煩わしい管理業務とおさらば!社宅代⾏会社パーフェクトガイド » 兵庫・神戸エリア対応の社宅管理代行会社

兵庫・神戸エリア対応の社宅管理代行会社

兵庫県や神戸エリアに対応している社宅管理会社を探している人へ向けて、実績豊富でサポート体制も整っているおすすめの3社をピックアップしています。各社のサービスの特徴や導入事例・評判なども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月1日時点)

【兵庫・神戸対応!】サポート体制と実績で比較した社宅代行会社3選

タイセイ・ハウジー

株式会社タイセイ・ハウジーの公式サイト画像
引用元:株式会社タイセイ・ハウジー公式HP(https://www.taisei-hs.co.jp/)

管理業務のほとんどを委託できる

タイセイ・ハウジーでは企業独自の「ANSWER(アンサー)」という社宅管理代行システムを活用し、他社との差別化を図っています。

このシステムを使えば、社宅管理における業務78項目を13項目まで減らすことが可能です。また、データをシステム化することで業務時間の削減ができるだけでなく、サービスの均一化や窓口の一本化といった福利厚生上のメリットも期待できます。管理業務に充てる時間も減らせるので、コスト削減にも繋がるでしょう。

豊富なオプションで総合的にサポート

必要最低限のサービスを提供する基本的なサービスメニューに加え、企業ごとに異なったニーズにも応えられるよう豊富なオプションメニューも用意。具体的な取り組みとして、社用車両のリースや引っ越し業務、家具・家電リースや短期契約物件の紹介・手配などが挙げられます。

その他にも企業の要望に合わせて適切な提案を実施しているので、社宅管理に関する総合的なサポートを求める人にも向いていると言えます。

タイセイ・ハウジーの社宅代行サービスを導入した事例・評判

店舗展開の拡大に伴う問題を解決

社宅戸数3,000戸を保有する大手ファーストフード会社の事例です。これまでは人事部で社宅管理業務を実施していたものの、店舗展開の拡大に伴う異動の増加から、新規業務を行いつつ解約業務も進めなければならず、対応が難しくなりタイセイ・ハウジーへアウトソーシングを決定。不動産業のプロによる迅速な対応によって、停留を余儀なくされていた社宅管理業務のほとんどがスムーズに流れるようになりました。

業務の均質化で社員の不満を解消

社宅戸数450戸を保有している大手食品メーカーでは、他の業者へ社宅管理業務のほとんどを任せていたものの、店舗を全国へ展開するにあたって社宅の斡旋対応が難しくなり、社員から不満の声が出るように。そこで、社員1人1人のニーズに沿った社宅を紹介できるよう、タイセイ・ハウジーへ社宅管理を依頼。これにより、全国規模での社宅管理が可能となったうえ業務の均質化も実現し、社員サービスの向上に成功しました。

タイセイ・ハウジーの会社概要

タイセイ・ハウジー公式HPで
社宅代行の詳細をみる

直接問い合わせて相談する

リロケーション・ジャパン

リロケーション・ジャパンの公式サイト画像
引用元:リロケーション・ジャパン公式HP(https://www.relocation.jp/)

物件数が豊富で理想の部屋を探せる

リロケーション・ジャパンは、全国2,900店舗の優良不動産と業務提携をすることで、さまざまな物件の中から理想に近い部屋を紹介しています。トラブルの無い不動産会社の選定はもちろん、優良物件を中心に取り扱う不動産ネットワーク「リロネット」を導入しているので安心です。

また、WEBシステムを採用しており、24時間365日体制で物件紹介ができます。部屋探し専門のヘルプデスクも用意しているのもポイントです。

きめ細かい報告で信頼感がある

社宅管理業務の中でも、イレギュラーな業務として嫌煙されがちな入居者トラブルや問い合わせ。リロケーション・ジャパンでは基本業務だけでなく、突然のトラブルにも迅速かつ柔軟な対応が可能です。対応終了後は状況をレポートで報告してくれるので、「トラブルの原因」や「対応内容」などを把握できるでしょう。

また、情報管理体制も整えており、システム外のメールや郵便などもしっかり管理し、誤送信の防止に努めています。

リロケーション・ジャパンの社宅代行サービスを導入した事例・評判

業務の効率化とリスク回避に成功

各種契約書を紙で管理していたため、異動時の手続きが煩雑になっていたA社の事例です。A社では書類の管理だけでなく、解約精算交渉をはじめとした家主とのやりとりが長引きがちでもあり、リロケーション・ジャパンへ社宅管理業務を依頼。WEBシステムの導入による申請書のペーパーレス化と敷金立替サービスおよび原状回復費用固定経費化サービスの利用によって、業務の効率化と将来的なトラブルの予防に成功しています。

徹底したリスク管理で安全性を改善

B社では社宅契約と各種保険契約が一本化しておらず、保険の申込遅延や解約漏れの可能性を示唆。リスク管理が徹底されていないことに加え、コスト損が発生している可能性も浮上。また、マイナンバーの管理も行き届いておらず、このままでは情報流出のリスクがあるとしてリロケーション・ジャパンへ相談。保険の包括化を行うことで申し込みから解約までの業務効率化とコスト削減、転貸型管理による個人情報の流出リスクの回避を実現しました。

