煩わしい管理業務とおさらば!社宅代⾏会社パーフェクトガイド » 社宅制度の基礎知識をおさらい

社宅制度の基礎知識をおさらい

社宅代行サービス利用を検討している会社が知っておくべき、社宅制度の基礎について解説しています。

社宅制度を導入する意味や目的

白い高層ビルの画像

社宅とは、会社が従業員のために用意した戸建または集合住宅のことを言います。社宅制度を導入する主な目的は、福利厚生の充実です。また人事異動で転勤を命じた際に、従業員の経済的負担を軽減させるために社宅が提供されることもあります。

従業員は社宅制度を利用することで、一般の賃貸住宅を借りるより安い賃料で住まいを確保できますし、会社としては社宅制度を福利厚生の一環としてアピールすることで、他社との差別化ができます。

従業員の家賃負担軽減という点では、住宅手当で補助するという方法もありますが、その場合は給与の増加という扱いになるので、経費計上ができず節税効果がありません。

従業員にとっても所得税や社会保険料の負担増につながるので、双方にメリットがある社宅制度が積極的に導入されているというわけです。

社宅には2つのタイプがある

社宅は保有形態の違いによって、次の2タイプに分類することができます。

借り上げ社宅

借り上げ社宅は、民間の賃貸住宅を会社名義で借りて、従業員に貸し出すタイプの社宅のことを言います。初期投資が少なくて済み、借り換えや維持管理が楽というメリットがあります。

社有社宅

社有住宅は、会社が保有する社宅のことを言います。借り上げ住宅のように毎月の賃料は発生しません。また、不動産としての物件価値が上がれば資産が増大するという財務上のメリットがあります。

社宅というと社有社宅の方をイメージする方が多いかもしれませんが、それは高度経済成長時代までのことで、現在は借り上げ社宅の方がトレンドになっています。

社有社宅は建物の老朽化とともに維持管理費が負担増になることと、減損会計の導入により社宅を保有しているメリットが少なくなっているためです。

社宅制度の概要について説明してきましたが、詳細ページでは社宅管理規定や家賃の相場なども含め、さらに掘り下げて解説していますので、理解を深めていただければ幸いです。

「社宅」の定義

社宅とは、その会社に勤務するにあたって、通勤可能なエリアに住居を確保するための手段として会社が用意するものです。ただし、社宅の詳細について法律的な定めがあるわけではないため、会社によって物件詳細が異なります。

会社に隣接している社宅もあれば、電車で1時間以上かかるような場所に建っている社宅もあります。建物の形態は、一戸建てからマンションまで多様です。

しかも、所有者が会社である社有社宅だけではなく、賃貸物件である借り上げ社宅のケースも存在します。また、名称も社宅・社員寮・家族寮などと違いがあります。

社宅を導入する主な理由は、従業員に対する待遇の充実であり、会社側の都合による転勤で従業員の負担が増すことを避けることです。

社宅管理規定について

社宅を導入する場合には、社宅管理規定をしっかりと制定しておく必要があります。ただ社宅がありますというだけでは、誰がどのように利用できるかの条件すらハッキリしないためです。

社宅管理規定で定めておくべき項目は、物件ごとの入居資格・使用料・光熱費等の負担・遵守事項や入退去の手続などです。とくに、借り上げ社宅の場合は自社物件ではないため明示しておくべきことが増えます。

社宅制度を導入する目的

会社にとって、社宅を運営することはかなりの負担となるものです。その負担には、金銭的なものだけでなく管理面のものもあります。それにもかかわらず社宅を導入する目的としては、従業員への福利厚生の充実があげられます。

その会社で勤務するために転居が必要となる従業員にとって、新しく住居を探す手間が省け、近隣の家賃相場よりも安い費用負担で住むことができる社宅は大変有り難いものです。

このメリットは、新入社員だけでなく転勤で引っ越す従業員にも共通しています。つまり、社宅導入のもうひとつ大きな理由が転勤者の転居先確保です。

当人にすれば、転勤が増えれば増えるほど、手間だけでなく敷金礼金などの負担が多くなります。自宅から通勤できる範囲の従業員には関係ない話になりますが、通勤のために転居を要する従業員には、安く住めることが多い社宅の存在は重要といえます。

