煩わしい管理業務とおさらば!社宅代⾏会社パーフェクトガイド » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » リオ・トラスト【総合不動産会社】

リオ・トラスト【総合不動産会社】

リオ・トラストの社宅代行の特徴

半社宅代行サービスを導入している不動産コンサルティング会社、リオ・トラストの社宅代行の特徴について、詳しくご紹介していきます。

専門家の視点から社宅業務の悩みを解消

借上社宅の管理には、契約時には社宅の管理規定と照合したり、契約金の出金や契約が必要。退去時には原状回復の交渉などもあり、雑多な業務も行わなくてはいけません。そこで、リオ・トラストでは、半社宅代行サービスを行っています。社宅規定との照合、契約内容の交渉・精査、鍵や公共料金などの入居者対応、入退去管理などをサポート。

通常の業務と並行して行う場合、かなりのコストや時間がかかるうえ、人的コストだけでなく専門知識も必要となり、企業の担当者は多くの業務に追われてしまうことがほとんど。リオ・トラストが面倒な細かい作業や手続きを代行してくれるので、人的資源を業務に集中させることができ、またプロに依頼することで社宅管理の質も向上します。

ヒアリングで疑問点を解消

リオ・トラストでは、顧客が困っていることや不安に感じている点をヒアリングの段階で聞き出し、適切なアドバイスを行っています。社宅代行はサービスの提案だけでなく、導入してからの対応が肝心だと考え、最初の打ち合わせの段階で気になる悩みを解消することを目指しているそうです。

悩みは同じでも、依頼する会社ごとに答えは変わってくるもの。だからこそ、企業担当者が共感できる形で一緒に解決策を考え、納得のいく提案ができるようにしています。

リオ・トラストの強み

リオ・トラストが行う社宅代行の強みをご紹介します。

物件の収集が簡単にできる

リオ・トラストは、ご希望のエリアから、社宅の規定に合った物件を紹介してくれます。せっかく取りそろえた物件が社宅の規定に合わなかったため、再度探すことになってしまった…ということがなく、条件に合う社宅を見つけられるでしょう。

加えて、契約前の契約書チェックを行うことで、契約中(自治会規定・更新料)や解約時の敷金返還などのトラブルを防止できるのもリオ・トラストの特徴。併せて管理会社ごとに異なる契約書の内容を統一された書式に落とし込んでくれるので、契約内容を把握しやすくなります。不明点や要確認事項をすぐにチェックできるので、契約内容の不履行や負担などのトラブルを防ぐことが可能です。

入居前・退去後の業務を手伝ってくれる

契約時だけでなく、入退去の際にもさまざまな業務が発生します。リオ・トラストは公共料金の開栓や鍵の引き渡し、インターネットの開栓などにも対応。物件所有者とのやり取りも行ってくれるので、担当者が細かい連絡を取る必要がなくなります。

解約金が過剰に請求されるなど、敷金返戻金トラブルにも対応しているほか、社宅を変更する場合の次の物件も紹介してくれます。リオ・トラストでは悩みを抱えた企業担当者の相談実績が多いため、これまでの経験をもとに、必要な部分でしっかりサポートをしてくれるでしょう。

転勤や単身赴任など、急な引っ越しになった場合の手続きにも対応してくれるので、担当者の方の負担がかなり軽減され、本来の業務に集中できるのがメリットです。

リオ・トラストで対応できる業務

リオ・トラストでは細かな業務内容をサポートしており、企業担当者の相談実績も多数。複数の悩みを抱えている方でも、早めに解決できるでしょう。自社で社宅の問題を一つずつ解決していくのはかなりの時間や知識が必要。困っていることや面倒に感じている点をしっかり相談できるのがリオ・トラストの魅力といえます。

サポート体制や導入実績を調査!
おすすめの社宅代行会社3選

導入事例・評判

借上げ数が多く、急な異動事例に迅速に対応できた

急な異動事例が多い企業で、内見などをしなくても物件を決められるだけの情報が必要でした。図面を見ただけで物件を決定できるよう、リオ・トラストに物件の情報提供を依頼。あらかじめスタッフが社宅の規定や好みを把握しておいてくれるため、急な異動でも素早く対応することができました。

異動が集中する3月の人的コストを削減

3月は移動が集中するため、解約や新規契約の手続きでかなりの人的コストがかかってしまっていました。そこでリオ・トラストに新規や解約の際の契約交渉、細かい諸手続きの代行を依頼したところ、忙しい時期の人的コストを削減することができました。

新入社員の借上げ住宅の情報提供を依頼し業務を軽減

新入社員用の借上げ住宅で、棟単位の物件を希望していましたが、どのように情報を取ったらよいかわかりませんでした。そこで、リオ・トラストに一棟物件の情報提供を依頼。プロに情報の提供をお任せすることでしっかりとした情報を入手できるように。さらに契約条件の精査から、家具・家電の配置、契約の諸手続きなどをお任せして業務の手間も省くことができました。

参考:リオ・トラスト公式サイト 借上社宅代行導入事例(https://rio-trust.com/bizservice/half.php)

会社概要

 
COMPARISON
サポート体制と実績でみる社宅代行会社3選

▼左右にスクロールできます。

サポート体制(対応オプション) 受託企業数 受託管理件数 導入事例 社歴
多様なオプションで
幅広い社宅関連業務に
対応
[タイセイ・ハウジー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 家具・家電リース
  • 損害保険
  • 解約時定額精算
  • マンスリーマンション
  • 車両管理(カーリース含む)
645社 103,182戸
7
36
安定した実績と伸び率で
業界を引っ張る
[リロケーション・ジャパン]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 敷金不要プラン
850
以上
190,000
以上
2件 20年
大手のネットワークで
幅広い地域の物件紹介・管理が可能
[長谷工ビジネスプロクシー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 保険の取り扱い
  • 家具家電レンタル
318社 61,257戸 4件 7年

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月時点)