煩わしい管理業務とおさらば!社宅代⾏会社パーフェクトガイド » 【保存版】社宅管理代行会社まとめ » 西日本産業【総合不動産会社】

西日本産業【総合不動産会社】

西日本産業の特徴

物件の選定から日々の管理業務、入退去に関わる手続きに、トラブル発生時の対応まで任せられる西日本産業。まずは、西日本産業の特徴を見ていきましょう。

社宅代行に必要な業務を過不足なく提供してくれる

西日本産業では、社宅として借り上げる物件選びから契約、入居者の入れ替えや敷金の管理など、自社で担当するには煩雑な数多くの業務を過不足なく提供しています。

社宅に関する連絡窓口・相談窓口をひとつにまとめることができるため、すでに社宅を導入している企業なら、コストダウンや人事部や総務部にかかる社宅管理業務の負担軽減も可能です。

また、法的知識や不動産取引の慣習などを知らなくても社宅の利用をはじめられるため、これから新しく社宅を利用したいと考えている企業は、負担を最小限に抑えて社宅を用意できるでしょう。

なお、西日本産業は社宅の維持・管理だけでなく物件選定や解約業務にも精通しており、会社の成長に合わせて社宅を変更する場合も頼りになる業者となっています。

24時間体制での管理業務を提供

住宅に関するトラブルは、365日いつ起きるか予想できません。自社で社宅管理をしている場合、業務に関する相談とはべつに、雨漏りや不審者の侵入、ボヤなどさまざまなトラブル対応もすることになるため、負担が大きいです。ただし、西日本産業の社宅管理代行サービスを利用する場合は話が別。

西日本産業では、原則24時間社宅管理に関する問い合わせを受け付けています。専用のコールセンターを用意しているため、夜間や休日などに急なトラブルが起きたとしても、社宅代行会社側で対応してくれるのです。また、別途料金はかかるものの、トラブルの内容によっては契約している警備会社のスタッフを派遣してくれます。

日常的な社宅の掃除や契約関連の手続きだけでなく、万が一の際の緊急対応にも対応できること、別途警備会社と直接契約をしなくてもよい点が西日本産業の大きな特徴です。

創業50年の歴史に支えられた信頼と実績

西日本産業の創業は、1969年のこと。2019年に創立50周年を迎える老舗企業のひとつです。社宅代行会社に限らず、不動産業界には暴利をむさぼることしか考えていない悪徳企業も存在するなか、地域に密着した不動産会社が50年も生き残っているのは、ひとえに地域住民の信頼や評価を得ているからでしょう。

「住まいのコンシェルジュ」という目標を掲げ、丁寧な対応を心がけているため、普段不動産取引とは縁のない企業でも社宅について相談しやすくなっています。

サポート体制や導入実績を調査!
おすすめの社宅代行会社3選

西日本産業の強み

続いて、西日本産業ならではの強みを見ていきましょう。

地域密着型業者だからこそできる優良物件の選定力

西日本産業は、福岡県の久留米市という場所に本拠を置く比較的規模の小さな社宅代行会社です。しかし、不動産協会に加盟しているため、必要とあれば協会に所属している全国の不動産会社と連携可能。

関東圏の企業が九州地方へ社宅を用意する場合でも、福岡の企業が他地域へ支社や社宅を用意する場合でも、スムーズに社宅向きの物件を用意してもらえます。また、紹介する物件も独自基準で精査しているため、悪徳業者を紹介される心配もありません。

小規模企業ならではの細やかな対応

社宅に向いたアパート等は、オーナーが不動産会社ではなく個人であるケースも多いです。個人所有の物件は、交渉次第で社宅として利用できるかどうかが変わってくるため、信頼できる社宅代行会社に頼る必要があります。

その点、西日本産業は地域でも長く営業している不動産会社なので、個人オーナーからの評価も高いです。

小規模な企業だからこそフットワークも軽く、顧客の要望に対して柔軟に対応してくれるので、少しこだわった条件で社宅探しをしたい企業は一度相談してみるとよいでしょう。

仲介手数料の割引に対応

社宅管理会社を選ぶ際、ポイントとなるのが仲介手数料の金額です。受けられるサービスに大きな違いがなかったとしても、どの社宅代行会社と契約するかによって、仲介手数料の額は変わってきます。

その点、西日本産業に社宅代行を任せた場合、自社管理物件を選ぶと仲介手数料が50%オフに、他社管理物件の場合でも仲介手数料が10%オフになるのです。

まとめて複数戸借り上げる社宅の取引では、初期費用としてかかる仲介手数料の負担が大きいため、仲介手数料の割引制度を持つ西日本産業はおすすめできる企業といってよいでしょう。

導入事例・評判

西日本産業の社宅代行サービスに関する導入事例・口コミはありませんでした。

会社概要

 
COMPARISON
サポート体制と実績でみる社宅代行会社3選

▼左右にスクロールできます。

サポート体制(対応オプション) 受託企業数 受託管理件数 導入事例 社歴
多様なオプションで
幅広い社宅関連業務に
対応
[タイセイ・ハウジー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 家具・家電リース
  • 損害保険
  • 解約時定額精算
  • マンスリーマンション
  • 車両管理(カーリース含む)
645社 103,182戸
7
36
安定した実績と伸び率で
業界を引っ張る
[リロケーション・ジャパン]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 敷金不要プラン
850
以上
190,000
以上
2件 20年
大手のネットワークで
幅広い地域の物件紹介・管理が可能
[長谷工ビジネスプロクシー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 保険の取り扱い
  • 家具家電レンタル
318社 61,257戸 4件 7年

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月時点)