しかも、社宅は住宅手当のような給与ではないので目減りしません。

このような点から、社宅制度は人材の確保にも役に立ちます。また、借り上げ社宅なら賃借料は経費です。会社と従業員の両者にメリットがあることも導入を後押しします。

借り上げ社宅と社有社宅の違い

社宅には、その物件の保有形態による違いがあります。社宅の保有形態には、2つのタイプがあります。社有社宅と借り上げ社宅です。

社有社宅とは、会社が自己の名義で所有している物件を社宅として使っているものです。土地・建物を所有しているため、利用方法などは会社の自由にできます。

借り上げ社宅とは、市場に出回っている賃貸物件を会社名義で契約して社宅とするものです。会社はあくまでも賃借人の立場ですので、従業員に利用させるにあたり、他の入居者と同様の制約があります。

借り上げ社宅

借り上げ社宅とは、民間のアパートやマンションなどの賃貸物件を、会社が借主として契約し、従業員に居住させる社宅です。

借り上げ社宅には、会社があらかじめ借りているケースと、需要が生じたときに居住する従業員が自分で探した物件を会社名義で契約するケースがあります。

物件のオーナーや不動産会社にとって、借り上げ社宅は賃料の滞納や住民トラブルのリスクが低いため、好まれる傾向にあります。

借り上げ社宅には、物件を自由に選べる、家賃補助分は給与ではないので手取りも減らない、会社が所有する必要がないため取得費や管理費など無駄なコストを省ける、家賃補助分を経費処理できるなどのメリットがあります。

その反面、契約条項に縛られる、資産価値を得られないなどのデメリットも存在します。

社有社宅

社有社宅とは、会社が初めから社宅として建築したもの、既存の物件を社宅用に購入したものなど、所有権が会社にある社宅を指します。

新築でも中古でも、土地建物の購入には莫大な金額がかかるため、社有社宅は大企業に多くみられます。

社有社宅のメリットとしては、自社物件なので手続関係が簡単、資産価値がある、外部に貸して賃料をとれることなどが考えられます。

しかし、デメリットとして、初期投資が大きい、固定資産税がかかる、維持管理が大変、資産価値の目減り、修繕・建て替えが必要になることなどがあります。

また、ドラマなどでも描かれるような社宅の人間模様の煩わしさも起こり得ます。最近ではデメリットの多い社有社宅から借り上げ社宅へ移行するケースが増えているようです。

社員寮と社宅の違い

社宅の内容については、法令による規定は存在しておらず、全国的に統一された見解があるわけでもありません。そのため、社員寮と社宅の違いについても、明確な基準はないといえます。

ただ、一般に寮という呼称を用いる場合は、単身者が複数入居できる形態の物件が想像されます。学生寮や独身寮などがそれにあたります。

家族寮というものも存在していまが、単身者向けの寮ほど多いとは考えられません。つまり、社員寮という言葉は、社宅の一種である単身者向けの物件を指すことが多いといえます。

そして、単身者向けの社員寮にのみ見られる特徴として、食堂や共同トイレ、共同浴場の存在があります。また、相部屋があるのも社員寮ならではの利用形態です。

もっとも、近年はマンションタイプの社員寮に移行することで、一世帯一室で完結するファミリー用社宅と同じになっているケースが増えています。

家賃の違いについても、社員寮と社宅の違いというよりは、会社による考え方の違いによるといえるでしょう。

社宅の家賃の相場

社宅の家賃、つまり従業員負担額は周辺の家賃相場よりも大幅に安くなっていることが一般的です。無料ではなく、一定の金額を徴収するには理由があります。

社宅を無料または一定以下の負担額で提供すると、「賃貸料相当額」との差額が住宅手当と同様に給与の扱いとなってしまうのです。つまり、従業員としては手取りが減り、会社としては社会保険料の負担が増えます。

しかし、従業員が「賃貸料相当額」の半額以上を負担することで、課税対象から外れることができます。

参考:国税庁公式HP No.2597 使用人に社宅や寮などを貸したとき(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2597.htm)

実は、この賃貸料相当額がポイントです。賃貸料相当額とは、実際に払っている賃料ではなく国が定めた計算式により算出する数字です。そのため、実質的な負担割合が2割程度でも非課税で社宅に住めるケースがあるわけです。

社宅で起こりやすいトラブル事例を解説

社宅では、隣人同士の騒音トラブルや退去時の原状回復費用をめぐるトラブルなど一般的な住宅トラブルに加えて、同じ組織に属する人間同士が住んでいる以上、入居者同士の人間関係トラブルも起こりやすいです。ここではよく例として挙がる事例をまとめています。

福利厚生としての社宅

社宅に関連する代表的な福利厚生として、住宅手当、家賃補助、社員寮、持ち家補助、借り上げ社宅などがあります。社宅に住んでいる従業員は、これらをはじめ様々な福利厚生を受けられます。社宅に住む従業員だけでなく会社側にも節税効果等の様々なメリットがあるので、ぜひ知っておきましょう。

社宅等の福利厚生を導入するメリット

会社が社宅制度などの福利厚生サービスを拡充する目的は、社員の身体的、精神的健康を維持するだけでなく、社員のモチベーションやパフォーマンス、定着率の向上、さらには企業ブランドのイメージアップによる採用力の強化などが挙げられます、福利厚生を充実させることは企業側に多くのメリットをもたらすでしょう。

法定福利厚生と法定外福利厚生

社宅制度などの福利厚生は、法定福利厚生と法定外福利厚生の2種類に分けられます。福利厚生を充実させる目的や実現したいことによって、法定福利厚生と法定外福利厚生のどちらに力を入れるべきなのか、具体的にどのような制度を導入するべきなのかが明確になります。

社宅で節税するなら

従業員にとってリーズナブルな賃料で住める社宅制度は、会社側にとっても節税につながるメリットがあります。社宅に関連する節税に関しては、社有社宅か借り上げ社宅かによって方法が異なるため、実際に社宅を導入する前に理解しておくことが大切です。

社宅物件の探し方

社宅として利用する物件は、どのようにして探せば良いのでしょうか。社宅管理代行業者の中には、全国規模のネットワークを駆使して社宅向け物件の紹介サービスを行っている業社もあります。社宅代行業者と社宅物件の選び方を知っておくと、自社にあった社宅を見つけられます。

社宅を不動産投資で活用するなら

不動産オーナーは、個人入居者に向けて物件を貸し出すだけでなく、社宅向け物件として法人に不動産を貸し出すことで保有資産を有効活用することもできます。社宅としての不動産投資のメリットやデメリットを知っておくと、より効率的な資産運用につながるでしょう。

社宅等の福利厚生の課税対策

社宅制度などの福利厚生にかかる費用は、経費として計上すれば非課税対象にできます。福利厚生費の課税・非課税範囲に関する基準を理解し、実際に福利厚生費が経費として計上された事例を知っておけば、自社の社宅を有効に運用できます。

COMPARISON
サポート体制と実績でみる社宅代行会社3選

▼左右にスクロールできます。

サポート体制(対応オプション) 受託企業数 受託管理件数 導入事例 社歴
多様なオプションで
幅広い社宅関連業務に
対応
[タイセイ・ハウジー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 家具・家電リース
  • 損害保険
  • 解約時定額精算
  • マンスリーマンション
  • 車両管理(カーリース含む)
645社 103,182戸
7
36
安定した実績と伸び率で
業界を引っ張る
[リロケーション・ジャパン]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 敷金不要プラン
850
以上
190,000
以上
2件 20年
大手のネットワークで
幅広い地域の物件紹介・管理が可能
[長谷工ビジネスプロクシー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 保険の取り扱い
  • 家具家電レンタル
318社 61,257戸 4件 7年

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月時点)