煩わしい管理業務とおさらば!社宅代⾏会社パーフェクトガイド » 社宅制度の基礎知識をおさらい » 社宅等の福利厚生を導入するメリット

社宅等の福利厚生を導入するメリット

福利厚生と聞くと従業員側のメリットが大きいように感じますが、実は自社に福利厚生を導入することは会社にとってもメリットをもたらします。ここでは会社にとって福利厚生を導入するメリットを4つピックアップして紹介します。

社員のメンタルヘルス向上につながる

まず、社宅制度に限らず、全ての福利厚生制度の主眼は社員の身体的、精神的な健康を維持することにあります。
福利厚生が充実していると、従業員は「会社は自分や家族のことを大事に考えてくれている」と感じ、仕事に対するモチベーション向上に効果が期待できます。従業員のモチベーションが上がれば、業務上のパフォーマンス向上につながるので、最終的に会社全体の業績アップにつながると考えることができます。
社宅制度に関しては、従業員がリーズナブルかる快適に暮らせる住まいを提供することで、従業員の健康な生活を下支えするメリットがあります。

社員の満足度向上・離職率低下につながる

社宅制度をはじめとする福利厚生の充実度は、従業員の身体的な健康維持に貢献するだけでなく、精神的な満足度の向上にもつながります。
一般的に、従業員満足度の向上に最も効果的なのは報酬などの金銭的要因だと言われていますが、同業他社と比較して圧倒的に高い報酬を提示できる企業は決して多くありません。 そのため、報酬と合わせて福利厚生を充実させることで、従業員のモチベーションアップや満足度向上を実現して、優秀な人材の定着を図る企業が増えています。
福利厚生の中でも、社宅制度はすべての従業員の生活に直結する制度であるため、従業員満足度の向上や離職率低下に効果が期待できます。

企業のイメージアップ、優秀な人材獲得につながる

福利厚生が充実している企業は、求職者から見て非常にイメージが良いため、優秀な人材を獲得するための採用戦略として福利厚生を拡充する企業も増えています。
例えば、経済産業省と東京証券取引所が共同で発表している「健康経営銘柄」は、従業員の健康維持、健康向上を積極的にサポートする企業に与えられる認定制度で、健康経営銘柄に認定されると社会的なイメージアップにつながります。
近年では業務内容や報酬だけでなく、福利厚生がどれくらい充実しているかという基準で就職先を選ぶ求職者も増えているため、社宅などの福利厚生を拡充することは優秀な人材にアプローチするという点で企業側にも大きなメリットをもたらします。

税金対策につながる

福利厚生を導入、拡充する上で見落としてはならないのが、税金対策としての効果です。 福利厚生を実現するためにかかる費用は、一定の条件をクリアしていれば福利厚生費という名目で経費として計上することができるため、法人税を安く抑えることができます。
経費として計上するための条件は福利厚生の内容によって様々ですが、例えば社宅であれば、会社が従業員に社宅を貸与し、従業員から賃料相当額の50%以上を徴収している場合は、会社が負担する分の家賃を福利厚生費として計上できます。
従業員からの徴収額が賃料相当額の50%未満の場合は、会社の負担額は給与とみなされ、従業員にとっては所得税などの課税対象になり、会社にとっても社会保険料の算定に影響するため注意が必要です。

 
COMPARISON
サポート体制と実績でみる社宅代行会社3選

▼左右にスクロールできます。

サポート体制(対応オプション) 受託企業数 受託管理件数 導入事例 社歴
多様なオプションで
幅広い社宅関連業務に
対応
[タイセイ・ハウジー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 家具・家電リース
  • 損害保険
  • 解約時定額精算
  • マンスリーマンション
  • 車両管理(カーリース含む)
645社 103,182戸
7
36
安定した実績と伸び率で
業界を引っ張る
[リロケーション・ジャパン]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 敷金不要プラン
850
以上
190,000
以上
2件 20年
大手のネットワークで
幅広い地域の物件紹介・管理が可能
[長谷工ビジネスプロクシー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 保険の取り扱い
  • 家具家電レンタル
318社 61,257戸 4件 7年

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月時点)