リロケーション・ジャパンの会社概要

リロケーション・ジャパン公式HPで
社宅代行の詳細をみる

直接問い合わせて相談する

長谷工ビジネスプロクシー

長谷工ビジネスプロクシーの公式サイト画像
引用元:長谷工ビジネスプロクシー公式HP(https://www.haseko-hbp.co.jp/)

借主の目線に立った紹介体制を採用

長谷工ビジネスプロクシーの魅力は、何といっても紹介できる物件の豊富さです。全国の不動産会社約160社2,000支社と業務提携を行っているので、個別案件以外にもまとめ借りなどさまざまなニーズに応えることができます。

また、新規契約時や更新時、解約時の費用軽減にも力を入れており、借主側に不利な条文の更正や削除などにも取り組んでいるでしょう。どこまでも借主の立場に立った対応を行っているので、満足できること間違いありません。

自社独自のツールで業務を効率化

手間と時間のかかる業務を簡単かつ円滑にするため、自社オリジナルの「HASEKO社宅NAVI」という社宅管理ツールを導入。契約関連書類などの情報を一元管理できるだけでなく、各種書類や手続きの進捗状況をWEBで確認できるようになるなど、メニューや機能が非常に充実しています。

パソコン以外にスマホやタブレットにも対応しているため、インターネットが繋がる場所であればいつでも・どこでも利用可能です。

長谷工ビジネスプロクシーの社宅代行サービスを導入した事例・評判

社宅情報の一括管理で不公平感を解消

各拠点管理を全社でひとまとめにしたい、拠点ごとに社宅管理状況を共有したいという理由から、長谷工ビジネスプロクシーへアウトソーシングを決定した事例です。HASEKO社宅NAVIの利用によって、各拠点ごとの管理から一括管理への変更を実現。これまでは拠点間の連携トラブルやルールの違いなどによる不公平感が問題視されていましたが、全社でルールを統一したうえで社宅の運用を行い、公平性の確立にも成功しています。

少ない戸数&早期稼働にも対応

社宅代行管理業務のアウトソーシングが必要となったものの、管理戸数が少ないことから「社宅代行サービスを利用できるのだろうか…」と不安を抱えていたB社。委託先を探していたところで社宅貸与の必要となり、「先に物件斡旋と手続きを行い、その後すぐに稼働を開始したい」と長谷工ビジネスプロクシーへ相談。こちらは1戸から取り扱い可能で、標準運用フローであれば早期スタートにも対応していたことから、アウトソーシングを決定しています。

長谷工ビジネスプロクシーの会社概要

長谷工ビジネスプロクシー公式HPで
社宅代行の詳細をみる

直接問い合わせて相談する

そのほか兵庫・神戸に対応している社宅代行会社まとめ

ハウスメイト

企業の要望に合わせて必要なサービスを適正料金で提供できる、「Value System(バリューシステム)」という社宅代行サービスを用意。部屋探しから契約までの基本的な業務をサポートする「バリューベーシック」と、社宅管理の全てを任せられる「バリューエキストラ」からニーズに合った方を提案・提供しています。

特に、「バリューエキストラ」は社宅管理業務の約80%を委託できるので、業務負担の大幅な軽減が期待できるでしょう。また、マイナンバー取得・保管に関しては、専門業者に業務委託をしているため、個人情報流出などのリスクの回避も叶います。

ハウスメイトの会社概要

新日本社宅プラス

自社グループ会社のネットワークを駆使して、豊富な物件の中から社員1人1人の希望に沿った部屋を紹介している新日本社宅プラス。全国どこでも仲介手数料だけで社宅代行を利用できるうえ、なんと1室から代行業務を請け負っているのがポイントです。そのため、他社からの乗り換えを考えている企業でも、気軽に利用できるでしょう。

社宅代行プランは、「仲介プラン」「代行プラン」「借上プラン」の3種類。仲介プランのみ家賃支払いと更新手続きを除いた社宅業務に対応しており、他のプランは社宅管理業務のフルサポートを実施しています。

新日本社宅プラスの会社概要

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅の提供する「社宅向けUR賃貸住宅」は、礼金・仲介手数料・更新料といった各種非常がかからないのがポイント。家賃の2か月分の敷金が発生するだけで、保証人や保証金はかかりません。また、複数戸を同時契約する場合は、5年間の家賃ならびに敷金を5%~10%割引されるため、経費の大幅削減に一役買ってくれるでしょう。

さらに、契約中に入居者の入れ替えをしたいという場合には、簡単な手続きのみですぐに情報を変更可能。退去手続きもスムーズかつスピーディーなうえ、敷金精算時のトラブル回避にも努めています。

