煩わしい管理業務とおさらば!社宅代⾏会社パーフェクトガイド » 社宅制度の基礎知識をおさらい » 外国人社員の社宅

外国人社員の社宅

グローバル化が進み、日本で働く外国人労働者は年々増加傾向にあります。しかし、外国人にとって日本で家を探すのは難しい現実があります。貸主の心理的な問題や、語学力の問題、コミュニケーションに対する不安などがあるためです。

外国人が抱える賃貸トラブルにはどのようなものがあるのか、また外国人に社宅を提供することのメリットをご紹介しましょう。

外国人社員の賃貸トラブル

保証人が見つからない

日本人であっても賃貸契約において保証人が立てられない場合や、契約ができないケースがあります。単身で来日している外国人にとって保証人を見つけるのは難しく、契約を結ぶ上での大きなハードルとなります。

語学力不足

日常会話に支障がない程度の語学力があっても、大家さんはコミュニケーションに不安を感じてしまうことがあります。

トラブルがあったときでも直接会わずに電話で話が通じるかどうかは、重要なポイントです。目を見て、身振り手振りを加えて話ができるレベルでは、断られてしまうケースもあります。

また、希望を上手に伝えられないため、期待した物件を見つけられないという問題もあります。

文化の違い

外国人と日本人では文化が違うため、騒音など近隣住民とのトラブルを不安に感じるのです。「常識の範囲」が異なるため、土足で室内に入る・ゴミ出しのルールがわからないなどの心配もあります。

ルールを伝えることで誠実に守ってくれる場合が多いのですが、ちゅうちょしてしまうのでしょう。

不動産システムの慣習の違い

日本人にとっては当たり前に感じられる「仲介会社」「管理会社」「大家」の立場を理解するのも難しいようです。敷金や礼金・仲介手数料と言った初期費用の形態は理解しにくく、費用負担が大きいと感じてしまいます。

外国人社員の社宅

次の方法で、外国人社員に住まいを提供することが可能です。

外国人の日本における賃貸トラブルを回避する方法として、会社が借り上げ社宅を提供する方法があります。また、自社で所有している社宅が提供できると、快適な生活が期待できるでしょう。

社宅の提供は、会社の負担が大きく手続きが煩雑になることもありますが、住宅を提供できれば外国人スタッフにとって意義のある福利厚生と言えます。外国人を対象とした求人を出す際のアピールポイントにもなるでしょう。

また、社宅の保有が難しくても、シェアハウスやサポートサービス利用など、外国人の受け入れ態勢が整った仕組みの利用が便利です。

外国人社員に社宅を提供するメリット

外国人社員に社宅を提供することで、社員の帰属意識の向上や生活不安の低減が期待できます。本で住宅を探すことが難しいと感じている外国人社員にとって、住居を提供してくれる会社への愛社精神は強くなります。

また、本来仕事に充てられる時間を、住居探しに使う必要がありません。 限られた時間で来日している外国人社員にとっては、大きなメリットと言えるでしょう。

賃貸住宅を提供している不動産会社にとっても、直接外国人と契約するのではなく、間に企業を介することで契約のハードルが下がることも考えられます。

 
COMPARISON
サポート体制と実績でみる社宅代行会社3選

▼左右にスクロールできます。

サポート体制(対応オプション) 受託企業数 受託管理件数 導入事例 社歴
多様なオプションで
幅広い社宅関連業務に
対応
[タイセイ・ハウジー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 家具・家電リース
  • 損害保険
  • 解約時定額精算
  • マンスリーマンション
  • 車両管理(カーリース含む)
645社 103,182戸
7
36
安定した実績と伸び率で
業界を引っ張る
[リロケーション・ジャパン]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 敷金不要プラン
850
以上
190,000
以上
2件 20年
大手のネットワークで
幅広い地域の物件紹介・管理が可能
[長谷工ビジネスプロクシー]

公式HPへ

サービスの詳細をみる

  • 引越し業務
  • 保険の取り扱い
  • 家具家電レンタル
318社 61,257戸 4件 7年

※【選定基準】社宅管理業務を行う会社の中で、代行方式と転貸方式に対応し、受託社数と受託管理戸数をHPに掲載している3社(2021年6月時点)

あわせて読みたいページ