煩わしい管理業務とおさらば!社宅代⾏会社パーフェクトガイド » 社宅制度の基礎知識をおさらい » 社宅でのパワハラを防止する方法

社宅でのパワハラを防止する方法

社宅制度を導入している企業では、社内でのパワハラはもちろん、社宅でのパワハラにも気を配る必要があります。この記事では社宅で起こり得るパワハラの例とその防止策について解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

社宅で起こり得るパワハラの一例

業務時間外に呼び出される

パワハラの一形態として、業務時間外にもかかわらず訳もなく呼び出されるケースがあります。社宅に住んでいるという理由だけで自宅に訪れたり、急な連絡で深夜や休日に仕事を命じる行為は適切な配慮に欠け、精神的な負担にもなり得ます。本来、プライベートな時間を確保するのは労働者の権利です。業務の緊急性や合理的な理由がなければ、このような行為はパワハラに該当する可能性があります。

先輩や上司が勝手に遊びに来る

社宅利用の際に遭遇するリスクの一つが、勝手に遊びに来る先輩や上司の問題です。部下のプライベートな空間に無断で入り込むことは、立場を利用した威圧となり、精神的なストレスにつながります。この行動は個人の自由やプライバシーを著しく侵害し、職場環境の健全な発展を妨げる原因となり得ます。適切な距離感を保つことが重要であり、このような行為を許容することは望ましくありません。

会社の近くだからという理由で残業させられる

社宅からのアクセスが良いという理由で、不当な残業を強いられることがあります。職場からの距離に関わらず、労働者には適正な労働時間が保障されており、時間外労働には合理的な理由が必要です。帰宅の利便性を理由にした残業強要は労働基準法に反し、精神的、肉体的な過負荷を招く行為といえます。仕事と生活のバランスを尊重し、健康な労働環境の確立が求められるでしょう。

社宅の利用を理由に仲間外れにされる

社宅の利用がきっかけで、仲間外れにされるというパワハラが存在します。居住形態を理由にしたいじめは、職場のコミュニケーションを断ち切り、孤立感を増幅させることになります。これは集団による精神的な圧力を伴い、労働者の健康を害するだけでなく、職場の生産性にも悪影響を及ぼす行為です。誰もが尊重されるべき職場環境づくりが重要であり、このようないじめは断じて許されるべきではありません。

社宅でパワハラを発生させないための防止策

社宅規程を作成する

社宅規程の策定は居住者同士のトラブル防止に貢献するとともに、パワハラ対策の基盤を築きます。規程には居住者の権利と義務、パワハラと判断される言動の例、禁止事項の明記が必要です。さらに違反した場合の対応プロセスも定めることで、明確な基準に基づいた適正な処理が行えるようにします。

住居提供は福利厚生の一環ですが、居住環境における人間関係が業務外ながら職場のモラルに影響を与えるため、社宅規程の徹底は業務の質を維持する上で不可欠です。

相談窓口を設置する

環境に馴染むまでの不安や疑問を解決し、パワハラを未然に防ぐためには相談窓口の設置が効果的です。この窓口は従業員が抱える問題や悩みを専門の相談員が受け止め、適切なアドバイスを行う役割を担います。

相談内容は秘匿性を保ちつつ、必要に応じて社内の関係部署への橋渡しを行うことで、迅速かつ適切な対応を可能にします。これにより、居住者は安心して住居環境での生活を送れるようになり、職場でのパフォーマンスにも好影響が期待できます。

コンプライアンス研修を行う

社宅に限らず、企業全体のパワハラ防止にはコンプライアンス研修が有効です。定期的に研修を実施し、パワハラの定義や影響、具体的な事例を通じて認識の向上を図ることが大切です。研修では対話を促進し、相互理解を深めることで、職場だけでなく社宅での人間関係構築に対する意識改革を促進します。社員一人ひとりがコンプライアンスを意識することで、パワハラ防止に向けた企業文化が育まれ、健全な働く環境が実現します。

パワハラ防止以外にも社宅制度の基礎知識をチェックしよう!

社内・社宅でのパワハラは職場での生産性にも影響します。社宅規程の作成や相談窓口の設置、コンプライアンス研修の実施などの防止策を施し、パワハラを防ぎましょう。

当サイトでは、社宅制度の基礎知識にてついて詳しく解説しています。ぜひ以下のページも参考にしてみてください。

 
COMPARISON
サポート体制と実績でみる社宅代行会社3選

▼左右にスクロールできます。

サポート体制(対応オプション) 受託企業数 受託管理件数 導入事例 社歴
多様なオプションで
幅広い社宅関連業務に
対応
[タイセイ・ハウジー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 家具・家電リース
  • 損害保険
  • 解約時定額精算
  • マンスリーマンション
  • 車両管理(カーリース含む)
645社 103,182戸
7
36
安定した実績と伸び率で
業界を引っ張る
[リロケーション・ジャパン]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 敷金不要プラン
850
以上
190,000
以上
2件 20年
大手のネットワークで
幅広い地域の物件紹介・管理が可能
[長谷工ビジネスプロクシー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 保険の取り扱い
  • 家具家電レンタル
318社 61,257戸 4件 7年

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月時点)

あわせて読みたいページ