煩わしい管理業務とおさらば!社宅代⾏会社パーフェクトガイド » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » 株式会社都ハウジング

株式会社都ハウジング

1974年創業の株式会社都ハウジング。小規模な企業ですが幅広い業務を行っています。この株式会社都ハウジングについて紹介していきます。

株式会社都ハウジングによる
社宅代行の特徴

株式会社都ハウジングの公式サイト画像
引用元:株式会社都ハウジング公式HP(https://www.miyako-h.co.jp/)

日本社宅ネットのフランチャイズ加盟店

株式会社都ハウジングは、「しゃたくさん」という社宅運用に必要な業務サポートサービスを提供しているフランチャイズネットワーク「日本社宅ネット」に加盟しています。そのため各エリアにある店舗と連携した物件情報の提供が可能で、複数物件の紹介が可能。いくつもの物件と比較できるので、より入居者の希望に沿った物件に出会いやすいのがポイントです。

他にも社宅管理業務を外注化(アウトソーシング)できるため業務効率改善への貢献が期待できます。実際に社宅に住む社員にとっては部屋探しの手間が軽減される、現地に行く前に移動予定地の周辺情報が入手できるというメリットがあり、これまでそういった情報収集に割かれていた時間を別な準備に充てられるように。

社宅に関わる業務を担当していた総務部や人事部の担当者にとっては、社宅に関する情報が一元化されることでデータ管理が楽になります。結果として社宅関連業務以外に使える時間が増えるのもメリットでしょう。

経理担当者は、家賃送金先が一本化されることで支払いの手間を減らせます。年末の支払調書も不要になり、こちらもこれまで割かれていた時間が浮くことで、他業務へのリソース投下が可能になります。

社宅運用の外注化は、企業にとって多方面でのメリットを生み出すことを期待できます。これまで社宅関連業務での無駄や手間、リソース圧迫が課題となっている企業にとっては、十分に試してみる価値があるでしょう。

不動産業務の各資格を保有するスタッフが多数在籍

株式会社都ハウジングのスタッフの多くが不動産業務に関する資格を保有しています。

例えば不動産の売買・貸借契約では必須となる宅地建物取引士の資格は、10名のスタッフが保有。また不動産の知識と実務経験を備えた証明となる不動産コンサルティングマスターの資格を保有しているスタッフも在籍しています。

この不動産コンサルティングマスターの資格は公益財団法人不動産流通推進センターに登録された人が持てる資格で、受験資格は宅建士で宅建業に従事している人、もしくは今後従事しようとする人に与えられます。つまり、資格取得以前に受験資格を得るまでのハードルが高い資格であると言えます。

株式会社都ハウジングには、この資格を保有するスタッフが4名在籍。法律はもちろんのこと税制など不動産関連業務に関する幅広い知識を持っているので、社宅運用について適確なアドバイスをもらえるでしょう。

サポート体制や導入実績を調査!
おすすめの社宅代行会社3選

導入事例・評判

株式会社都ハウジングの導入事例は見つかりませんでした。

会社概要

 
COMPARISON
サポート体制と実績でみる社宅代行会社3選

▼左右にスクロールできます。

サポート体制(対応オプション) 受託企業数 受託管理件数 導入事例 社歴
多様なオプションで
幅広い社宅関連業務に
対応
[タイセイ・ハウジー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 家具・家電リース
  • 損害保険
  • 解約時定額精算
  • マンスリーマンション
  • 車両管理(カーリース含む)
645社 103,182戸
7
36
安定した実績と伸び率で
業界を引っ張る
[リロケーション・ジャパン]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 敷金不要プラン
850
以上
190,000
以上
2件 20年
大手のネットワークで
幅広い地域の物件紹介・管理が可能
[長谷工ビジネスプロクシー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 保険の取り扱い
  • 家具家電レンタル
318社 61,257戸 4件 7年

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月時点)