HOME » 社宅制度の基礎知識をおさらい

社宅制度の基礎知識をおさらい

社宅代行サービス利用を検討している会社が知っておくべき、社宅制度の基礎について解説しています。

社宅制度を導入する意味や目的

社宅制度を導入する意味や目的社宅とは、会社が従業員のために用意した戸建または集合住宅のことを言います。社宅制度を導入する主な目的は、福利厚生の充実です。

また人事異動で転勤を命じた際に、従業員の経済的負担を軽減させるために社宅が提供されることもあります。

従業員は社宅制度を利用することで、一般の賃貸住宅を借りるより安い賃料で住まいを確保できますし、会社としては社宅制度を福利厚生の一環としてアピールすることで、他社との差別化ができます。

従業員の家賃負担軽減という点では、住宅手当で補助するという方法もありますが、その場合は給与の増加という扱いになるので、経費計上ができず節税効果がありません。

従業員にとっても所得税や社会保険料の負担増につながるので、双方にメリットがある社宅制度が積極的に導入されているというわけです。

社宅には2つのタイプがある

社宅は保有形態の違いによって、次の2タイプに分類することができます。

借り上げ社宅

借り上げ社宅は、民間の賃貸住宅を会社名義で借りて、従業員に貸し出すタイプの社宅のことを言います。初期投資が少なくて済み、借り換えや維持管理が楽というメリットがあります。

社有社宅

社有住宅は、会社が保有する社宅のことを言います。借り上げ住宅のように毎月の賃料は発生しません。また、不動産としての物件価値が上がれば資産が増大するという財務上のメリットがあります。

社宅というと社有社宅の方をイメージする方が多いかもしれませんが、それは高度経済成長時代までのことで、現在は借り上げ社宅の方がトレンドになっています。

社有社宅は建物の老朽化とともに維持管理費が負担増になることと、減損会計の導入により社宅を保有しているメリットが少なくなっているためです。

社宅制度の概要について説明してきましたが、詳細ページでは社宅管理規定や家賃の相場なども含め、さらに掘り下げて解説していますので、理解を深めていただければ幸いです。

おすすめ社宅代行会社5選

【保存版】社宅管理
代行会社まとめ
社宅制度の
基礎知識をおさらい
【必読】社宅代行
サービスを徹底解説
課題から見る社宅
代行会社の活用事例

【免責事項】
このサイトは2016年9月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP