HOME » 社宅制度の基礎知識をおさらい » 【番外】駐車場管理代行とは

【番外】駐車場管理代行とは

駐車場管理代行とはどのようなサービスなのか、利用するメリット・デメリットについて解説しています。

駐車場管理代行って何?

駐車場管理代行って何?駐車場管理代行とは、駐車場経営をする際にオーナーに代わって駐車場経営の管理業務を請負うサービスのことを言います。

企業が遊休地を保有している場合、空き地の状態のままでは固定資産税がかかるばかりです。これを解決するために、収益の上がる土地の有効活用法の一つとして駐車場経営が考えられます。

ビルなどを建設するのとは違い、初期投資がそれほどかからず比較的早く始められるのでよいのですが、自社で運営管理を行うと集客から料金回収、清掃、トラブル処理まで行わなければならず、大きな負担となってしまいます。

そうした管理業務を専門の運営会社に委託してしまえば、駐車場経営のノウハウがなくても一定の収益が期待できるというわけです。

駐車場運営会社に管理を委託する場合、契約形態は一括借上タイプと管理受託タイプの2種類あります。

一括借り上げタイプの場合は面倒な業務はすべて任せることができ、駐車場の空き状況に関わらず毎月一定の賃料が支払われます。

管理受託タイプでは、管理手数料は一括借り上げの時より安く済みますが、駐車場代の滞納者がいたり、駐車場の空き状況によっては、賃料収入が減って赤字になる可能性もあります。

駐車場管理代行を利用するメリット・デメリット

自社ですべて駐車場の運営管理を行う場合と比較して、駐車場管理代行サービスを利用するメリットとデメリットを整理してみました。

メリット

デメリット

以上のことから考えると、会社として本格的に駐車場経営を事業として考えるなら別ですが、空き地を有効利用することで固定資産税の負担を軽減したいというようなケースであれば、管理代行会社に委託したほうがメリットは大きいと考えられます。 

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP