社宅管理代行会社ガイド » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » 株式会社GIR

株式会社GIR

株式会社GIRの社宅代行の特徴

株式会社GIRは、法人向けに借り上げ社宅の紹介や仲介業務を行っている会社です。ここでは提供している社宅代行の特徴、導入事例などについてまとめています。

株式会社GIRの公式サイト画像
画像引用元:株式会社GIR公式サイト(http://www.gir.co.jp/)

GIRの社宅管理システムはRiding「ライディング」と呼ばれるもので、導入することで企業のあらゆる要望に応え、また企業の資源にメリットを生み出してくれるサービスです。

あらゆる要望に応えてくれる社宅管理システム

GIRの社宅管理システムは、商談や対応窓口を一元化し、専門スタッフが企業の担当者に代わって業務を代行します。社宅物件の紹介から入居中の対応まで窓口となってくれるので、企業の担当者が請け負っていた雑務がなくなります。またGIRが社宅管理の業務を代行してくれることにより、業務だけでなく入出金も一本化することができ、管理業務の負担を軽くしてくれるので効率アップにつながります。 GIRの社宅管理代行は、社宅の契約管理や解約精算など専門知識が必要な業務もしっかり行える経験豊富なスタッフが行います。専門の方に頼めるので安心ですね。また、社宅管理をGIRに代行することで、企業側は人件費や事務消耗費などを削減したり、解約の際に原状回復費を適正に処理してくれたりするので、管理コストをかなり削減することができます。

システム化された代行業務で利便性アップ

Riding(ライディング)を導入すると、企業の担当者は承認作業をするだけであとの業務は代行してくれます。これまでは部屋探しや契約業務、解約業務など社員と家主または管理会社の間に入り雑務に追われていた担当者は、窓口一本化されることにより部屋探しや契約、家主や管理会社のやり取りをすべてRidingに任せることができるため業務の負担を減らすことができます。

社宅に関するよくあるお悩み

社宅を担当する企業の方によくあるお悩みをご紹介します。Riding「ライディング」はこのような悩みを解消し、代行してくれます。

借り上げ社宅の場合

社有社宅の場合

GIRの社宅代行では、このようなお悩みに応えてくれるさまざまなサービスを提供しています。社宅業務を担当している方で上記のようなお悩みを持っている方は一度相談してみると良いでしょう。

GIR社宅管理システムRiding「ライディング」の豊富なオプションメニュー

Riding「ライディング」は、基本的な業務だけではなくさまざまな企業のニーズに応える豊富なオプションメニューがあります。 まずは借り上げ社宅の分析を行い、企業に合ったプランを提案してくれます。

GIRの地盤保証サービスをご紹介

地盤保証は、地盤による損害が起こったときに地盤や建物を修復する費用を補償してくれるサービスですGIRは地盤保証「THE LAND(ザ・ランド)」という保証があります。累計保証は2020年で約16万棟という実績があります。費用や保証期間の組み合わせで9種類から選ぶことができます。保証期間の違いや中古住宅向けの保証、液状化特約保証などさまざまなタイプがあります。

THE LANDのポイント

地盤保証THE LANDは、地盤調査や改良、沈下修正に加えて地盤から発生する建物の修復も保証しています。また従来では自社保証に含まれない工務店も保証の対象としています。さらに、今まで含まれていなかった既存の住宅も保証の対象になっています。地盤が原因で発生する事故も保証の適用範囲となるのが他とは違うところです。

土地建物だけでなく、健康被害のリスクも低下

地盤改良をしたのに、その後地盤沈下してしまったり、地盤調査の結果は改良不要だったのに地盤沈下してしまったりな。住宅に関する苦情のうち、地盤沈下に関係しているものは5割以上なのです。そして、その損害額は平均500万円ほど。そのうえ土地や家の資産価値も低下してしまいます。 さらには、地盤沈下によって家が傾いてしまうと住んでいる人の平衡感覚が狂ってしまい健康への被害も懸念されます。 将来地盤沈下が起こるのではないかと不安な方は、もしもの時に備えて地盤保証に入っておくと安心です。

実績やサポート力で比較!
おすすめの社宅管理代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

公式HPで事例が見つかりませんでした。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP