煩わしい管理業務とおさらば!社宅代⾏会社パーフェクトガイド » 社宅制度の基礎知識をおさらい » 社宅規定の見直しは必要?

社宅規定の見直しは必要?

ここでは社宅規定の見直しについて解説しています。見直しの必要性や見直しの方法などが気になる方は参考にしてください。

社宅規定の見直しを行う必要性

社宅規定を見直す主な理由として以下の2点があげられます。

時代の流れとともに、従業員の社宅に対するニーズは変化しています。築年数の古い物件や立地条件の悪い物件などは敬遠される傾向があります。市場の変化にも注意が必要です。一昔前に比べて、賃料が大幅に上昇している地域があります

社宅規定の見直しを行っていないと、一部の地域で従業員が希望する物件を借りられないことも考えられます。現在の状況と規定が合致していないと、使い勝手の悪い社宅になるでしょう。従業員の不満や離職を招く恐れがあります。これらを防ぐため、社宅規定の見直しが必要です。

社宅規定の見直しを行う方法

家賃の上限

全国に支店がある場合は、地域ごとに家賃を設定しているケースが多いでしょう。家賃の相場は常に変動しているため定期的な見直しが必要です。一般的に、地方部の家賃は都市部より安い傾向があります。しかし、例外がないわけではありません。エリアごとの家賃相場などを調べて、社宅規定の見直しを行うことが大切です

入居条件

ほとんどの社宅は、一定の入居条件が設けられています。主な条件として、転勤者、単身者、通勤距離などがあげられます。社宅規定を作成したときと状況が変わっている場合は、入居条件も見直しが必要です。ポイントは、従業員の使いやすさに配慮することです。また、不公平感をなくすように努めなければなりません。特定の従業員だけ優遇しているように映ると、対立を招いてしまう恐れがあります。

入居期限

入居期限も多くの企業が設けています。条件はケースで異なりますが、社宅に入居している期間、従業員の年齢で上限を設けている企業が多いでしょう。後者は若手従業員の経済的支援を目的としているケースが少なくありません。社宅の役割を考えると、合理的な入居期限を設定しやすくなります

社宅規定の見直しを行う際の注意点

社内規定の見直しにより、現在より社宅が使いにくくなることがあります。たとえば、敷金・礼金の引き下げや間取りの規定変更で、選択できる物件が少なくなるなどが考えられます。現状に即した社内規定の見直しを行うことが大切です。不安を感じる場合は、専門家に相談するとよいでしょう。

社宅規定の見直しを検討しよう!

社宅規定は、定期的な見直しが必要です。見直しを怠ると、使いにくい社宅になる恐れがあります。従業員のモチベーションに影響を与えるため十分な注意が必要です。見直しの主なポイントとして、家賃の上限、入居条件などがあげられます。自社だけで管理が難しい場合は、以下のページを参考に社宅代行サービスを利用することもできます。

 
COMPARISON
サポート体制と実績でみる社宅代行会社3選

▼左右にスクロールできます。

サポート体制(対応オプション) 受託企業数 受託管理件数 導入事例 社歴
多様なオプションで
幅広い社宅関連業務に
対応
[タイセイ・ハウジー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 家具・家電リース
  • 損害保険
  • 解約時定額精算
  • マンスリーマンション
  • 車両管理(カーリース含む)
645社 103,182戸
7
36
安定した実績と伸び率で
業界を引っ張る
[リロケーション・ジャパン]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 敷金不要プラン
850
以上
190,000
以上
2件 20年
大手のネットワークで
幅広い地域の物件紹介・管理が可能
[長谷工ビジネスプロクシー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 保険の取り扱い
  • 家具家電レンタル
318社 61,257戸 4件 7年

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月時点)

あわせて読みたいページ