社宅管理代行会社ガイド » 社宅制度の基礎知識をおさらい » 社宅で起こりやすいトラブル事例を解説

社宅で起こりやすいトラブル事例を解説

社宅ならでは解決しにくいトラブルは?

1.隣人の騒音トラブル

子ども

社宅に暮らす人の家族構成やライフスタイルなどによって、騒音が気になるという人は多いです。

小さな子どもがいる家庭では、子どもが家中を駆け回る音が下の階に響くこともあるでしょう。単身者の場合は音楽を聴いている音がうるさいということもあるかもしれません。

しかし、居住している者どうしが同じ職場だったり、騒音を発している家庭が自分の上司だったりすると、なかなか苦情を言い出せないようです。

本来はそれぞれが気をつけながら生活するべきなのですが、自分で意識していないうちに他人に迷惑をかけてしまっていることがあるかもしれません。

2.退去時の原状回復費用トラブル

自分で借りた部屋であれば、退去時の原状回復にかかる費用を最初に納めている敷金から支払うのが当然だと考えますが、社宅の場合は会社が支払うものだと思っている人も少なくありません。

特に異動などで社宅での生活を余儀なくされた場合、社宅に居住するのは会社都合になるので、社員が支払う必要はないと考える人も多いようです。

一般的には、社宅を利用するにあたっての規約はきちんと定められているので、その規約に則った形で費用を支払うことになるのですが、社員によっては規約を読んでいない、または後から確認しても納得できないという人がいます。

この場合の交渉を会社と社員で行うのは、なかなか骨の折れる作業です。

3.社宅住人との人間関係トラブル

社宅を利用する社員の家族どうしに多いトラブルが人間関係です。

根も葉もない噂が蔓延したり、社員の立場が家族にも反映され、上司の家族に必要以上の配慮をしなければならなかったり、不愉快な思いをさせられてしまうというトラブルは昔からあります。

家族に相談しても、相手が上司の家族だとなかなか言い出せないため、解決の糸口を見つけることがとても難しいようです。

普通の賃貸住宅であれば起こり得なかったトラブルに、家族がうつ病になってしまうケースも少なくありません。

社宅代行は社宅で起こるトラブルに対応してくれる

宅を巡るトラブルはとても多いうえに、社員どうしや会社内で円滑に解決できないものも多く、会社側は対応に困ることが多々あります。

社宅代行サービスでは、管理業務にこうしたトラブルの相談や対応が含まれているので、会社側も社宅を利用する社員も、何かあったときにサポートしてもらえるという安心感のもと社宅暮らしを継続できます。

社宅管理代行サービスに相談することで、騒音トラブルであれば該当者に一言注意をしてくれる、原状回復費用の支払いについては企業の代わりに社員と交渉をしてくれるなど、対応してもらえます。

第三者を介することで遠慮なく相談し、対応を依頼することができるのは助かりますね。

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP