煩わしい管理業務とおさらば!社宅代⾏会社パーフェクトガイド » 課題から見る社宅代行会社の活用事例

課題から見る社宅代行会社の活用事例

自社管理の場合に起こりやすい課題別に、社宅代行の導入事例をまとめています。自社管理と社宅管理代行どちらのメリットが大きいか、ぜひ参考にしてください。

こんな時は社宅代行会社にアウトソーシングが必要

社宅のイメージ写真

社宅制度を導入しているからといって、必ずしも社宅代行会社を利用する必要はありません。自社管理で問題なく運用できているのなら、社宅代行会社を利用するメリットは少ないからです。

自社で管理するより、アウトソーシングした方が良い場合のみ、社宅代行会社を利用すると良いでしょう。

とはいえ、どういった時に社宅代行会社に依頼すれば良いか、分かりにくいですよね。
ここでは、社宅を自社管理している会社が抱えやすい課題別に、社宅代行会社のメリットを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

平常時の業務負担軽減やコスト削減をしたい

社宅管理業務には、新規契約・更新・解約、入居中の手続きや管理などがあります。手続きだけでなく、新規物件探しの時間も想定以上に労力を使ってしまうもの。

人事異動のある繁忙期は仕方ないですが、平常時から社宅管理にかかる業務負担やコストが大きいと感じるなら、社宅代行会社は有効な解決策になります。

社宅代行がコスト削減につながった事例をみる

社宅の戸数増大に対して管理が追いつかない

全国展開をしている会社の場合、社宅も全国にあるため、数が多くなるほど本社での一元管理が難しくなります。だからといって支社ごとに管理をしてしまうと、全体が見渡せずに、無駄なコストが発生してしまうでしょう。

多くの社宅を管理する会社ほど、社宅代行会社に依頼することで一括対応が可能となり、コスト削減が実現できます。全国対応の会社も多くありますし、自社管理でいくつもの契約をするより手数料や事務対応費を抑えられますよ。

社宅代行で事務対応費を削減した事例をみる

物件ごとに存在するトラブルリスクを軽減したい

借り上げ社宅は、物件ごとに貸主が異なるため、個別に賃貸契約を行います。社宅の数が増えていくと契約が煩雑になり、それぞれの物件を引き払う際には敷金返還や原状回復をめぐるトラブルなどの「リスク」が増えることに。

転貸方式を採用している社宅代行会社に依頼すれば、契約先が一本化できるためリスクを減らせます。また、トラブルに関する事務対応費を軽減できるため、コストダウンにも繋がり一石二鳥です。

社宅代行で貸主責務のリスクを回避した事例をみる

社宅の数が少ない会社で、自社でしっかり管理できていれば、社宅管理代行会社は必要ありません。しかし、社宅の数が増えていくと業務負担やリスクも比例して増えていくので、プロに依頼した方が効率も良いでしょう。

上記3ページでは、社宅代行会社を利用するメリットについて、事例を紹介しながらさらに深く解説しています。ぜひ参考にしていただければ幸いです。

COMPARISON
サポート体制と実績でみる社宅代行会社3選

▼左右にスクロールできます。

サポート体制(対応オプション) 受託企業数 受託管理件数 導入事例 社歴
多様なオプションで
幅広い社宅関連業務に
対応
[タイセイ・ハウジー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 家具・家電リース
  • 損害保険
  • 解約時定額精算
  • マンスリーマンション
  • 車両管理(カーリース含む)
645社 103,182戸
7
36
安定した実績と伸び率で
業界を引っ張る
[リロケーション・ジャパン]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 敷金不要プラン
850
以上
190,000
以上
2件 20年
大手のネットワークで
幅広い地域の物件紹介・管理が可能
[長谷工ビジネスプロクシー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 保険の取り扱い
  • 家具家電レンタル
318社 61,257戸 4件 7年

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月時点)