UR賃貸住宅の会社概要

エイブル

創業以来50年以上の豊富な実績を持つ社宅管理代行会社で、全国の店舗ネットワークを活用してお部屋探しから社宅管理事務代行業務まで総合的にサポート。エイブルに管理業務を依頼するメリットは、仲介手数料が家賃の50%であるという点です。仮に年間100件の社宅契約をしており、毎月の賃料が10万円程度だとした場合、おおよそ500万円ものコストダウンが叶います。

また、基本的な社宅管理業務だけでなく、引っ越し見積・手配や家具・家電のリースにも対応。転居に関するサービスを自社で一貫対応しているので、各種業者を探す手間がかかりません。

エイブルの会社概要

アパルトマンエージェント

社宅ならびに寮専門の不動産会社として活躍しているアパルトマンエージェントは、これまで2,000社を超える法人との取引実績を有しています。借主である企業はもちろん、入居する社員にも満足してもらえるサービスの提供を心掛けており、「手続きの簡素化」と「納得のいく部屋探し」を実施。お部屋紹介に関しては、全国の物件に対応しています。

また、企業ごとの社内ガイドラインに則って契約手続きを実施しているのもポイントです。経理のスケジュールに合わせて支払日を決めるため、企業の都合に沿った契約手続きができるでしょう。

アパルトマンエージェントの会社概要

マイナビBiz

短期~長期まで利用期間に関わらず、さまざまケースの滞在手配を可能としているマイナビbiz。1か月から1年未満といった短期~中期の滞在を希望する場合は、1か月単位で利用できる「ステイサービス」を提供。一方で、1年以上暮らすための住居を探している場合には、月額料金固定かつ契約期間中であれば追加費用なしで入居者の入れ替えができる「サブスク社宅」を提供しています。

どちらのサービスも敷金・礼金がかからず、コストを抑えた部屋探しが可能です。また、24時間対応のコールセンターも設置しているので、万が一のトラブルでも安心して任せられます。

マイナビBizの会社概要

大東建託リーシング

大手不動産会社である大東建託による社宅代行サービスで、全国に239店舗の直営店を構えているのが特徴。自社管理物件以外にも幅広い社宅情報を取り扱っているため「条件に合う物件が見つからない…」と困っている企業にも向いているでしょう。

大東建託リーシングが行う社宅管理業務は、社宅情報の紹介から各種手続き、契約データの管理業務などと幅広く、実に80%以上の事務削減を可能としています。また、毎月の家賃支払や退去時の精算といった支払い業務も任せられるでしょう。

大東建託リーシングの会社概要

アパマンショップ

全国に店舗を展開している総合不動産会社・アパマンショップでは、仲介業務だけでなく法人を対象とした社宅斡旋サービスおよび社宅事務代行サービスも行っています。もちろん、全国47都道府県の物件に対応しており、お客様ごとのニーズに沿った部屋を紹介可能です。家具家電付きの物件も取り扱っているため、引っ越しにかかる費用の削減にも役立ちます。

社宅事務代行サービスに関しては、契約・入居手続きから書類の管理、家賃の一括請求や修繕費用の確認などを実施。社員や家主からのクレームや問い合わせにも対応しています。

アパマンショップの会社概要

レオパレス・リーシング

社宅管理代行サービスの利用を検討している企業の中には、不動産契約や社宅についての悩みや課題を解決したいと考えていることがあります。レオパレス・リーシングには専門性の高いスタッフが多数在籍しており、企業ごとの課題や問題点を明確にしたうえで、社宅代行サービスを利用するメリットを説明。これにより、満足度の高いサービスの提供を実現しています。

また、レオパレス・リーシングでは「CRAS」というシステムを導入。これは書類を電子化して保管できるシステムとなっており、書類の検索・確認にかかる手間を省くことが可能です。

レオパレス・リーシングの会社概要

リベロビジネスサポート

リベロビジネスサポートは、社宅管理に関する業務を総合的にサポートしているのが特徴です。新規物件の契約から家賃手続き、修理など幅広いサービスを一本化しており、企業の要望に合わせて「ちょうど良いサポート」を提供。必要・不必要なサービスを選択できるので、必要なサービスを適正料金で利用できるでしょう。

また、社宅を利用する社員に対しては、自社オリジナルの「転勤ラクっとNAVI」というシステムを提供。企業の規定に沿った物件を紹介してもらえるだけでなく、引っ越し一括見積もりなどにも対応しています。

リベロビジネスサポートの会社概要

COMPARISON
サポート体制と実績でみる社宅代行会社3選

▼左右にスクロールできます。

サポート体制(対応オプション) 受託企業数 受託管理件数 導入事例 社歴
多様なオプションで
幅広い社宅関連業務に
対応
[タイセイ・ハウジー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 家具・家電リース
  • 損害保険
  • 解約時定額精算
  • マンスリーマンション
  • 車両管理(カーリース含む)
645社 103,182戸
7
36
安定した実績と伸び率で
業界を引っ張る
[リロケーション・ジャパン]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 敷金不要プラン
850
以上
190,000
以上
2件 20年
大手のネットワークで
幅広い地域の物件紹介・管理が可能
[長谷工ビジネスプロクシー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 保険の取り扱い
  • 家具家電レンタル
318社 61,257戸 4件 7年

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月時点)