煩わしい管理業務とおさらば!社宅代⾏会社パーフェクトガイド » 社宅制度の基礎知識をおさらい » 借り上げ社宅のオンライン内見

借り上げ社宅のオンライン内見

借り上げ社宅の内見を行う際に、便利なのが「オンライン内見」です。しかしデメリットや注意点もあるため、事前に確認してから行いたいもの。ここではオンライン内見のメリット・デメリット・注意点を解説します。

借り上げ社宅のオンライン内見を行うメリット

遠方の物件でも手間なく内見できる

借り上げ社宅でオンライン内見を行う第一のメリットが、遠方の物件でも移動の手間なく内見できることです。遠距離にある物件であれば、内見しに行くために移動やそれに伴うコストが必要となります。

しかしオンラインであればどこにいても、手間なく、遠方の物件をリアルに体験できます。

採寸をしてもらえる

採寸をしてもらえることもメリットのひとつです。収納スペースのサイズを確認してもらえたり、洗濯機を置く場所の採寸をしてもらえたりと、実際に自分で内見に行くよりも任せられることが多いのがオンライン内見。

実際に現地に出向いて自分で採寸をするよりも、スムーズな物件選びをしやすくなります。

インターネットの情報だけよりもわかりやすい

物件を探す際にインターネットで写真や間取りを確認することも多いでしょう。しかしやはり写真だけではわかりにくいこともあります。

映像で物件を確認できるオンライン内見は、インターネットに掲載されている写真に比べて、かなり多くの情報を仕入れられる方法です。

借り上げ社宅のオンライン内見を行うデメリット

通信環境を整えなければならない

オンライン内見とはインターネットを通じて映像や音声を送信する方法です。そのため通信環境の良いインターネットが必要となります。

通信環境が悪いと映像が乱れたり途切れたりするため、利用するうえでの快適さは環境により変わります。

部屋の環境や立地を確認できない

映像で確認できるとはいえ、やはり実際に現地に行く内見よりもわかることは多くありません。たとえば部屋のニオイや質感、周辺の騒音、立地による影響などです。

オンライン内見は借り上げ社宅を効率よく選ぶために有効な方法ですが、実際に五感で感じられることが伝わりにくいというデメリットがあります。

借り上げ社宅のオンライン内見を行う際の注意点

事前に確認するべき箇所をリストアップする

まずはオンライン内見の前に、確認するべき箇所をリストアップしておきましょう。たとえば収納の広さや位置、騒音の有無、周辺の交通量などがあげられます。内装の傷や汚れなど、気になるところを事前に考えておけば、オンライン内見中に確認し忘れることがありません。

積極的に質問をすること

オンライン内見の担当者にすべて任せるのではなく、積極的に質問をすることも注意点のひとつです。見たいところがあれば見せてもらい、アップにしてほしいところがあればそのように依頼してください。

せっかくのオンライン内見なので、疑問点や不安はできる限り解消できるように質問をしましょう。

オンライン内見以外にも社宅制度の基礎知識をチェックしよう!

オンライン内見は特に遠方の借り上げ社宅を借りたい場合に適した方法です。移動のための手間やコストをかけることなく、写真よりもリアルな物件の状態を確認できます。

もしオンライン内見を依頼するなら、事前に確認したい項目をリストアップしておき、積極的に質問をして有意義な内見としてください。

しかし初めて借り上げ社宅を導入するなら、オンライン内見以外にも知っておきたいことが多くあります。当サイトでは社宅管理・社宅代行システムの導入も含め、社宅を管理するために知っておきたい基礎知識を掲載していますのでこちらも参考にしてください。

 
COMPARISON
サポート体制と実績でみる社宅代行会社3選

▼左右にスクロールできます。

サポート体制(対応オプション) 受託企業数 受託管理件数 導入事例 社歴
多様なオプションで
幅広い社宅関連業務に
対応
[タイセイ・ハウジー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 家具・家電リース
  • 損害保険
  • 解約時定額精算
  • マンスリーマンション
  • 車両管理(カーリース含む)
645社 103,182戸
7
36
安定した実績と伸び率で
業界を引っ張る
[リロケーション・ジャパン]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 敷金不要プラン
850
以上
190,000
以上
2件 20年
大手のネットワークで
幅広い地域の物件紹介・管理が可能
[長谷工ビジネスプロクシー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 保険の取り扱い
  • 家具家電レンタル
318社 61,257戸 4件 7年

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月時点)

あわせて読みたいページ