煩わしい管理業務とおさらば!社宅代⾏会社パーフェクトガイド » 社宅制度の基礎知識をおさらい » 借り上げ社宅にする賃貸物件を探すタイミング

借り上げ社宅にする賃貸物件を探すタイミング

借り上げ社宅にする賃貸物件を探すのに適したタイミングがあることをご存知でしょうか。探す時期によって結果が変わることもあります。そこでこの記事では、借り上げ社宅にする賃貸物件探しのためのタイミングについて解説します。

借り上げ社宅にする賃貸物件を探すのにおすすめのタイミング

借り上げ社宅のために賃貸物件を探すのに適したタイミングは「7~8月」です。

不動産業界には「繁忙期」と「閑散期」があり、年間で賃貸物件を探す人が少なくなるのが7~8月。反対に新生活が始まる直前である2~3月や、転勤が増える9月は繁忙期とされています。

閑散期は賃貸物件を探す人が少ないため、家賃の交渉をしやすかったり、部屋選びを行いやすかったりするメリットがあります。そのため有利な条件で借り上げ社宅にする賃貸物件を探すなら、閑散期にあたる7~8月が良いタイミングでしょう。

繁忙期に借り上げ社宅にする賃貸物件を探すメリット・デメリット

メリット

閑散期の賃貸物件探しにはメリットがありますが、反対に繁忙期に探すことにもメリットはあります。

繁忙期に当たる2~3月、9月頃は生活に変化が訪れる時期であるため、物件探しを行う人とともに退去する人も増える傾向があります。そのため空き部屋情報が増えやすく、物件の情報が豊富になる時期です。

また賃貸物件を求める人が増えることを見越して、繁忙期に公開できるよう新築物件が建てられることも少なくありません。新築の借り上げ社宅を求めているなら、繁忙期の方が適したタイミングとも言えます。

デメリット

続いては繁忙期に賃貸物件を探すデメリットについてです。

繁忙期は不動産業界にとって利益の多い時期です。そのため家賃交渉が難しくなる傾向があります。

また多くの人が賃貸物件を探している中、ゆっくりと検討する時間が取りにくいことも事実です。検討している間に入居者が決まってしまいかねません。また退去が決まっているもののまだ住み続けている人が多い時期でもあり、内見できないこともあります。

閑散期に借り上げ社宅にする賃貸物件を探すメリット・デメリット

メリット

借り上げ社宅の物件を探すタイミングとして閑散期を選んだ場合のメリットをご紹介します。

閑散期の不動産業界では、できるだけ多くの物件を借りてもらうために条件が優遇されることが少なくありません。家賃の値下げ交渉が成功しやすかったり、敷金・礼金がゼロになったりすることもあるため、コストダウンを目指しやすいメリットがあります。

また賃貸物件を探している人が少ない時期であることから、他の入居者に先を越されてしまうことも少なく、じっくりと検討しやすくなるでしょう。

デメリット

閑散期に賃貸物件を探すことにはデメリットもあります。

「閑散期=退去する人が少ない時期」であるため、空き物件が少なくなり、選択肢が限られることが一番のデメリットです。新築物件は多くの人の新生活開始に合わせて建てられることが多く、借り上げ社宅を新築から選びたいと考えた場合にも不利になると考えられます。

賃貸物件を探すタイミング以外にも社宅制度の基礎知識をチェックしよう!

借り上げ社宅を探すにはタイミングがあります。不動産業界の閑散期・繁忙期のメリット・デメリットや特徴を把握すれば、より有利な条件で物件を借りられるかもしれません。

しかし社宅を導入するなら、さらに知っておきたいこともあります。たとえば社宅管理・社宅代行システムを検討しているなら、それらのサービスについての基礎知識を身に着けておくことも大切です。当サイトでは社宅代行サービス導入のために知っておきたいことや注意点を解説していますので、スムーズな社宅運用のための参考にしてください。

 
COMPARISON
サポート体制と実績でみる社宅代行会社3選

▼左右にスクロールできます。

サポート体制(対応オプション) 受託企業数 受託管理件数 導入事例 社歴
多様なオプションで
幅広い社宅関連業務に
対応
[タイセイ・ハウジー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 家具・家電リース
  • 損害保険
  • 解約時定額精算
  • マンスリーマンション
  • 車両管理(カーリース含む)
645社 103,182戸
7
36
安定した実績と伸び率で
業界を引っ張る
[リロケーション・ジャパン]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 敷金不要プラン
850
以上
190,000
以上
2件 20年
大手のネットワークで
幅広い地域の物件紹介・管理が可能
[長谷工ビジネスプロクシー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 保険の取り扱い
  • 家具家電レンタル
318社 61,257戸 4件 7年

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月時点)

あわせて読みたいページ