煩わしい管理業務とおさらば!社宅代⾏会社パーフェクトガイド » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » REALize【総合不動産会社】

REALize【総合不動産会社】

REALizeの社宅代行の特徴

REALizeは、全国で不動産の売買や仲介・賃貸管理などを行っている会社です。そのノウハウを活かし提供している社宅代行の特徴についてまとめています。

REALizeは、不動産のプロとして社宅代行管理サービスも行っています。ワンストップ・低コストでの管理や付加サービスの充実によって、より効果的な社宅運営の提案をしています。

不動産に関わるサービスのプロフェッショナル

REALizeは不動産に係るサービスのプロフェッショナルとしてサービスの向上に努めています。不動産投資対策である「相続計画」や、住宅ローンリフォームローンの提案を行う「資産計画」などのサービス展開を行っています。加えて社宅管理業務の代行サービス「社宅計画」を提供しており、まさに住宅に関わる問題解決のプロと言えます。

不動産というジャンルは専門的な知識が必要とされます。特に相続の問題であれば専門知識がないためにトラブルに発展してしまうケースも少なくありません。REALizeはプロとしての様々な提案に加え、各方面の専門家との連携も行っています。 この連携をもとに行われる様々な提案やサポートは初心者にとっても心強いこと間違いないでしょう。

ワンストップサポート

REALizeの心強いサポートは社宅管理業務においても発揮されています。 企業側が契約時に行うのはREALizeへの委託依頼と代行契約の締結のみ。 定型仲介業者とのやりとりや、貸主・保証会社などとの契約などはREALizeが代行してくれます。

もちろん、契約代行が一方的に進められてしまうわけではなく、常駐の専用窓口を通じて要望も伝えられます。データは企業ごとに管理されているため、個々の要望へ柔軟な対応も可能です。このように窓口の一本化・ワンストップサポートによってコストや契約にかかわる業務の負担を大きく減らせるというメリットがあります。

サポート体制や導入実績を調査!
おすすめの社宅代行会社3選

社宅管理業務のほとんどが代行可能

REALizeで代行してもらえるのは契約時だけではありません。自社の業務負担になってしまいがちな日々の管理まで代行してくれます。契約はもちろん社宅に適性のある物件探しや契約の更新・解約などの各種手続きについても対応可能です。

中でも物件探しについては全国の提携不動産仲介業者とのネットワークを活用します。これによりREALizeだけでは物件対応が難しい場合であっても、社宅として利用できるようになるのです。

また、定期的に発生する家賃送金業務や、突発的なトラブル対応の代行・なにかと慌ただしい異動集中期も取りこぼさず対応してくれます。これは自社にとって安定的なリソース確保にも繋がるという、大きなメリットになるでしょう。

導入事例・評判

REALizeの導入事例や評判はネット上では見つかりませんでした。

会社概要

 
COMPARISON
サポート体制と実績でみる社宅代行会社3選

▼左右にスクロールできます。

サポート体制(対応オプション) 受託企業数 受託管理件数 導入事例 社歴
多様なオプションで
幅広い社宅関連業務に
対応
[タイセイ・ハウジー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 家具・家電リース
  • 損害保険
  • 解約時定額精算
  • マンスリーマンション
  • 車両管理(カーリース含む)
645社 103,182戸
7
36
安定した実績と伸び率で
業界を引っ張る
[リロケーション・ジャパン]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 敷金不要プラン
850
以上
190,000
以上
2件 20年
大手のネットワークで
幅広い地域の物件紹介・管理が可能
[長谷工ビジネスプロクシー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 保険の取り扱い
  • 家具家電レンタル
318社 61,257戸 4件 7年

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月時点)