社宅管理代行会社ガイド » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » リビングネットワーク(ジェイ・エス・ビーネットワーク)

リビングネットワーク(ジェイ・エス・ビーネットワーク)

リビングネットワークの社宅代行の特徴

リビングネットワークでは、転貸や管理代行など、社宅に関する煩雑な業務を代行してくれます。

リビングネットワークの公式サイト画像
画像引用元:リビングネットワーク公式サイト(https://www.livnet.jp/)

リビングネットワークによる社宅代行の特徴

社宅業務の効率化につながる

企業の社宅担当者は、慣れない業務を行うことで時間や労力がかかってしまいます。条件の確認や資料の提出、不動産業者の選定、周辺の環境調査など。リビングネットワークは、企業に代わって面倒な業務をすべて引き受けてくれます。休日でも、専門のスタッフが社宅探しをサポート。企業の社宅規定に対応できるように、契約条件の交渉も行います。全国の物件情報を集約して、窓口を一本化できるため、業務の効率化につながります。

3つのカスタマイズサービスから選べる

リビングネットワークは、要望や予算に合わせて細かくサービス内容を分類しています。サービスは3つのタイプに分けられています。

不動産活用や資産運用、賃貸マンション事業を提案

リビングネットワークサービスは、新規物件や土地購入、空き室対策、土地の有効活用など幅広い提案を行っています。オーナーの経営方針や要望に合った運営方式を提案してくれるので、収益アップや節税対策につなげることができます。入居者の募集、資料の請求、クレームへの対応、解約の手続きなどの管理業務も対応可。

また、長期的に安定した経営ができるように賃貸マンション事業をサポート。安定収入を重視している方には、家賃保証型運営方式、高収入を重視している方には総合委託型運営方式を提案しています。

家賃保証型運営方式は、一括借上方の賃料保証方式のため、入居の状況にかかわらず毎月一定額の家賃を支払うため、安定した事業を行う場合におすすめです。総合委託型運営方式は、建物の管理や入居者の家賃交渉など雑多な運営業務を代行。入居状況により収入が変動します。

貸したい、売りたい不動産を持つオーナーをお手伝い

リビングネットワークは、賃貸不動産や売却不動産を持っているオーナーの方の相談に乗っています。1室からの相談もOK。転勤や住み替え、または投資目的で賃貸物件の運用を考えている方は、不動産のプロであるリビングネットワークに相談してみるのも一つの手。家賃査定や売却査定を無料で行ってくれます。

家賃保証サービスや独自のセキュリティシステムを提供

リビングネットワークサービスには、賃貸住宅向けの保証システム「あんしん保証プラス」というサービスがあります。安心保証プラスは、保証人がいなくても契約者だけで入居契約ができます。遠方に住む家族に保証人を頼むのが大変、知人に保証人を頼むのは気が引けるという方には嬉しいサービスです。契約もスピーディに完了することができます。

リビングネットワークは、ジェイ・エス・ビーのグループ会社です。ジェイ・エス・ビーは、学生の一人暮らしを応援しています。初めての一人暮らしとなると保護者も心配ですよね。そこで、独自のセキュリティシステム「IMS」を開発しました。

IMSは入居者や居住しているマンションに万が一の事態が発生したときに、警察や消防、救急に素早く連絡をしてくれるシステム。保護者やオーナーに、管理センターを経由して緊急通報できる体制を整えているため、一人暮らしをする学生にも安心のサービスです。

また、オートロックの解除はICカードを持っている入居者に限られています。入居者は室内になるモニター付きのインターフォンで映像を確認してから解錠できるので安心です。共用部にはセンサー付きのカメラが設置されていて、人を感知すると映像を保存するようになっています。エントランスにはカメラの映像が映し出されているため、確認しやすくなっています。

ホットライン機能で24時間対応

ホットライン機能は、24時間いつでも管理センターと連絡を取ったり情報を交換したりすることができます。管理人が常駐しているのと同じような対応が可能な、安心できるサポートです。

また、館内で異常があった際、共用部にある非常ボタンを押すと通報してくれます。ALSOKまたはセコムのセンターにつながり、映像や音声で状況を確認。必要な場面ではガードマンが24時間体制で駆けつけてくれるので安心です。

実績やサポート力で比較!
おすすめの社宅管理代行会社を紹介しています≫

導入事例・評判

事例は見つかりませんでした。

会社概要

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP