煩わしい管理業務とおさらば!社宅代⾏会社パーフェクトガイド » 社宅制度の基礎知識をおさらい » 社宅での引っ越しの挨拶

社宅での引っ越しの挨拶

この記事では、社宅管理者から見た社宅での引越しの挨拶のメリットやマナーについて解説します。

社宅に引っ越した従業員が挨拶を行うメリット

コミュニケーションが促進される

社宅に引っ越してくる従業員が挨拶を行うことで、互いの認知が深まり、自然とコミュニケーションがとりやすくなります。挨拶は基本的かつ効果的なコミュニケーション手段です。

新たな環境において最初に行うべき行動として挨拶を積極的に実行することで、従業員同士の距離が縮まります。困った時に助けを求めやすい環境を作り出すと同時に、会話から日々の小さな変化に気づき、助け合いの精神が育まれる土壌となるでしょう。

トラブル予防に貢献する

挨拶は互いの存在を認め合う行為であり、社宅のコミュニティにおける基本的なルールの一つです。親しみや相互理解を深めるための挨拶は、トラブル発生時における円滑な対話のきっかけとなります。

事前に挨拶を交わすことで築かれた良好な関係は、争いごとや誤解が生じた際も相手への配慮をもって対応しやすくなるため、トラブル解決にもつながりやすいです。また、小さな気遣いが日常生活で問題解決に繋がるケースが多く、お互いの信頼関係の構築にも貢献します。このように、挨拶は予防策としての役割を果たし、社宅内での生活をより快適なものにします。

情報共有が促進される

社宅においても情報の共有は重要な要素です。挨拶はそれを促進するための最初の一歩と言えます。例えば、管理人からのお知らせや急なイベントなど、異なる生活サイクルの従業員に届ける情報の伝達手段として、直接の対話が役立ちます。

挨拶を通じて形成される親密度が高まると必要な情報をタイムリーに共有しやすくなり、日常の小さな変化に気づくことで、従業員同士が助け合う機会も増えます。重要なニュースから平凡な日常生活の情報まで、挨拶をきっかけに交換される話題は豊富です。挨拶からスタートする情報網は、共同生活上の便利さをもたらし、安心感のあるコミュニティ構築に寄与するのです。

社宅の管理者が従業員と共有しておきたい引っ越し挨拶のマナー

挨拶をする範囲

社員が社宅へ引っ越しする際は、同じ階の住人や上下の階の住人に挨拶を行うのが一般的です。ただし、マンションの広さによっては、同じ階全体の住人に挨拶を行うのは複雑な課題となります。

社宅への引っ越しでは、挨拶の程度が会社内の人間関係に影響を与える可能性があります。挨拶の範囲をどこまで広げるべきかは慎重に考慮する必要があるでしょう。できるだけ全世帯に挨拶することが理想ですが、戸数が多くて難しい場合には、事前に会社で慣習を確認し、適切に対応することが望ましいです。

住人が不在の場合は、手土産とともに挨拶状を添えてポストに入れるか、ドアノブに掛けておくと挨拶の意思が伝わります。後日、直接顔を合わせる機会があれば、改めて挨拶を行うとよいでしょう。

挨拶するタイミング

引っ越し当日は、荷物の搬入によりマンションのエレベーターや通路が一時的に塞がれたり、騒音が発生することがあります。そのためできるだけ引越し前日に挨拶することが望ましいです。

引っ越しが終わってからしばらく経ってから挨拶すると、近所で偶然顔を合わせるときに少し気まずい雰囲気になることもあります。したがって、引っ越し前に挨拶できない場合でも、できるだけ早めに挨拶することで、気持ちが楽になるでしょう。挨拶の際の適切な時間帯は、相手の食事の時間とぶつからないように11:00~16:00ぐらいが良いとされています。

手土産の予算と選び方

厳密には必須ではありませんが、一般的には挨拶と共に手土産を持参することが好ましいです。引っ越し手土産の相場は約1000円で、商品は生ものや賞味期限の短いものは避けるべきです。挨拶対象が多い場合は500円程度でも問題ありませんが、自治会長や上司には2000円前後のものを用意するのが良いでしょう。

引っ越しギフトでよく選ばれるアイテムは、無地のタオル、焼き菓子、洗剤、ゴミ袋、サランラップなどです。ただし、社宅など出入りが多い場所では、同じものを何度ももらうのは困るという意見もあります。ゴミ袋は必需品ですが、初対面の相手に渡すのは失礼と見なされることもあります。全ての人に喜ばれるアイテムを選ぶのは難しいですが、できれば異なるアイテムを用意する方が良いでしょう。

引っ越しの挨拶以外にも社宅制度の基礎知識をチェックしよう!

引越しの挨拶を従業員が行うことで、コミュニケーションが促進される効果やトラブルを予防する効果などが期待できます。引越し挨拶のマナーを従業員と共有しておくと良いでしょう。

当サイトでは、社宅制度の基礎知識にてついて詳しく解説しています。ぜひ以下のページも参考にしてみてください。

 
COMPARISON
サポート体制と実績でみる社宅代行会社3選

▼左右にスクロールできます。

サポート体制(対応オプション) 受託企業数 受託管理件数 導入事例 社歴
多様なオプションで
幅広い社宅関連業務に
対応
[タイセイ・ハウジー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 家具・家電リース
  • 損害保険
  • 解約時定額精算
  • マンスリーマンション
  • 車両管理(カーリース含む)
645社 103,182戸
7
36
安定した実績と伸び率で
業界を引っ張る
[リロケーション・ジャパン]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 敷金不要プラン
850
以上
190,000
以上
2件 20年
大手のネットワークで
幅広い地域の物件紹介・管理が可能
[長谷工ビジネスプロクシー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 保険の取り扱い
  • 家具家電レンタル
318社 61,257戸 4件 7年

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月時点)

あわせて読みたいページ