費の負担を少なくできます。

しかし、一方で会社と従業員は社会保険料を折半して月々支払わなくてはなりません。企業では社員が一人というケースは少なく、複数の社員を抱えます。社員の数が多ければ多いほどその分社会保険料の負担が増します。社宅制度導入企業は社会保険料の影響がないため企業の中には恩恵を感じられる人が多いです。

導入企業には節税の面以外にも恩恵を取得できます。それは採用力のアップです。今では社宅制度導入企業は多く、もし採用において競合すると福利厚生が充実している会社を求職者が選択しても不思議ではありません。

社宅制度導入企業は福利厚生が充実しているため、採用力を高められる可能性があります。求職者の中には現在住んでいるところが遠距離のため、企業周辺で物件を借りたいという人や、新卒の方の中には就職と同時に一人暮らしをスタートさせたいと考える方も多いです。求職者の選択判断材料に福利厚生はなり得ます。

以前からある社有社宅を持つためには、物件の購入が求められます。アパートやマンションなどそれぞれの企業で購入する物件は異なります。社宅制度を導入して社宅を借り上げしている企業では、このような社有社宅の様に購入する必要がありません。そのため、導入企業は初期投資不要などの恩恵を受けることができます。しかし、資産にはなりません。が、社有社宅は企業が購入、維持をするためその分維持費や管理が必要です。築年数が新しい物件はその分、劣化が進んでいません。築年数が経過すれば外壁工事、配管工事など修理、メンテナンスしなければならない箇所がたくさん現れます。借り上げ社宅の導入企業では実際に所有をしていないため維持費、管理費が不要です。

企業だけが恩恵を受けられるので従業員には関係のない話しだと思う人もいます。しかし、上記で触れた様に社会保険料への影響が少ないので、給料が少なくなる心配が従業員もありません。また、お部屋を自由に選択できるという恩恵があります。社有社宅においては一般的に企業が準備している社宅です。間取りや立地が既に決まっており変更が不可です。しかし、借り上げ社宅では間取りや立地など従業員の好みの物件を選択できます。例えば会社からアクセスの利便性が高いところを選択し出勤時間を短くすることも可能。また、ご家庭で住む従業員の中には間取りに拘りを持っている方もいます。例えば子供部屋を設けるために3LDKの家に住み、家族それぞれのお部屋を準備できる物件に住みたいと考える人も珍しくありません。また、広いリビングで家族との団欒を楽しみたい人、車通勤をしているため駐車スペースが完備されているところを選択したいといった要望を社宅制度導入企業に勤める社員は叶えられます。

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP